出典:photoAC

Lifestyle

100均モバイルバッテリー、クオリティは?ダイソーがおすすめの理由は?

かわいいスマホケースやストラップなどスマホの周辺グッズ以外にも、100均ではスマホの充電に使うモバイルバッテリーもあるんです。しかも、豊富な種類がそろっていることを知っていますか?
すぐ使える電池式タイプや、コンセントに直接さして使うアダプタタイプのほか、なんとスマホにつなぐだけでそのまま充電できるタイプも!

今回は、そんな100均のモバイルバッテリーについて、買えるショップやバッテリー容量など、詳細を紹介。モバイルバッテリーを持っていれば、外出先でスマホの電池がなくなったときも安心です!

■モバイルバッテリーが100均で買えるってホント?

モバイルバッテリーはどこの100均で買えるのでしょうか?詳しい情報を調べてみました。

・どこの100均で買えるの?

出典:photoAC

『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』、『Can Do(キャンドゥ)』など、さまざまな100均でモバイルバッテリーが売っています。
どの100均も種類、充電方式やケーブルのタイプが豊富にそろっています。iPhone(アイフォン)用・Android(アンドロイド)用のケーブルもありますので、使っているスマホによってさまざま選べるのが良いですね☆

・値段は?どれくらいする?

出典:photoAC

ほとんどの商品は100円(税抜)で購入することができます。しかし、商品によっては300円(税抜)や500円(税抜)のものも。
たとえば充電式のダイソーの「モバイルバッテリー」で乾電池を入れて使うタイプは100円(税抜)で販売されていますが、同じく「モバイルバッテリー スマートフォン対応」は500円(税抜)となっています。
性能や種類によって値段に差があるので、パッケージを良く見て購入するようにしましょう。

・モバイルバッテリーの相場は?

出典:photoAC

商品によって異なりますが、1,000円~3,000円程度のものが多いよう。使い捨てタイプで1回のみ充電できるものなら1,000円以下のものもあるようです。繰り返し充電して使うタイプは高価格に設定されやすく、3,000円以上するものも。
普通に買っていたら3,000円もかかってしまうため、コストを抑えたいなら100均のモバイルバッテリーをおすすめします。

■ダイソーで買える、500円モバイルバッテリーって?

出典:筆者撮影

ダイソーでは、スマートフォンに対応したモバイルバッテリーが500円で購入できます。どんな商品なのか、見ていきましょう!

・どんな商品?

出典:筆者撮影

こちらがその500円のモバイルバッテリーです。商品名は「モバイルバッテリー スマートフォン対応」となっています。ダイソーの「電気」や「PC小物」あたりの棚に置いてあることが多いようです。見つからない場合は、店員さんに場所を聞いてみましょう。
また、「PSE」といって、電気を使った商品の安全性を保障する「電気用品安全法」の適合品(自主検査)となっています。500円で購入でき、製品の質も良いのでおすすめ!

・使える機種はどれ?


こちらのモバイルバッテリーには、スマホにつなげるUSBケーブルが同梱されています。「micro-B(マイクロB)」という端子がついているケーブルです。
しかし、このマイクロBケーブルはアンドロイド端末の端子にのみ対応しています。そのため、アイフォンを充電する場合は別売のケーブルを購入する必要があります。
アイフォン用の充電ケーブルもダイソーや、他の100均でそろいますので、必要な人は購入してくださいね。

・どれくらい充電できるの?

出典:photoAC ※写真はイメージです

バッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」という数値で表され、数字が大きいほど、複数回または長時間の充電が可能となっています。
ダイソー商品の電池容量は「3,000mAh」です。この容量を余すところなく使いたい人は、自分の使っているスマホのバッテリー容量を見てみましょう。
自分のスマホのバッテリー容量が1,500mAhだった場合、ダイソーのモバイルバッテリー(容量3,000mAh)では、3,000mAh÷1,500mAh=2、で2回充電することが可能です。
しかし、充電や放電などでも常に電池が使われる状態のため、「電池ゲージ100%までを2回フル充電できる」というのは少々難しいかも。「ある程度電池残量が回復できればOK」という場合には、便利に使うことができますよ!

・モバイルバッテリーのサイズは?

出典:筆者撮影

ダイソーのモバイルバッテリーは薄型のカードタイプです。
サイズは、「長さ約11cm×幅約7cm×厚さ約1cm」です。手のひらサイズで、スマホとほぼ同じ大きさです。なお、同梱されているマイクロBケーブルの長さは約12.5cmで、バッテリーの全長と同じくらいの長さになっています。
また、主さは95gと軽さが特徴!軽量なので、バッグに入れて持ち歩くときにも荷物になったり、邪魔になったりしませんよ☆

・充電スピードは速い?遅い?

出典:筆者撮影

筆者のスマホを試しに電池残量が0%の状態から充電してみたところ、電池残量が100%の状態になるまで約3時間半かかりました。
モバイルバッテリーの使い方やスマホ自体のバッテリー容量によってもスピードは変わりますので、目安として覚えておくと良いかも!

・300円のバッテリーとの容量の差は?

出典:photoAC

ダイソーには300円のモバイルバッテリーの取り扱いもあります。値段の差はバッテリー容量の差です。
500円のものはバッテリー容量が「3,000mAh」なのに対し、300円のものは「2,000mAh」となるよう。
より多く・長く充電したい場合は、500円タイプをおすすめします!

■スマホの充電なら100均モバイルバッテリーにお任せ!

出典:筆者撮影

出先などで充電がどんどんなくなってしまっても、100均にすぐにチャージできるモバイルバッテリーが売っていれば安心ですよね。
中でもおすすめはダイソーのモバイルバッテリー。バッテリー容量など性能も申し分なく、何より500円(税抜)で買えちゃうのが◎!品質良し&コスパ良しで、おすすめですよ☆

ぐっち

小学生2人のママ。名古屋出身、文鳥に毎日愛をささげています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!