出典:@ g_enshさん

Beauty

ネイルするなら長さだしでパーフェクトな美爪になろう!

ネイルに行こうと思っていたのに爪が割れちゃってあきらめた…や、自爪がかけちゃって変な形に…切るしかないの?というときでも、長さだしをすれば大丈夫!
長さだしは、サロンではメニューに入っているところがほとんどですが、サロンに行くのはちょっと…という方は、セルフでも長さだしできちゃいます!

気になる長さだしについて、いろいろとご紹介いたします!

■そもそもネイルの長さだしとは?

長さだしとは、”爪に人工で長さを作り仕上げる”ことです。
きれいに見せるためにすることがほとんどですが、割れやすい、かけやすい爪の強度をだすためや、深爪矯正、ギターを弾くために男性がすることもあります。
お店によってメニューの表記が違ったりもします。スカルプネイル、アクリルネイル、スカルプチュア、長さだしなど、いろいろな書き方があるのでわからないときはお店の人に聞いてみましょう。

■ネイルの長さだしの方法と違いは?

出典:@ g_enshさん

ネイルの長さだしは大きくわけて、ジェルを使用した長さだし、アクリルを使用した長さだし、ネイルチップを使用した長さだし、と3種類あります。スカルプといってもそれぞれ強度などにも違いがあり、作りやすさなども変わってきます。

・ジェルスカルプ

出典:@ g_enshさん

ジェルスカルプの長さだしのメリットは、キツイ匂いがしないこと。匂いが気にならないので、美容院などでメニューがあればいっしょに長さだししてもらうこともできますね。気軽にためせるのがジェルスカルプの長さだしです!

・アクリルスカルプ

出典:@ g_enshさん

アクリルスカルプの匂いはかなりキツイですが、強度は抜群です。
他の長さだしと比べて、自然さと見た目に大きなの違いはありませんが、スリムでシャープな爪にしたい場合や、かなりのロングネイルにしたい場合はアクリルスカルプのほうがおすすめです。

・チップオーバーレイ


チップオーバーレイ(ネイルチップを用いた長さだし)の強度はあまりありませんが、チップを使うので、他の長さだしよりも簡単で不慣れな人でもきれいに仕上がります。

■ネイルの長さだしの値段は?安いところはある?

出典:photoAC

お店によって開きがある長さだしの価格ですが、600〜1,000円くらいが多いようです。
もちろん相場より安いところもありますが、材料費と時間を考えると、あまりに安いお店は仕上がりが気になるところ。口コミの良いお店でするのが安心です。

■ネイルの長さだしにかかる時間は?

長さだしにかかる時間は、ネイリストのスピードによってかなりの差がでます。
早く仕上げてもらいたい場合は、アクリルを用いた長さだしのクーポンを良くだしているお店でしてもらうのが良いかも。クーポンをだしているお店は、長さだしに慣れていることが多いので、早く仕上げてくれる可能性が高いようです。
アクリルは固まるのが早いので、他の長さだしよりもスピーディーに仕上がります。予約のときに長さだしにかかる時間を、しっかり確認しましょう。

■ネイルの長さ出しは深爪でもできる?

出典:@ g_enshさん

深爪でもネイルチップやアクリルを用いて長さだしすることができます。
爪を噛んでしまって深爪ではずかしい…という方でも深爪対応のできるサロンだと、もともと生えているかのような爪に仕上げてくれますよ。
深爪の場合、透明や白のアクリルパウダーで作るのではなく、少し黄味がかったアクリルパウダーで作ってもらうと人工的にならず、自爪のようなより自然な仕上がりになります。

■ネイルサロンで長さだしだけできる?

もちろん長さだしだけでもできます。予約の際に長さだけだしたいということをきちんと伝えておきましょう。
長さだしだけしてもらって、自宅でいろんなカラーのマニキュアを楽しむのも良いですね!

■セルフで簡単にできる!ネイルの長さだしのやり方

出典:@ g_enshさん

筆を使ったセルフでの長さだしは、利き手の施術は難しいもの…。でも、簡単にできる方法があるんです!

・モールドチップで長さだし!

出典:@ g_enshさん

セルフで簡単に長さだしをするなら、長さだし用モールドチップを用いた方法がおすすめです。チップ?と聞くと、チップを貼りつけて長さだしするチップオーバーレイを想像しますが、こちらはチップで型をとるようなイメージの手法です。
思ったより簡単なので試してみてくださいね!

出典:@ g_enshさん

<必要なもの>
・モールドチップ
・硬めのスカルプチュア用ジェル

これだけあれば準備はOKです!

出典:@ g_enshさん

<やり方>
1.モールド専用の硬めのジェルをスパチュラなどでとり、爪ではなくモールドチップに直接のせてそのままシールのように爪に押しつけ、ライトでかためます。
2.しっかり固まったらモールドチップをペリッと剥がします。

筆を使う作業はないので、利き手じゃない手でもコツを掴めば簡単にできるのが良いですね!慣れればあっという間にできますよ。

■長さだしも100均の材料でできる?

出典:photoAC ※写真はイメージです

実は100円均一のお店にも長さだしの材料、アクリルパウダーや、リキッド、フォームが買えるお店もあります。高い値段のセットを購入する前に、ひとまず自分でできるか試してみたい!という方は100均の材料でお試しするのも良いですね。
取り扱いが少なく、販売店は限定されるので電話で問い合わせてからお店に行くのがおすすめです。

<材料>
・アクリルパウダー
・アクリルリキッド
・フォーム
・アクリルブラシ
・ファイル
・消毒液、コットン

<やり方>
1.ファイルで爪の表面をサンディングします。
2.消毒液で爪の表面をきれいに拭き取り、フォームを爪の形にあわせてつけます。
3.ブラシに、アクリルリキッドをふくませアクリルパウダーをからめます。
4.フォームと自爪に、ミクスチュア(パウダーとリキッドが混ざったもの)をきれいにのせて完成です。

すっきりしたフォルムにしたい場合は固まるときに爪の両サイドからピンチを入れましょう。最初、形がうまくいかなくても後でファイルで形を整えながら削れば大丈夫です。

■長さだしで美爪に変身しよう

爪の形にコンプレックスがある…という方、ぜひ長さだしをネイルサロンや自宅でもしてみてください!自爪が生えているかのように形を整えることができるので美爪の持ち主のように見えますよ。
結婚式などはもちろん、普段も長さだしを試してみてくださいね!

glanme

2歳の娘にメロメロな育休中のネイリストです♡育児グッズをあれこれ試すのが大好きです!抱っこ紐9本試した育児グッズマニアです!今は簡単に作れる幼児食を日々研究中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]