【PR:ブラザー販売】

Lifestyle

PR 初めてママも簡単!P-touch CUBEでお家まるごとおしゃれ化計画

スマホ操作で可愛いラベルが簡単に作れると話題の「P-touch CUBE」。おしゃれ感度の高いママや整理収納アドバイザーの間では、もう新定番に。そこで、ママであり整理収納アドバイザーとして活躍しているNANAKOさんに、初めてさんやズボラさんでもできるP-touch CUBEを活用したラベリング収納術を教えていただきました。無印良品や100均のアイテムを使って、初心者でも失敗しないテクが満載です!


■無印・100均大好き! 整理収納アドバイザー・NANAKOさんとは?

整理収納アドバイザー1級の資格をもつ、4歳の女の子ママ・NANAKOさん。

オリジナルのラベル作りや、きれいなラベリング収納には憧れますよね。でもいざ挑戦しようとすると意外とうまくいかなかったりして……。そんなお悩みを解決してくれるのが、整理収納アドバイザーのNANAKOさん。1児のママでもあり、好きなものだけに囲まれたシンプルライフを提案しています。
NANAKOさんによると、整理収納アドバイザー界隈では「P-touch CUBE」はすでに定番アイテムなのだとか。実際にNANAKOさんのご自宅でも、P-touch CUBEのラベルが大活躍しています。

無印良品や100均のアイテムとP-touch CUBEで作ったラベリング収納がいっぱい。素敵で理想的だけど今の私にはちょっとムリかも……と思ってしまったママもご安心を!

「ピッタリとシンデレラフィットしているきれいな収納は理想ですが、かなり上級者向け。自宅の家具や棚に合わせて細かくサイズを測り、それに合った収納用品を探すのはとっても大変なんですよね。だから、整理収納の初心者さんや忙しいママでも失敗しない、手軽にはじめられるラベリング収納術をご紹介します」(NANAKOさん)

どんなインテリアにもなじむ、すっきりとしたフォルムはP-touch CUBEの魅力のひとつ♡

おしゃれなラベリング収納は、無印良品や100均のアイテムとP-touch CUBEをうまく活用すれば手軽に叶うとNANAKOさん。

「ラベルを作る時にまず決めるのは『魅せラベル』にするか『定番ラベル』にするか。ラベル自体が主役になるおしゃれなものが『魅せラベル』、分かりやすさ第一優先のものが『定番ラベル』です。定番ラベルの場合、横書きの文字のみか絵文字+文字のみでシンプルに作ります」

その基本を頭に入れたら、初級編から順にレッスンです!


【初級編】ALL100均でゲット!詰め替えボトルで生活感を一掃!

初級編は、100均で購入したアイテムを使ったバスルームとランドリーの収納例をご紹介。

詰め替えボトルなら、初心者ママでもすぼらさんでもすぐにマネできる♡ ■詰め替えボトル(100均)で使用したラベルは「TZe-251」幅:24mm、テープ:ホワイト、インク:黒 ¥1,600

「はじめにトライするならバスルームがおすすめ。パパ、ママ、キッズそれぞれのカラフルなシャンプーボトルを100均のシンプルな詰め替えボトルに統一するだけで、生活感がなくなりホテルライクな印象になります」(NANAKOさん)

P-touch CUBEのラベルは、表面をラミネート加工しているので、バスルームで使用しても文字が消えたりしません! 撥水性のあるオリジナルラベルのボトルが作れます。

「お風呂のボトルはしまわずそのまま置いておくから『魅せラベル』に。でも家族みんなが使うものであり、湯気や水滴などで見にくくなる場合もあるから、分かりやすさも両立できる24mmの太いテープでラベリングしましょう。文字やテープのカラーは、はっきり見える白×黒の組み合わせがベスト」(NANAKOさん)


見にくい位置の収納でもラベリングしておけば何が入っているか一目瞭然 ■こちらで使用したラベルは「TZe-355」幅:24mm、テープ:黒、インク:白 ¥1,600

「ランドリーの洗剤ボトルは、お客様が使う洗面所に隣接することも多いので『魅せ』を最優先! 可愛くてインテリアの一部になるラベルを作りましょう」(NANAKOさん)

サイズや形、色使いがバラバラの洗剤ボトルを、100均の詰め替えボトルに統一するだけでスッキリ。ストック用の洗剤やタオルなどは、かごの中に目隠し収納してラベリングしましょう。

「ランドリーの高い場所にある収納ボックスはラベルが見にくい場合もあるから、魅せながらも分かりやすいサイズや色を心がけて。写真のようにかごにタグをつけると見づらいとか、もっと手軽にラベリングしたいというときは、かごや家具に直接マスキングテープを貼り、その上にラベルを重ね貼りするのがおすすめ。簡単にできてかごや家具を傷めず、貼り替えもできるから一石三鳥です」(NANAKOさん)

セレクトショップに並んでいそうな上質ラベルでお洗濯が楽しくなりそう♡

この『魅せラベル』、テープを縦に使って横書きするという前田さんのおすすめテク!

