Beauty

ピンクグレージュヘアがトレンド♡ブリーチありなし比較!色落ち対策は?

■レングス別×ピンクグレージュスタイルを徹底比較!

それではレングス別×ブリーチあり・なしで、ピンクグレージュのスタイルを見ていきましょう!

・【ブリーチなし】ショート×ピンクグレージュ

出典:@yuki82_sandさん

長めのバングと短い襟足で、顔周りがすっきり小顔効果に。地毛を活かした暗めのトーンですが、透明感のあるピンクグレージュが重たい印象を与えず柔らかい雰囲気になっていますね。

・【ブリーチあり】ショート×ピンクグレージュ

出典:@_0_3_1_1_さん

こちらもすっきりショートさん。ハイライトとローライトでメリハリをつけてピンクグレージュをON。グラデーションが効いてかっこ良く、とってもおしゃれ!

・【ブリーチなし】ボブ×ピンクグレージュ

出典:@_0_3_1_1_さん

顎のラインでそろった前下がりボブスタイル。ピンクグレージュで女性らしさを与えつつ、オイルで束感を出して今っぽく洗練された雰囲気に仕上がっています。

・【ブリーチあり】ボブ×ピンクグレージュ

出典:@_0_3_1_1_さん

人気の切りっぱなしボブには、毛先に向かってグラデーションをつけたヘアカラーがおしゃれ!ハイライトをたくさん入れてピンクグレージュをしっかり出していますね。

・【ブリーチなし】ミディアム×ピンクグレージュ

出典:@toyopettさん

巻き髪もヘアアレンジもしやすいミディアムヘア。ピンクグレージュカラーでアンニュイな雰囲気に。細かいハイライトとローライトで肌なじみも抜群です。立体感も出るから奥行きも感じられてまさにモテカラー♡

・【ブリーチあり】ミディアム×ピンクグレージュ

出典:@ mayuuuu38さん

ブリーチ初心者さんにおすすめは、派手過ぎないブリーチ1回のピンクグレージュなんだそう。赤みがあるからブリーチ特有のパサつき感も目立たず、ツヤっと軽やかな印象に。

・【ブリーチなし】ロング×ピンクグレージュ

出典:@ sakura.theaterさん

ブリーチなしで色素薄い系が叶うピンクグレージュヘア♡くるんと巻いた毛先から透明感があふれてかわいいですね。こちらのカラー、人によっては1回ブリーチもしくはハイライトが必要かもしれないので美容師さんと相談してみてくださいね!

・【ブリーチあり】ロング×ピンクグレージュ

出典:@eme_shimazu1028さん

透け感のあるこちらのピンクグレージュは、ブリーチをしてカラーを入れています。抜群の透明感で、ピンク感がフェミニン度UP!外国人風ヘアも楽しめます♡

・【ブリーチなし】インナーカラー

出典:mamagirlLABO @artman_akiさん

肌なじみの良いピンクカラーは、フェイスラインに持ってくることでお肌を美しく見せてくれる効果が♡ローライトとしてもおすすめですよ。

・【ブリーチあり】インナーカラー

出典:@ toshirotanjiさん

ハイライトインナーカラーもおすすめ!上はグレージュなのでパキッと2トーンカラーにならず、全体的になじみも良く肌のトーンアップ効果にも最適です♡

■ピンク系って色落ちしたらどんな色になるの?

とってもかわいいピンクグレージュカラーですが、心配なのは色落ち具合ですよね。そもそもピンクカラーって色落ちしたらどうなるのでしょうか。
 

・色落ちしたらピンクベージュ系に

出典:@publictokyo_airiさん

ピンクグレージュが色落ちすると、ほんのり暖色感のあるピンクベージュになります。ピンク色が抜けることによって、ベージュ感が強くなるイメージです。これはこれでかわいいので色落ちしていく経過も楽しめそうですよね。
 

