FacebookInstagramYouTube
ベルトの穴開けってどうやるの?コツやお店をチェック!

出典:@ azuma_shop_1さん

Lifestyle

ベルトの穴開けってどうやるの?コツやお店をチェック!

■ベルトの開け方の手順はどうやれば良い?

出典:@ azuma_shop_1さん

ここでは、自分でベルトに穴を開ける手順をご紹介します。

1.穴を開ける前に元の穴と穴の距離を測ります。ベルトの穴の間隔は商品によって異なり、3cmなら3cm間隔で平等で開けていくためです。もともと空いていた最後の穴から等間隔で、開けたい部分にマジックなどで印をつけます。
2.ハンマーでたたくのでポンチで穴を開ける場合は、床を傷めないために、いらなくなった厚みのある雑誌、段ボール、まな板などを土台にします。
3.土台の上に【1】で印をつけたベルトにポンチを印部分に当ててハンマーでたたきます。
(パンチの場合はパンチ自体に金属の土台があるため、土台を作る必要はありません)
完成!
簡単に穴を開けることができるため、今までサイズが合わず諦めていたベルトも使うことができるかも!

■自分で穴を開けるときのコツは?

自分で穴を開けたことがない方にとって、気になるのが仕上がりや難しさ。ここではきれいに仕上げるためのポイントをチェックしていきましょう。

・土台はしっかり分厚く作る


作り方の手順でも説明しましたが、穴開けポンチを使う場合は土台作りが必要です。いらなくなった雑誌などを積み重ねて作ると、衝撃の吸収にもなるためおすすめ。積み重ねる数が少ないと土台を貫通してしまうことも…。しっかり分厚く土台を作っておきましょう。

・最初は弱く、後から強く


ポンチで穴を開ける場合、印をつけた場所にいきなり強く叩いてしまうとポンチの角度などによって位置がズレてしまうことも。弱めに叩いてベルトに跡をつけていくと、ズレにくくきれいに穴を開けることができます。跡がついたら強めの力で叩いていきましょう。

・ベルトの穴の大きさを統一すること


ベルトによって穴の大きさはさまざま。新しく開ける穴とサイズがバラバラだと、いびつに感じる原因にもなってしまいます。
ベルトの穴を事前に測り、合わせてポンチの先端サイズを決めると良いですね。

■家にある道具でベルトに穴を開けることはできる?

出典:PhotoAC

穴開けポンチやパンチなどが家にない場合は、キリやドリルを代用して穴を開けることが可能です。しかし、ポンチなどの道具を使った場合より、穴の状態が悪くなったり、穴の大きさがいびつになったりしてしまいます。
きれいに穴を開けるためには、専門の道具を使うことをおすすめします。

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 「ただの教材入れじゃない♡」人気ブランド【Gap】【PAUL & JOE】など、2025年度入学モデルランドセルが登場!
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 「お家時間が超快適に!」家中のリモコンを1つにまとめる【スマートリモコン】が便利すぎる!
  • 人のために発信力をつけたい! 忙しくても配信できる秘訣とは?【ママライバーインタビュー⑧】

Ranking
[ 人気記事 ]