「これはコーヒー豆のテンプレートで作りました。テープを横に使って横書きをすればわかりやすいベーシックなものになりますが、テープを縦に使って横書きするととおしゃれさが格段にアップ! 特別なラベリングは毎日をよりハッピーにしてくれますよ」(NANAKOさん)


【中級編】毎日の家事が楽しくなる!おしゃれと使いやすさを両立したラベル

中級編は、キッチンの調味料収納と、冷蔵庫内の収納例をご紹介。

ガラス瓶に移し替えてラベリングするだけで料理上手&収納上手なキッチンみたい!

■写真左:オイルボトル(100均)で使用したラベルは「TZe-335」幅:12mm、テープ:黒、インク:白 ¥1,200 中:調味料ボトル(100均)で使用したラベルは「TZe-MT3JP01M3」 幅:12mm、テープ:クラフト、インク:白 ¥1,950(3本セット) 右:ソーダガラス密封ビン(無印良品)で使用したラベルは「TZe-MQL55」 幅:24mm、テープ:ライトグレー、インク:白 ¥1,600

キッチンのおしゃれ見せに欠かせないのが無印良品の「ソーダガラス密封ビン」。しっかり密閉できるから、オートミールやパスタなどを入れて『魅せラベル』を貼り見せる収納に。カウンターの上に並べるだけでカフェのような雰囲気にチェンジ♡。

「使用頻度の高いお塩や顆粒だしなどの調味料は100均のボトルを活用します。メインで使う人だけがわかれば良いので、『魅せラベル』で自分だけのオリジナルボトルを作って楽しんでみてくださいね」(NANAKOさん)


冷蔵庫内の整理収納も簡単にはじめられる魔法のアイテムがコレ!

■写真上:やわらかポリエチレンケース(無印良品)で使用したラベルは「TZe-MQL35」幅:12mm、テープ:ライトグレー、インク:白 ¥1,200 下:ジャムで使用したラベルは「TZe-PR234」 幅:12mm、テープ:プレミアムホワイト、インク:白 ¥1,200、「TZe-PR254」 幅:24mm、テープ:プレミアムホワイト、インク:白 ¥1,600

冷蔵庫の中は散らかりやすく、ついつい詰め込みすぎて賞味期限切れを起こしてしまうことも。時々インスタで見るようなスッキリ収納に憧れるけど、ハードルが高く感じてしまうのも事実です。

「自宅の冷蔵庫の棚にシンデレラフィットする容器を探すのはとっても大変。でも私も愛用している無印良品『やわらかポリエチレンケース』ならだいたいの冷蔵庫と奥行きが合うから、冷蔵庫のサイズを気にせずに整理収納をはじめられますよ!」

NANAKOさん偏愛アイテムを使ったイチオシの収納方法は、食品の【種類】ではなく【使うタイミング】でのラベリング収納。

「たとえば【朝食パンセット】にはバター、ジャム、ハム、【朝食ごはんセット】には納豆、佃煮、ふりかけ。そうやってグルーピングしておき、使うときはケースごと食卓に出せば時短にもなって冷蔵庫の中で迷子になることもありません」(NANAKOさん)


【上級編】リビング×キッズスペースのテイストを統一しておしゃれ見せ収納

上級編は、リビングでのキッズスペースの収納についてご紹介。

リビングの一角にキッズスペースを作るというママは多いはず……。リビングのインテリアになじむキッズスペースのポイントがコレ!

カラフルなおもちゃや絵本はゴチャゴチャしてしまいがち。でもリビングのテイストとキッズスペースのテイストを合わせてラベリング収納すれば、スッキリ感をキープできます。

「定位置を決めてラベルを貼るのがポイント。3歳くらいになれば一緒におもちゃの定位置を決めたり、P-touch CUBEのラベルの絵文字を選んだりもできます。おもちゃや絵本の【帰るおうち】がわかれば、子どもはお片づけが大好き。自分だけのラベルで、きっとお片付けまで楽しめますよ」

ラベルはこどもの成長に合わせて変えられるから、4歳くらいまでは絵文字やひらがなを中心にした『定番ラベル』で。見やすい白や黒の太い24mmテープで、文字も最大サイズで作りましょう。

「兄弟がいるならカラーテープでラベルを色分けするのもおすすめ。わかりやすくしておけば、年齢が違うお友だちが来たときもみんなで一緒にお片付けできて楽しいですよ」(NANAKOさん)

見せるものと隠すものを分けるのがキッズスペース収納のコツ!

