出典:photoAC

Lifestyle

アイロンは何が人気?2019年に買っておきたかったアイロンをチェック

昔はクリーニング屋にお願いすることが多かった衣類のシワ伸ばし。しかし、最近のアイロンはスチーム機能や滑りがいいものが多く、自宅でアイロンがけをする人も増えてきました。今回は、衣類をハンガーにかけたままシワが伸ばせる衣類スチーマーやプロ顔負けの仕上がりが叶うアイロンなどをご紹介!まだ持っていない人はぜひこの機会にゲットしてみてくださいね。

新生活を始める上でも必要家電ランキング上位に入るアイロン。家電量販店や「Amazon(アマゾン)」などでも多く取り扱いがあるので、今から購入を考えている人は参考にしてみてくださいね。

■どこをみて購入を決める?アイロンの選び方

出典:photoAC

衣類をキレイに保つため、きちんと着こなすためにもアイロンは一家に一台欲しい家電です。そこで、まだ持っていない人のためにアイロンを選ぶときのポイントを教えちゃいましょう。

・タイプ別で選ぶ

出典:photoAC

アイロンのは「コードレス」と「コードつき」の2種類があります。「コードレス」はコードがついていない分、自由にアイロンがけが可能です。ただ、専用の台座で蓄熱して使用するので、こまめな蓄熱タイムが必要。そのため長時間使用には向いていません。「コードつき」は昔ながらのコンセントが本体についているタイプです。コードがあるので動きに制限がかかってしまう点がありますが、一定の温度を保つことができるので、たくさんアイロンがけする場合や長時間使用に向いています。

・アイロンの素材で選ぶ

出典:photoAC

熱を帯びる金属部分を“かけ面”と呼びますが、このかけ面の素材によって滑りやすさが変わってきます。フッ素やチタンは一般的なアイロンでよく使用されている素材で、やや力を入れないと滑らない素材です。上位機種になるとセラミックやポロン、オートクリーンなど力を入れなくてもスルスル滑る素材が使われています。使用頻度と価格の折り合いがつく素材を選んでみましょう。

・機能で選ぶ

出典:photoAC

最近のアイロンにはスチーム機能やハンガーショット機能など仕上がりに差が出る機能がついています。また安全装置として自動オフ機能が備わっているものも。どんな使い方がしたいか、どんな衣類にアイロンをかけるかなどを考慮して必要な機能を選んでみてください。

■仕上がりに差が出る!スチームアイロンのおすすめ3選<2019年版>

今やスチーム機能つきが主流になってきているアイロン。各メーカーからハイスペックなスチームアイロンが発売されているので要チェックですよ!

出典:photoAC

・ターボプロ


「ターボプロ」は『T-fal(ティファール)』のコードつきパワフルスチームが魅力のアイロンです。クリーニング屋のプロもびっくりな本格仕上がりが可能で、シャツやスカートもクリーニングに出したみたいに美しく仕上がります。

・スチームアイロン NI-W550


『Panasonic(パナソニック)』の「スチームアイロン NI-W550」は、全面パワフルスチームで大きな面でもキレイに仕上がるのが特徴。タンクの容量も200mlと大きく、長時間のアイロン作業でも継ぎ足し要らず!ドライアイロンとしても申し分ないプレス力があるのでおすすめです。

・IRN-CL30C コードレススチームアイロン


『アイリスオーヤマ』の「IRN-CL30C コードレススチームアイロン」は、30秒で使用可能温度まで立ち上がるため、忙しい朝でもサッと取り出してアイロンがけができます。コードレスタイプでは珍しい大容量タンクも魅力です。おすすめポイントは価格が安いこと!公式通販サイトでは2,980円(税抜)で販売されていますよ。

■一台あると便利!衣類スチーマーおすすめ3選<2019年版>

アイロンがけ不可の洋服をキレイに蘇らせる衣類スチーマー!おしゃれ好き女子の間ではマストハブな家電なんだとか。

出典:photoAC

・ACCESS STEAM +

出典:スーツのアイロンを自宅で!失敗しない方法やおすすめ商品を紹介@ yorik0224さん

T-falのCMでおなじみ「ACCESS STEAM +(アクセススチームプラス)」。ドライヤーのような持ちやすいデザインが特徴です。大量スチームを噴射することでシワをほぐし、シワ無し状態へ戻してくれる優れもの☆1回のスチームでシワが伸びると口コミでも話題の家電です。

・衣類スチーマー NI-FS750

出典:スーツのアイロンを自宅で!失敗しない方法やおすすめ商品を紹介@mapig_rさん

Panasonicの衣類スチーマーは小さなアイロンのような形が特徴です。「NI-FS750」はコードが2.5mと長く、コンセントの位置が遠くても楽に使えます。また、ピンクゴールドとシルバーの女性らしいデザインも魅力♡

・La・Coo-S


『TOSHIBA(東芝)』の「La・Coo(ラクー)-S」はハンドル部分が持ちやすいデザインで、コードつきでもコードレスでも使える2WAYタイプ。アイロンとしても使えるので、一人暮らしをしている人にもおすすめです。

■小回り重視なら!コードレスで人気のアイロン3選

アイロン初心者にも扱いやすいコードレスアイロンは近年人気です。コンパクトなデザインが多く、持ち運びや保管もしやすいのが魅力。

出典:photoAC

・カルル


Panasonicのコードレスアイロン「カルル」はコンパクトなデザインとハイパワーを兼ね備えたアイロンです。ハイパワー設定でも50秒あれば立ち上がるので、手早くアイロンがけができます。ハンガーショット機能も搭載されているので、スーツなどのにおいケアもバッチリ☆

・美(ミ)ラクル La・Coo


『TOSHIBA』の「美(ミ)ラクル La・Coo」はかけ面が熱くなると滑り機能が上昇し、するすると滑るようにアイロンがけができます。シワを伸ばす際に必要な重量感をキープしながら、重たさを感じさせない掛け心地が魅力です。

・コードレスアイロン CSI-305-S


『HITACHI(日立)』のコードレスアイロン「CSI-305-S」は、シンプルなデザインと生地に合わせて選べる豊富な機能性が魅力のアイロンです。縦置き・横置きの両方ができるので、保管場所に困らないのもポイント☆

■使用頻度や用途によってアイロンを選んでみよう

昔に比べると最近のアイロンは軽量でコンパクトなのが魅力です。片手で軽々持てるものも多いので、アイロンの使用頻度によってサイズを使い分けるのもおすすめ。自宅で手軽に衣類ケアをしたいなら、アイロンはマストハブですよ☆

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]