出典:@ g_enshさん

Beauty

ネイルするなら長さだしでパーフェクトな美爪になろう!

ネイルに行こうと思っていたのに爪が割れちゃってあきらめた…や、自爪がかけちゃって変な形に…切るしかないの?というときでも、長さだしをすれば大丈夫!
長さだしは、サロンではメニューに入っているところがほとんどですが、サロンに行くのはちょっと…という方は、セルフでも長さだしできちゃいます!

気になる長さだしについて、いろいろとご紹介いたします!

■そもそもネイルの長さだしとは?

長さだしとは、”爪に人工で長さを作り仕上げる”ことです。
きれいに見せるためにすることがほとんどですが、割れやすい、かけやすい爪の強度をだすためや、深爪矯正、ギターを弾くために男性がすることもあります。
お店によってメニューの表記が違ったりもします。スカルプネイル、アクリルネイル、スカルプチュア、長さだしなど、いろいろな書き方があるのでわからないときはお店の人に聞いてみましょう。

■ネイルの長さだしの方法と違いは?

出典:@ g_enshさん

ネイルの長さだしは大きくわけて、ジェルを使用した長さだし、アクリルを使用した長さだし、ネイルチップを使用した長さだし、と3種類あります。スカルプといってもそれぞれ強度などにも違いがあり、作りやすさなども変わってきます。

・ジェルスカルプ

出典:@ g_enshさん

ジェルスカルプの長さだしのメリットは、キツイ匂いがしないこと。匂いが気にならないので、美容院などでメニューがあればいっしょに長さだししてもらうこともできますね。気軽にためせるのがジェルスカルプの長さだしです!

・アクリルスカルプ

出典:@ g_enshさん

アクリルスカルプの匂いはかなりキツイですが、強度は抜群です。
他の長さだしと比べて、自然さと見た目に大きなの違いはありませんが、スリムでシャープな爪にしたい場合や、かなりのロングネイルにしたい場合はアクリルスカルプのほうがおすすめです。

・チップオーバーレイ


チップオーバーレイ(ネイルチップを用いた長さだし)の強度はあまりありませんが、チップを使うので、他の長さだしよりも簡単で不慣れな人でもきれいに仕上がります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]