■写真上:ポリプロピレン収納キャリーボックス(無印良品)で使用したラベルは「TZe-131」幅:12mm、テープ/:クリア、インク:黒 ¥1,200 下:持ち手付帆布長方形バスケット(無印良品)で使用したラベルは「TZe-251」幅:24mm、テープ:ホワイト、インク:黒 ¥1,600

「子どものお道具箱におすすめなのが、無印良品の『ポリプロピレン収納キャリーボックス』。ざっくり入れやすく、ラベルでどこに何を戻すのかわかりやすくしておくとお片付け上手に」(NANAKOさん)

ぬいぐるみなどは無印良品『持ち手付帆布長方形バスケット』に入れてタグを付けて。外遊びアイテムはバスケットにまとめておくと、そのまま公園に持ち出すこともできます。

クリアテープを使うと、収納アイテムになじむオリジナルラベルが作れます。

■写真上:アクリル仕切りスタンドとポリプロペン引き出し式(ともに無印良品)で使用したラベルは「TZe-131」幅:12mm、テープ:クリア、インク:黒 ¥1,200

ラベルをたくさん貼るとラベル自体が目について気になるという人も。主張しすぎないクリアラベルも作れるから、インテリアにも自然に馴染みます。クリア素材の収納アイテムへのラベリングにもおすすめ。


■人気インフルエンサーママのP-touch CUBE術!

まずは100均アイテムを上手に使い、mamagirl WEBでも連載をされている@r_____stagramさん。
P-touch CUBEと専用カートリッジの収納術を教えていただきました!

「写真右の透明のケースは、ダイソーで購入した積み重ねボックス。専用カートリッジがシンデレラフィットするので、おすすめですよ!マットなグレー地のラベルは、貼るだけで一気におしゃれに♡ 中央のペーパーボックスは、キャンドゥのもの。透明テープならボックスの白地でもなじんで使えるのが◎! P-touch CUBE自体を持ち運ぶ際には、クッションケースにイン。100均で購入できるので是非チェックしてみてください!P-touch CUBEはリボンにも印刷できるので、目立つ赤色のリボンでアレンジしました」(@r_____stagramさん)



mamagirl LABOメンバーとしても活躍する、100均パトロール好きの@shigepy_さんが「P-touch CUBE」にチャレンジ!

「100均のアクリルケースにアクセサリーを収納し、それぞれに「ピアス」などのラベルを貼りわかりやすく取りやすくしてみました。1つひとつ収納することで紛失防止・ホコリからも付きにくくなります。旅行に必要な小物(絆創膏、綿棒、フロス、ヘアピン、化粧水、化粧下地など)のラベルを貼っておくと、とても使いやすくオシャレで便利です。ケースはそのまま保存しておけば、次回の旅行でも使えるのがいいですよね」(@shigepy__さん)


次は、バースデープランナーという資格をもち、ホームパーティを楽しんでいるという@saoriyokotaさん。
ご友人のウェディングパーティーをひらいた際に、P-touch CUBEを活用してくださいました!

「自宅で友人の結婚祝いのティーパーティーで使ってみました。実はこれ、すべてテンプレートのデザインなんです。テンプレートの豊富さにも驚きました!グラスマーカーには赤いリボンで「Just Married」のメッセージを。席札はタグにネームシールを。手作りのスイーツには、ピックも手作りで!「EAT me」という遊び心のあるメッセージをつけると、かわいいですよ♡」(@saoriyokotaさん)


■無印&100均&簡単ラベリングではじめるスッキリおしゃれな おうち

「無印良品は究極にシンプルな収納用品ですが、そこで個性を出せるのがラベル。スタイリッシュな収納用品には、P-touch CUBEのマット素材のテープが相性抜群です。また、手頃な100均アイテムはトライしやすいので、詰め替えボトルのように数を揃えたい場合は特におすすめですよ!」

これからラベリング収納をはじめる初心者ママさんにぜひ使って欲しい!とNANAKOさんが推すのが、P-touch CUBE。

「作ったラベルを保存できるから、途中で子どもに呼ばれて中断しちゃっても問題ナシ。ラベルの中でもダントツおしゃれだし、テープの種類も豊富! しかも使い慣れた自分のスマホで簡単操作できるのが想像以上に便利ですよ」

▼おしゃれなラベルが手軽に作れるP-touch CUBEの使い方は、動画でチェックしてみて!▼
動画はコチラ!


【ラベルライター「P-TOUCH CUBE」 PT-P710BT】
●テープカッター:本体内蔵自動式 ●印刷方向:横、縦 ●25~999mm ●文字サイズ:23サイズ ●フォント数:日本語10、欧文23 ●絵文字数:1,070 ●メモリー登録:最大100ファイル ●飾り枠:61種類
※オープン価格

●問い合わせ先/ブラザー販売株式会社 ブラザーコールセンター(お客様相談窓口) ☎0120・590・383(受付時間 月曜~土曜 9:00~12:00 / 13:00~17:00)公式サイトはこちら▼
公式サイトはこちら

監修/NANAKO 
撮影/柳詰有香 
文/川村千里

川村千里

流通業界や子育てママのための情報を中心に執筆するフリーライター。アーユルヴェーダインストラクターの顔ももつ一児の母。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp