出典:@ sachico.yamさん

Lifestyle

プランターで野菜を育てよう!ベランダでも楽しめてお財布にも優しい

おうちで野菜を育てられれば少しは節約できるかな…と家庭菜園に憧れている人は少なくないでしょう。野菜を栽培するとなると、広い畑や庭がないとできないイメージもあるのではないでしょうか。しかし、十分な栽培スペースがなくてもプランターがあれば野菜ができるんです。

プランター栽培は、アパートやマンション暮らしの人でもベランダで育てることができ、意外と人気な栽培方法なんですよ。今回は初心者から中級者におすすめな野菜や、プランター栽培に便利なグッズの紹介をしていきます。

■プランター栽培と畑での栽培ってどう違うの?

野菜の栽培と聞くと畑で!というイメージが強いですが、プランター栽培との違いはなんなのでしょうか。

・畑栽培の特徴とは?


畑栽培は、敷地が広いことが多く、収穫時期になると一度にたくさんの野菜を収穫することとができます。また、深さもあるので上に育つ野菜だけでなく、土の中で根や茎が肥大していく野菜や、大きくなっていく野菜でも十分に育てることができるのです。

・プランター栽培に向いている野菜は?

出典:@ sachico.yamさん

プランター栽培におすすめな野菜は、簡単・収穫時期が早い・使う頻度が高いものが理想。小さいプランターだと土の中の広さの制限もあるので、なるべく土の上に育つ野菜をチョイスすると◎
この後初心者、中級者におすすめな野菜の紹介をするので、参考にしてくださいね。

・プランター栽培に向いていない野菜は?


プランター栽培はどうしてもスペースが限られてしまいます。土の中の深く育つ大根・ごぼう・ヤマイモなどはプランター栽培には適していません。

■初心者におすすめなプランター栽培野菜

まずは難易度★☆☆な簡単に栽培できる野菜をご紹介します。

・失敗なし!カイワレ大根

出典:photoAC

保温できる環境があれば一年中栽培可能なカイワレ大根。栽培後、10日程度で食べることができますよ。

・薬味にうれしい大葉

出典:@ sachico.yamさん

大葉は暑さに強く土質も選ばないので、好きな方法で栽培できます。植えつけ時期は4月~5月、収穫時期は7月~10月。

・丈夫なうえ成長が早い小松菜

出典:photoAC

小松菜は暑さ寒さに強く、丈夫で成長が早い野菜です。春夏なら、1カ月ほどで収穫できますよ。植えつけ時期は3月~11月、収穫時期は4月~1月です。

■中級者におすすめなプランター栽培野菜

慣れてきたら挑戦して欲しい野菜をご紹介します。

・害虫に強く育てやすい人参

出典:photoAC

寒さ、害虫に強い人参は比較的育てやすい野菜です。プランター向けの品種が豊富なのが特徴。植えつけ時期は3月~5月または7月~9月、収穫時期は5月~7月または10月~1月です。

・夏野菜の王道!きゅうり

出典:photoAC

夏野菜の王道であるみずみずしいきゅうりもプランターで栽培することができます。支柱を立て、茎が折れないように誘引するのを忘れずに。植えつけ時期は3月~5月、収穫時期は6月~8月です。

・プランター栽培人気上位野菜であるミニトマト

出典:@ shiidamuさん

ミニトマトは家庭菜園ランキングで常に上位に位置する野菜です。ミニトマトをプランターで栽培する際は少なくとも深さ30cm以上あるものを選びましょう。植えつけ時期は4月~5月、収穫時期は7月~8月。

■プランター栽培でそろえるものは?

出典:photoAC

いざプランター栽培を始めようにも何を準備して良いかわからないですよね。

<プランター>プランターは育てる野菜に適したサイズの物を選びましょう。
<土>初心者はブレンドされた”培養土”がおすすめ。植えつけ時にあげる肥料が入っている土だとなお便利です。
<肥料>土に撒けるタイプや水に希釈して使うタイプのものなどさまざまなので野菜に適したものを選びましょう。
<栽培道具>スコップやジョウロ、熊手やハサミなど栽培時には必須アイテムです。

■プランター選びも重要ポイント

出典:@ sachico.yamさん

プランターにも種類があるんです。

・どんなプランターが良いの?


育てる野菜によって通気性や、保水力が大事だったりするので、一概にこのプランターがおすすめ!というのはありません。各プランターの特徴はこちら。
<プラスチック>持ち運びが便利で、デザインも豊富。保水力も良く割れにくい。
<素焼き・陶器>衝撃で割れる危険性がある。素焼きが通気性が良く、陶器は保水力が高い。
<木>植物を植えたときの相性バツグンで通気性が良い。保管の仕方によっては劣化スピードが早め。

・プランターはどこで買うと良い?


ホームセンターに行けばたくさんのプランターがあり、好みのものを見つけられるはず!メーカーは『アイリスオーヤマ』、『Richell(リッチェル)』、『大和プラスチック』あたりが人気となっています。100均にも小さいプランターが販売されているので、豆苗やネギなどのキッチン横で育てられる野菜にはピッタリでしょう。

■プランター栽培の便利グッズ3選

最後は経験者が語る、あって良かった!と思える便利グッズをご紹介します。

・虫が苦手な人はマストアイテム!虫退治グッズ


植物の栽培に虫はつきもの。特にコバエは一度にたくさん湧くので気持ち悪いですよね。そんなときは虫よけグッズに頼りましょう。野菜に薬品をかけなくても退治できるものもあるので安心です。

・後片づけがグンと楽になる園芸シート

出典:photoAC

100均でも販売されている園芸シート。ベランダなど、掃除をこまめにしないと見た目や衛生的に心配になりそうな場所で活躍します。園芸シートの上で作業をすれば土汚れが最小限で済みます。

・土の保護をするのにゴミ袋が使える


土の保護をするのに”マルチ”というグッズを使用しますが、ゴミ袋でも代用可能なんです。雨の日や、寒い日などゴミ袋をかぶせておけば保温、保湿が叶い、野菜を守ることができますよ。

■プランターで野菜を育てよう!野菜に愛着がわき、収穫もグンと楽しみに

プランターでの野菜栽培は春夏秋冬、どの季節でもできます。その季節にあった旬の野菜を自分の手で1から育てていると、だんだん野菜に愛着がわいてきて、毎日のお手入れが楽しみになりますよ。食費の節約にもなるし、子どもへの良い教育にもなるのでぜひ家庭菜園を試してみてくださいね。

ちい

3歳差兄妹のママ♡
週末に子どもたちと出かけるのを楽しみに毎日仕事頑張っています(笑)
【Instagram】chi.79sw

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!