Fashion

【今月のカバーガール】インスタグラムでも人気のSサイズママが初登場♡

月替わりで、WEBサイト「mamagirl」のトップを飾る、【Cover mamagirl(カバーママガール)】企画。新年一発目となる1月は、リアルクローズな「#156センチコーデ」が人気の3歳4カ月の男のコママ・石岡真実(いしおか まみ)さんを4回に渡り大特集! 第1回目は撮影の感想、そしてお仕事のことや子育てのことなど真実さんのパーソナルな部分にフィーチャーしてお届けします!


■妊活を視野に入れて退職。その2日後に妊娠が判明!

前職はアパレルブランドのプレス、現在はママ業の傍らインスタグラマー、フリーモデルとしても活動している石岡真実さん。
身長が低くてもおしゃれ見えする「#156センチコーデ」のハッシュタグはもちろん、ファッションやライフスタイルがinstagramで人気に。
女っぽさもあるナチュラルなスタイリングは子育てママも参考にしやすい♡と評判なんです。

「アパレル歴は10年。ショップスタッフからスタートして、最後の2、3年はプレス、企画制作のほうに携わっていました」

販売員時代もプレス時代もかなり多忙な毎日を過ごしていという真実さん。
結婚から数年が経った頃、「このへんでいったんリセットして、少しゆっくりしながら妊娠できる体にしていこう」と退職を決めたそうですが……。

「少しお休みしてのんびりと今後の準備をしていこうと思っていたんですが、会社をやめた2日後に妊娠が判明(笑)。退職と同時にマタニティ期に入り、ママになって、今に至るという。ゆったりしようと思いつついろいろなお仕事に関わり続けているので、結果忙しいほうが好きなのかもしれないです(笑)」


■怒りそうになったら 『20秒ガマン』でクールダウン!

妊娠中はつわりもなく体調も良好。出産も安産でその後の子育てにも大きな問題はナシ。順調なママライフを歩んでいたそうですが、息子さんが3歳を過ぎた頃からイヤイヤ期に突入。いま現在なかなか手こずっているんだとか。

「何を言ってもすべて「NO!」で返されちゃいますね。魔の2歳児時代が穏やかなものだったぶん一気にきた感じがしています(笑)」

週に1度、英会話スクールに通っている息子さん。「ヤダ」ではなく「NO!」を連発するんだとか。

「四苦八苦していますが、根気よくゆっくり話せば伝わることもわかってきました。私が感情的になると息子の拒絶も激しくなっちゃうので……。その場を一瞬離れて少し時間を置くとか、自分の心を鎮めてからもう一度説明するようにしています」

とはいえ急いでいるときは心にも余裕がなくなりがち。「NO!」を言い続けられると爆発しそうになることも。そんなとき実践しているのが『20秒ガマン』という方法。
「子どもがワーワー言っていても、ひとまず数を数えながら『20秒間』自分の中を無にしてみるんです。そうすると不思議と冷静さが戻ってくるので」

この方法、真実さんのおばあ様からのアドバイスが元になっているそう。
「反抗期の頃、おばあちゃんからよく言われていたんです。『10秒ガマンしてみなさい、10秒ガマンすれば気持ちがまた変わるから」と。おばあちゃんは10秒と言っていましたが、私の場合は10秒では足りない気がしたので(笑)、20秒に延長して実践しています」

10秒ガマン、あるいは20秒ガマン、その場を離れてクールダウンができないときにも使えそうですね!


■撮影でたくさん話ができてリフレッシュしました♡

普段は、子どもを連れて撮影現場に行くことも多いという真実さん。今回は息子さんの英会話スクールの日ということでママ単独で撮影に来て頂きました。
貴重なママの自由時間、それも長時間を独占してしまいましたが、インタビューも含め、現場でたくさん話をしたことですごくスッキリしたんだとか!(ありがとうございます♡)

「保育園や幼稚園にはまだ入っていないので、いつも家では子どもと一緒。仕事へ行くときも一緒に連れていくことが多いので、普段はそこまでゆっくり人と話す機会は少ないんです。今日は心おきなくたくさんおしゃべりができて、すごくリフレッシュできた気がします♡ 撮影で着たお洋服も身長の低い私に合うようなアイテムを選んで下さっていて、それがすごく嬉しかったですし、ヘアメイクさんにもメイクの悩み相談をしてアドバイスを頂いたり、撮影を満喫させて頂きました♡」

イキイキとした表情、とりわけ華やいだ笑顔が素敵だった真実さん。
2週目以降は、ファッション、ビューティー、ライフスタイルと、さらにその魅力を掘り下げていきますので乞うご期待!


