出典:photoAC

Lifestyle

キャンドルの作り方をマスター!100均アイテムでオリジナル作品が作れる

クリスマスなどのイベントにキャンドルを飾ってライトアップすれば、一気におしゃれでステキな雰囲気になりますよね。そんなキャンドル、実は手作りできるって知っていますか?しかも材料は100均でそろうものばかり。簡単に可愛いキャンドルがすぐに作れちゃうんですよ。今回は、キャンドルを作るための基本的な材料・作り方から、アレンジのしかたまでを紹介。

あなたもキャンドル作りに挑戦してみませんか?

■キャンドルを作ろう!基本の材料のいろは

出典:photoAC

まず、キャンドルを手作りするときに必要な基本の材料を紹介します。シンプルなキャンドルを作るなら、以下の材料をそろえればOK!

・ろうそく

出典:ぱくたそ

キャンドルを手作りする場合、ろうそくを溶かして作ると簡単です。
仏壇用の白いろうそくが使いやすくて◎!100均でも1箱にたくさん入っているため、大量に作りたいときにも向いています。もちろん市販されている色つきろうそくでもOK。

・キャンドル芯


キャンドルの真ん中に立てる芯は、手芸用の糸や細めのひもを用意しましょう。仏壇用のろうそくを溶かしたときに出る芯を再利用すれば、わざわざ別で用意しなくて済みますよ!

・キャンドルを固めるための型

出典:photoAC

溶かしたろうそくを入れて固めるための型も必要です。完成後、どんな容器に入れたいかによって自分の好きなものを選びます。
透明の耐熱グラス、アロマオイル用の受け皿、貝殻などを使うとおしゃれでGOOD!型なしの場合は小さめの紙コップを用意し、破って使いましょう。

このほか、色つきのキャンドルを作りたいなら折れてしまったクレヨン(削って使用)や、ろうそくを溶かすためのボウル(トレー)、ヘラ、割りばしなどもあると便利ですよ!

■手作りキャンドル<基本のレシピ>

出典:photoAC  ※写真はイメージです

先ほど紹介した材料を使用した、丸い形の手作りキャンドル(型なしバージョン)の作り方を伝授します!これさえ覚えておけば、さまざまなアレンジが可能です☆

(1)ろうそくを折り、ボウルに入れる。芯は切らないこと。
(2)ボウルに入れたろうそくを湯せんし、溶かす。ボウルは熱伝導の効率が良いアルミ製のものがおすすめ。持ち手つきだと持ちやすく、混ぜるときはヘラなどを使うと◎。
(3)割りばしなどを使い、芯を取り出す。
(4)3の割りばしとは別のものを用意し、割りばしを割らずに、芯を挟み、芯の先端が紙コップの底に着くようにセットする。紙コップの中央あたりに置くと◎。
(5)溶かしたろうそくを紙コップに流し入れる。
(6)固まるまで2時間ほど放置する。固まったら、紙コップを破ってろうそくを取り出し、完成。

とっても簡単に手作りできるので、子どもといっしょに作るのも楽しいですよ♡

■手作りキャンドルのアレンジ<マーブルキャンドル>

出典:photoAC  ※写真はイメージです

ここからは、「基本のレシピ」の応用編!最初に、マーブル模様のキャンドルの作り方を紹介します。

【材料】
・基本のキャンドルの材料(仏壇用ろうそく、紙コップ、割りばし、ボウル、ヘラ)
・クレヨン(使い古し・折れてしまったカケラなどで十分)
・ステンレストレー

【作り方】
(1)トレーに折ったろうそくと細かく削ったクレヨン入れ、熱して溶かす。複数色使う場合は、色ごとに行う。
(2)完全に固まる前に、カッターなどで切れ目を入れ、細かく砕いておく。
(3)1、2とは別に「基本のレシピ」を参考に、色はつけずにろうそくを溶かす。2で細かくした色つきのろうそくを紙コップに敷き詰める。
(4)3で溶かしたろうそくを紙コップに流し入れ、固まったら完成。

また、マーブルキャンドルの作り方を元にして、ろうそく本体の色は白×クレヨンは灰色や黒色など、色を限定して作ると大理石風のマーブルキャンドルに☆ピンクベース×白マーブルでも可愛い!

■手作りキャンドルのアレンジ<アロマオイルキャンドル>

出典:photoAC

アロマオイルは100均などで手に入るものでも十分使えます。本格的なアロマキャンドルが作りたい!という人は、植物から100%抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使うのも良いですよ。

【材料】
・基本のキャンドルの材料(仏壇用ろうそく、紙コップ、割りばし、ボウル、ヘラ)
・アロマオイルもしくはエッセンシャルオイル

【作り方】
(1)「基本のレシピ」を参考に、湯せんして溶かしたろうそくの中に、アロマオイル(もしくはエッセンシャルオイル)を入れて混ぜる。
(2)紙コップに溶かしたろうそくを流し入れ、固める。

ほのかに香らせたいときは、オイルはあまり入れすぎないのがポイント。また、エッセンシャルオイルは合成香料のものもあるので、使用前に成分を確認しましょう。
シーン別のおすすめオイルは、以下を参考にしてみてくださいね☆

●リラックスタイムに…ラベンダーなど
●リフレッシュしたいとき…レモンやグレープフルーツ、ユーカリなど
●ぐっすり眠りたいとき…ベルガモットなど
●シャキッとしたいとき…ミントなど

お店などで見かけやすく、比較的手に入りやすいものをピックアップしましたが、心地いいと感じるオイルを使うと良いですよ。

■手作りキャンドルのアレンジ<ボタニカルキャンドル>

出典:photoAC  ※写真はイメージです

花や草木などをろうそくの中に入れたボタニカルキャンドルも、実は簡単に手作りできちゃいます!おしゃれなので、使わずにインテリアとして飾っても。

【材料】
・基本のキャンドルの材料(仏壇用ろうそく、紙コップ、割りばし、ボウル、ヘラ)
・押し花、草木など

【作り方】
(1)「基本のレシピ」の通り、ろうそくを溶かし、紙コップに流し入れる。
(2)紙コップに流し入れたろうそくが少し冷めたら(白い膜が張るくらいが目安)、割りばしを使って、紙コップの内側にそって押し花・草木などを張りつける。
(3)ろうそくが完全に固まったら完成。

ろうそく本体に色をつけても良いですし、ろうそくは白いままにしておき、中に入れる花びらなどの色を活かすのもアリ!中に入れる花・草木はドライフラワーでもキレイに仕上がります。100均で手に入りますよ。

■100均アイテムで透明なジェルキャンドルが作れる!

出典:photoAC  ※写真はイメージです

ここまではろうそくを溶かして作るオリジナルキャンドルのレシピを紹介してきましたが、白く濁っていないものが作りたい!という人もいるはず。そんな人におすすめなのが、100均で売っているゼリー状のキャンドル。クリアタイプを使えば、透き通ったキャンドルを作ることができます。中に入れる材料もお好みでそろえてみてくださいね!

■オリジナルキャンドル作りにトライしてみて

出典:photoAC

一見難しそうなキャンドル作りですが、実はとっても簡単に作ることができます。初心者さんにも難しくなく、30分~1時間程度で作ることができ、材料も100均でそろうものばかりなので費用もあまりかかりません。「ハンドメイド未経験だけど何か手軽にできるものはないかな?」と思っている人にもおすすめのキャンドル作り。ぜひオリジナルキャンドル作りにトライしてみてくださいね♡

ぐっち

小学生2人のママ。名古屋出身、文鳥に毎日愛をささげています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!