Fashion

産後用ガードルで骨盤から整えて美ボディをめざそう!

妊娠中のママの体は、大きな変化が出ますよね。出産後、妊娠前の体型に戻したい!と思うママは多いのでは。そんなときに履きたいのが産後用のガードルです。引き締め効果の高いハードタイプから、ガードル初心者でも履きやすいソフトタイプまで種類はさまざま。実は、産後用のガードルを履くとシェイプアップのほかにも効果が得られるのを知っていますか?

今回は、産後用のガードルを着用するメリットや選び方のポイントなどをご紹介します。

■産後のママに起こる体型の変化とはどんなこと?

出産という大仕事を終えたママの体にはどのような変化が起きているのでしょうか?

出典:photoAC

・妊娠中、骨盤にはどのような役割があるの?


骨盤とは、腸骨、恥骨、坐骨を合わせた総称の寛骨(かんこつ)と、仙骨、尾骨からなる部分と医学的には定義されています。通常、妊娠や外部から強い力が加わるといった特殊な状況が起きない限り、骨盤は変形しないと言われています。
子宮は骨盤腔内にあるので、妊娠中、赤ちゃんは骨盤に守られているような状態になっています。

・産後、骨盤がゆがむというのはどのような状態なの?


妊娠中は分泌されるホルモンの影響で、骨盤の骨をつないでいる靭帯や子宮や内臓を支えている筋肉が緩み、産道が広がるような状態に。骨盤の下の出口部分は、出産時には赤ちゃんが産道を通りやすくなるように最大に広がるそうです。
その状態を骨盤が広がる、骨盤がゆがむと言うのだそう。そのため、出産後は骨盤まわりにトラブルが起こりやすくなります。経腟分娩でも帝王切開でも骨盤は広がりますが、経膣分娩の方がトラブルが起こりやすいようです。

■産後用ガードルは必要?着用するメリットとは?

産後用ガードルは本当に必要なのかと思う人もいるのでは。ここでは、産後用ガードルを履くとどのようなメリットがあるのか説明しますね。

・そもそも、産後用ガードルとはどういうもの?

出典:photoAC ※画像はイメージです。

産後用ガードルの役割は、骨盤のサポートをしながら気になるお腹やウエスト、ヒップ、太ももの引き締めをすることです。出産後、ママの体は自然に回復していきますが、気になる部分のお肉はすぐには落ちてくれません。
産後1カ月を過ぎると普通の生活に戻り、外出も増えてくると洋服のシルエットが気になることもあるのでは。そんなママの体を考えて作られたのが産後専用のガードルなのです。デパートや、西松屋などマタニティー用品をそろえているお店で販売されていますよ。

・産後用ガードルを履くとどのようなメリットが?

出典:photoAC ※画像はイメージです。

産後用ガードルと一般的なガードルとの違いは、骨盤サポート機能がついているところ。元の状態に戻ろうとしている骨盤まわりのサポートは大事なので、産後3カ月くらいまでは産後用ガードルを履くことをおすすめします。
また、普通のガードルに比べハイウエストタイプが多いので、気になるお腹のたるみもしっかり包み込んでくれます。育児の妨げにならないよう、適度なストレッチ性があり産後の体に負担が掛かりすぎない設計になっているのもうれしいですね。

■産後用ガードルの着用期間はいつからいつまで?

出典:photoAC

産後用ガードルの着用期間ですが、悪露が終わり、体調が落ち着く時期と言われる産後1カ月頃から始めましょう。産後1カ月は骨盤の戻りをサポートできる骨盤ベルトや骨盤をサポートする機能がついたショーツのみでOK。出産後すぐにウエストや腹部を締めつけると、内臓の位置が下がってしまうことがあるのでガードルを履くことはやめましょう。
帝王切開の人は、お腹の傷が治る産後2~3カ月頃からの使用がおすすめ。いつまで着用するかですが、体型が落ち着くと言われる産後6カ月くらいまでは履きたいですね。

■産後用ガードルの選び方のポイントを紹介

産後用ガードルは、どのようなポイントを押さえて選んだらいいのでしょうか?