■今週のCover mamagirlのコーディネートをチェック!

ほっこりニットもいいけれど毎日それだとちょっと飽きちゃう……なんていうことも。そこで1月のファッションの大テーマは『ニットじゃない!THE 冬服コーデ』。
第1回は、冬コーデの幅を広げるワンピーススタイルをお届けします!

・レイヤードが決め手のカジュアルワンピコーデ

ボアコート ¥9,500/グローバルワーク(アダストリア 0120-601-162)、デニムジャケット ¥3,990/アメリカンホリック(アメリカンホリック プレスルーム 0120-806-008)、ワンピース ¥10,900/RANDA(06-6451-1248)、ショルダーバック ¥5,500/Jewelna Rose(Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 03-6804-1361)

コーデのメインとなるのは、裾に透け感のあるガーリーなロングワンピース。甘めなデザインもブラックなら落ち着いた印象で着られます。また保温性のあるインナーを着用できるように、ゆったり長袖仕様のものをセレクト!

アウターは、あったかいボアフリースのブルゾン。ママの間でも定番のボアアウターですが、今季は長め丈が気分!
アウターの間にデニムジャケットをレイヤードしているのが、このコーデのポイント。白とブルーのコントラストが、抜け感を演出してくれます。また、室内でアウターを脱いだときにもカジュアルな羽織りとしても使えて便利。

小物は、女子っぽいニュアンスのミニバッグで甘さをプラス。足元はやわらかなレザーシューズでこなれ感をプラスして。ちなみにタイツは、黒よりもグレーや濃いめのブラウンなどのほうが全体的にバランスよくまとまります。




■今週のビューティポイントをチェック!

服のトーンが暗くなりがちなこの時期は、パーツのどこか1カ所にカラーを取り入れることでぐっと垢抜けます。
『ミニマムな冬の色遊び』をテーマに、旬顔になれるカラーメイクをご提案!

下地には、白浮きせずに肌色を明るくしてくれるグレージュ系を使用。赤みが出やすい方は、頬の高い位置にグリーン系のコントロールカラーを使ってトーンを整えて。
ちなみにグリーンのコントロールカラーには、シミを飛ばして目立たなくさせる効果が。コンシーラーもキレイに乗るのでオススメです。下地の段階で気になる部分をカバーしているので、ファンデーションは、リキッドタイプのものでツヤ感を意識して薄く塗布。パウダー使わずそのままツヤをキープして!

ワンピースがガーリーで甘いイメージなので、シャドーはスモーキーなくすみベージュをメインに。締め色のブラウンで辛めなバランスに仕上げています。

メイクのポイントになるカラーはリップ!
ピンクより大人っぽく、赤よりかわいらしさがあるローズブラウンでこなれ顔に!テラコッタや深みレッドに飽きた方にも、くすみ感のあるローズブラウンはオススメです。

ヘアは、トップをおだんごにしたショートアレンジ。ベースは動きを出すためにストレートアイロンで毛先外ハネの波巻きに。全体にオイルをなじませたあとトップの髪をとって結び毛先を折り返して半だんごに。さらに、サイドの髪をすくいとりながらねじっておだんごの横でピンどめします。こうすることで分け目がパックリするのが防げますよ!



【次週予告】Sサイズママに聞く「#156センチコーデ」のおしゃれ心得!

Sサイズのファッショニスタ・石岡真実さんに聞くアイテム選びの極意。
スタイルよく服を着るための注意点から、産後の体型カバーのポイント、そしておしゃれ映えするスナップの撮り方までまでファッションのノウハウを取材しました。
次回もお楽しみに!

▽石岡真実さんのインスタグラムも合わせてチェック♡
@mami_ishioka

カメラマン/齊藤僚子
スタイリスト/真鍋かんな
ヘアメイク/中山芽美
取材・文/ささきみどり

ささきみどり

フリーの編集・ライター。二級建築士。女性誌、ライフスタイル誌を中心に読み物系の記事を書いています。趣味はいつか住みたい家の図面を引くこととぬい撮り。

【Instagram】midori6497
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!