出典:空気清浄機を効果的に使うには?おすすめ商品もチェック@m__ak__i.36さん

Lifestyle

空気清浄機のおすすめは?適応床面積次第で効果が2倍3倍に!

毎年春や秋に問題になるスギやヒノキといった花粉、空気中に浮遊するハウスダストやカビは、アレルギーの原因になります。アレルギーに悩まされている人も少なくないですよね。そんなアレルギーの原因物質、空気清浄機で解決できるかもしれません。今回ご紹介するのは、空気清浄機の選び方や使い方のポイント、おすすめの空気清浄機について。

空気清浄機の導入を検討している人、必見です。

■まずはココから!空気清浄機の選び方は?

空気清浄機を選ぶ際のポイントをチェックしていきましょう。

・加湿機能の有無からセレクト!

出典:photoAC

最近人気が高いのは、加湿機能がついたタイプのもの。お部屋の空気に湿度をプラスしてくれる機能のため、肌の乾燥防止やウイルス予防など、メリットはたくさん!乾燥が特に気になる冬の時期に重宝します。
加湿器を別途保有しているかどうかにより、加湿機能の必要性も変わるはず。加湿機能の有無も、空気清浄機を選ぶポイントのひとつになるでしょう。

・空気清浄機を置く部屋の床面積からセレクト!

出典:photoAC

空気清浄機の効果が適用される範囲は、空気を吸い込む風量により変わります。一人暮らしなら小さくて比較的安いもの、広い部屋には複数台設置など、部屋の広さに応じてベストな空気清浄機は変わるはず。空気清浄機を設置する部屋の床面積に応じた、ぴったりサイズの空気清浄機をセレクトしましょう。
なお、スペックに記載されている適用床面積とは、30分かけて空気をキレイにする能力のこと。記載の床面積よりも2~3倍のものを選べば、より早く空気をキレイにする効果があります。

・欲しい機能性からセレクト!

出典:photoAC

空気清浄機の細かい機能性は、メーカーによってさまざま。
◆Wi-Fi対応で遠隔操作ができる
◆フィルターの自動掃除機能
◆ムダな運転をなくすエコ機能
などといった便利な機能のある空気清浄機も登場しています。また、空気清浄機は、大きく分けて
◆フィルター式
◆電気集塵式
◆イオン集塵式
と、3つのタイプがあり、それぞれ空気をキレイにする方法が異なります。欲しい機能性やタイプから空気清浄機を選ぶのもいいでしょう。

■空気清浄機の使い方のポイントをチェック!

続いて、空気清浄機の使い方のポイントをご紹介します。

・空気清浄機のつけっぱなしはOK?

出典:photoAC

空気清浄機は、短時間だけの稼働では意味がありません。24時間つけっぱなしの状態が基本です。電気代が気になる人もいるかもしれませんが、1カ月つけっぱなしでも電気代は100~500円程度。フル稼働して効率的に活用するのが正解です。

・フィルターのお掃除の頻度はどうする?

出典:photoAC

空気清浄機のフィルターには、空気中を漂っていたほこりや花粉、ハウスダストなどが…。そのまま使い続けるのは危険です。フィルターは2週間~1カ月程度の頻度で掃除して、キレイに保つのが基本。本体は1カ月に1度水洗いして、キレイな状態をキープしてください。定期的な掃除がフィルターの寿命をのばします。

・加湿機能がついている空気清浄機を使う時の注意点は?

出典:寝室の加湿器を選ぶコツ教えます! 春や夏も乾燥にはご注意@omatsu.houseさん

加湿空気清浄機の場合、加湿機能を使用している間ずっと湿っている状態です。そのため、お手入れせずにそのまま使い続けていると、カビや雑菌が繁殖する原因になることも。さらに、菌を部屋中にまき散らしてしまう可能性もなきにしもあらずです。
空気清浄機部分に加えて、水垢のつきやすい加湿器部分の定期的な掃除も必要不可欠。2週間~1カ月程度の掃除を習慣にしておきましょう。重曹やクエン酸で洗浄し、キレイな状態をキープしてください。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]