・ブリーチありの場合、ピンクが抜けやすい


赤みのあるカラーは退色のスピードも早め。ブリーチしているとさらに加速してしまいますが、色落ちの過程を楽しめるのもハイトーンならではの醍醐味かもしれません。
すぐに色落ちしてしまうのは嫌だ!という方は、ブリーチ無しでオーダーすることをおすすめします。

・色落ち防止にはカラーケアシャンプーがおすすめ♡

出典:筆者撮影

市販でよく目にするシャンプーは、洗浄力に優れているためカラーが抜けやすいというデメリットも。カラーケアに特化したシャンプー&トリートメントを使えば、きれいに染まったピンクグレージュも長持ちするのでおすすめですよ!
筆者が愛用しているのは『hoyu(ホーユー)』の「PROMASTER COLOR CARE(プロマスター カラー ケア)」という商品。理想の髪質4種類から選べてとっても良い香り♡色落ちしやすいといわれるグレージュやアッシュカラーもしっかり長持ちしてくれます。

出典:@beauty_mmrさん

カラーシャンプーという手もあり!同じくホーユーの「SOMARCA(ソマルカ)」は“一瞬で色が入る!”という声が多く人気です。髪の毛の状態によって仕上がりは違いますが、色落ち対策としては試してみる価値がありそう!
市販では購入できないようですが、「楽天市場」や「Amazon(アマゾン)」などの通販サイトで簡単に手に入りますよ☆

■市販のカラー剤でもピンクグレージュが楽しめる!

出典:photoAC

最近の市販カラー剤は種類も豊富!サロンへ行く時間が無い方はセルフカラーでピンクグレージュを楽しむこともできますよ☆
 

・セルフカラーの基本的なやり方


セルフカラーであたふたしないためにも、準備やシミュレーションをしておきたいところ!
まず、カラー剤セットの他に準備しておきたいのは、汚れてもOKな服(前開きの服がおすすめ)、タオル、新聞紙、ヘアクリップの4点です。新聞紙は床などが汚れないようにガードするために使いますよ◎

Step1.下準備

出典:photoAC

タオルを首に巻いて液だれをガードします。また、ヘアカラーの際に“一気塗り”はタブー!襟足から少しずつカラー剤を塗っていくので不要な髪の毛はヘアクリップで留めておきましょう。

Step2.根元から毛先へ丁寧に塗る

出典:photoAC

襟足からスタートし、根元から毛先へ向かって丁寧に塗っていきます。終わったら上の髪をコームですくいとりながら下ろしてどんどん塗っていきます。この作業はとにかくスピーディーさが大切!
丁寧に塗りすぎて時間をかけていると色ムラの原因にもなります。

Step3.最後に生え際を塗っていく

出典:photoAC

色の入りやすい生え際は、最後に塗ると均一さがでて仕上がりもきれいです。こちらもスピーディーに塗っていきましょう!あとは所定の時間を置いてシャンプー&トリートメントをすれば完了です☆

・市販のピンクグレージュならコレ!おすすめ2選


最後に、おすすめの市販カラー剤をご紹介しますよ!今回は、より簡単にセルフカラーが楽しめる“泡カラー”に絞ってみました☆乾いた髪の毛になじませてもみ込み、20~30分放置してシャンプ&トリートメントするだけで完了なのでとっても簡単ですよ。

ビューティーン|メイクアップカラー(ピンクアッシュ)

出典:筆者撮影

トレンドカラーに特化した『Beauteen(ビューティーン)』の「メイクアップカラー」。泡立つ乳液をもみ込むだけで、しっかりムラなく染まります。お色はピンクアッシュをチョイス!


ビューティラボ|ホイップヘアカラー(ダスティピンク)

出典:筆者撮影

従来よりも泡密度がUPした『Beautylabo(ビューティーラボ)』の「ホイップヘアカラー」!濃密な泡だから、初心者さんやロングヘアの人でもムラなくきれいに染めることができます。お色はダスティピンクをチョイス♡

 

Recommend

お手軽レシピが魅力!【アーモンド効果】があればクリーミーな七草粥も楽しめちゃう!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]