・自分のサイズを採寸してからガードルを選ぼう!

出典:photoAC

産後用ガードルのサイズは、ウエストとヒップの数値の許容範囲で決まるので、採寸をしましょう。ウエストとヒップでガードルのサイズが変わる場合は、ヒップの数値を参考にして。
出産後の状態で採寸するのがベストですが、産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなり買い物に出かけられない可能性があるので、妊娠中に購入しようと思っている人もいるのでは。事前に買う場合は、妊娠8カ月前後のヒップの採寸数値で目安のサイズを決めることもできますよ。採寸した数値が2つのサイズにまたがる場合は、大きいサイズの方を選びましょう。

・ハードからソフトまで締めつけ力のタイプで選ぶ

出典:筆者撮影

ハードタイプからソフトタイプまで締めつけ力から産後用ガードルを選ぶこともできますよ。補正下着を履いたことがない人はソフトタイプから始めてみては。ソフトタイプで物足りない人やより高い引き締め効果を期待したいなら、ハードタイプを。ハードタイプを使ってみてきついと思ったら無理をしないでソフトタイプに変えてみて下さい。
帝王切開の人は、傷が気になるようなら傷に当たらない長さのガードルや締めつける力がソフトなものから使ってみましょう。痛みや違和感を覚えたら一旦お休みして、無理はしないように。

■迷っている人に…産後用ガードルのおすすめ3選

どれを選んだらいいのかわからない…と言う人は、参考にしてみてくださいね。

・先輩ママがすすめるワコールのシェイプマミーガードル

出典:@mii.s0218さん

先輩ママの口コミでもSNSの人気ランキングでも上位に入り、産後用ガードルの定番になっている『WACOAL MATERNITY(ワコールマタニティ)』の「シェイプマミーガードル」。ウエストとお腹のたるみを整えヒップアップしてくれるハードタイプの産後用ガードルです。
面ファスナーでお腹部分の締め具合を調節できるのがポイントで、ウエスト約9cm上までを包み込みウエストを引き締めてくれるのだそう。

価格 ¥14,000(税抜)

・すべてがそろうピジョンの産後パーフェクトセット

出典:@kskm32さん

骨盤ベルト、骨盤ウエストサポーター、骨盤リフォームガードルの3点セットで、単品でもセットでも使えます。骨盤ベルトは産後すぐから使ってOK。前面が2段式のベルトになっており、後ろから前に巻くだけの簡単装着でサイズ調整も可能。
腹巻タイプの骨盤ウエストサポーターと、骨盤リフォームガードルは悪露が落ち着く産後1カ月頃から使用しましょう。パワーネットでウエストやお腹をしっかり引き締め、ヒップアップもできるそう。

価格 ¥5,000(税抜)

・ソフトな肌触りのワコールのSUHADA肌リフト―産後―


ソフトな肌触りで滑りにくい超極細繊維を使用したNANOテープで作られたワコールマタニティの「SUHADA肌リフト」に骨盤サポート機能を加えた産後用ガードル。
NANOテープが気になる下半身のたるみを引き上げてキープしてくれるそうです。NANOテープの密着度を上げるために、1枚で素肌に履くのがおすすめ。

価格 ¥6,800(税抜)

■無理せず自分の体に合った産後用ガードルを選んで

出典:筆者撮影

今回は産後用ガードルについて紹介しました。産後のママの体はデリケート。妊娠前のプロポーションに早く戻りたいからといって、無理は禁物です。自分に合ったサイズのガードルを選び、きついと思ったら使用を中断して体調が整ったらまたチャレンジしましょうね。
※金額はすべて2019年9月時点のものです。

Maeccho

5歳の男女双子の母です。親が選んだ服を素直に着てくれるうちに……と、双子コーデを楽しんでます。同じ柄や色のパンツ&スカートを探すのがマイブームです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!