出典:レディース名刺入れ人気ブランドを価格帯と一緒にチェック!名刺香の紹介も@ asuponpoonさん

Lifestyle

名刺入れの正しい使い方って知ってる?知らなきゃ損する便利な活用法も!

ビジネスシーンで欠かせないアイテムのひとつである名刺入れ。普段何気なく使っている人がほとんどかとは思いますが、「その使い方って本当に正しいの?」と聞かれると疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。
今回は知っているようで意外と知らない名刺入れの正しい使い方についてご紹介していきます。

名刺入れとして以外の便利な使い道も合わせてご紹介するのでそちらも要チェックです。

■名刺入れの役割をご紹介

名刺入れにはいったいどんな役割があるのでしょうか?

・自分の名刺を持ち歩く

出典:レディース名刺入れ人気ブランドを価格帯と一緒にチェック!名刺香の紹介も@ itosaikoさん

営業先や商談先で行われる名刺交換。特にビジネスマンにとっては、名刺を使った自己紹介は基本中の基本ですよね。名刺入れは自分の名刺を大切に保管するための必須アイテム。
名刺入れには常に自分の名刺を20枚~30枚程度入れておくようにしましょう。ストックを確認しておらず、「名刺を渡そうとしたら、なかった!」なんて恥ずかしい思いをしないようにしましょうね。
また、名刺だけでなく名刺入れ自体も実は結構見られているんです!名刺入れは、「初対面の相手があなたがどんな人なのかを判断する材料にもなりうる」ということも頭に入れておきましょう。

・もらった名刺を保管する

出典:photoAC

相手からもらった名刺を、直接財布の中やカバンの中に収めるというのは大変失礼な行為にあたります。もらった名刺は大切に名刺入れに保管しましょう。だからといって、いつまでもらった名刺を入れておくというのも違います。
名刺入れはもらった名刺の一時保管的な役割なので、会社に戻ったときや自宅に帰ったときには、ほかの保管場所に移しておきましょう。また、名刺入れがボロボロだったり汚かったりすると、「この名刺入れのように私の名刺も大切にされないんだろうな」と相手に不快感を与えてしまう可能性もあるので、常にきれいな名刺入れを保つようにしましょうね。

■名刺交換の際の名刺入れの使い方

出典:photoAC

名刺入れは、名刺交換の際にも重要な役割があるんです。自分の名刺を渡すとき、相手の名刺を受け取るときは名刺を名刺入れに添えることがマナー。
さらに、受け取った名刺はすぐに収めるのではなく、名刺入れの上に乗せた状態で机に置きましょう。名刺交換だけで終わったり、机がない状況であればすぐにしまっても大丈夫◎

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]