出典:photoAC

Lifestyle

お茶の種類は何パターンある?3タイプの加工で何通りもの違いが

お茶は、日本人には緑茶などをはじめとして毎日に欠かせない人もいるほどなじみ深く、もちろん世界中でも親しまれている存在です。さまざまな種類があるため、味や香りを楽しみながら、効果や効能を期待して飲んだり、気分に合わせて茶葉を選んだりすることもできます。
そんなお茶ですが、実は全てのお茶は同じ葉っぱからできているってご存知でしたか?味も香りも違うのに、不思議ですよね!

今回は、お茶の秘密から代表的なお茶の種類など、お茶にまつわる情報をまとめました。

■お茶の基本を知ろう!味の違いはなんで出るの?

緑茶やウーロン茶、紅茶など、お茶にはさまざまな違いがありますが、実は元は同じ茶葉からできています。ではなぜ違いがあるのでしょうか?

・すべてのお茶は、ひとつの茶葉からできている!

出典:photoAC ※写真はイメージです

茶葉の種類にはさまざまありますが、お茶はすべて同じ木の葉からできているんです。いろんな味や香りがあるのに、茶の葉っぱは1種類なんて驚きですよね。

・違いはどうして出るの?

出典:photoAC

では、味・香りの違いは、どうして出るのでしょうか?
味や香りの違いは、茶葉を加工する工程の差。お茶の葉がお茶として飲まれるまでにはお茶の葉を摘んで発酵や乾燥をさせて抽出という一連の流れがありますが、発酵する時間の差がお茶の種類の差となるのです。
例えば、日本人になじみ深い緑茶は「不発酵茶」という種類のお茶に分類されます。一方、中国などで親しまれているウーロン茶は「半発酵茶」といって発酵を途中で止めたお茶で、紅茶は「完全発酵茶」という種類に分類されます。

■不発酵茶ってこんなお茶!特徴と種類を紹介

不発酵茶には、いわゆる「緑茶」が当てはまります。味や香りの特徴や、どんな種類があるのかを紹介していきます。

・不発酵茶・緑茶の特徴とは?

出典:photoAC

茶葉を摘み取ったあとに熱を加えたり釜で炒ったりして熱を加えることで発酵を止め、揉んで乾燥させたものが「不発酵茶」です。日本で親しまれている緑茶は不発酵茶に当てはまりますが、緑茶には数多くの種類があります。
発酵しないことで他のお茶の種類よりも茶葉の栄養がお茶に抽出されやすく、カテキンやビタミンCなどが豊富。緑茶は健康にも良いお茶といえるでしょう。

・不発酵茶・緑茶の種類の一覧


緑茶の中でも特に有名なものを紹介します。

【煎茶(せんちゃ)】

出典:photoAC ※写真はイメージです

日光を遮らずに育てた新茶葉を摘み、すぐに蒸し→揉みの工程を行うお茶。甘みと渋みがあり、爽やかな飲み心地が特徴です。
緑茶の多くは煎茶で、コンビニなどで買えるペットボトルに入った緑茶もこの種類であることが多いです。

【玉露(ぎょくろ)】

出典:photoAC ※写真はイメージです

日光を遮って育てた茶葉を摘み、その後は煎茶と同じ工程で作られたお茶です。お茶の樹に布やワラをすき間をあけて掛け、遮光して栽培されているのでトロッとした濃厚な甘みと上品な味わいが特徴となります。

【抹茶(まっちゃ)】

出典:mamagirlLABO @yun_wearさん

近年、スイーツなどによく使われて人気の味である抹茶も、緑茶の種類のひとつ。揉みの作業を行わない「碾茶(てんちゃ)」と呼ばれる原料の茶葉を石臼で挽いた粉末状のものが抹茶です。深みやまろみのある味わいが特徴ですが、産地によって味わいに違いが出ることも。

■半発酵茶ってこんなお茶!特徴と種類を紹介

半発酵茶について調べてみました!

・半発酵茶・ウーロン茶の特徴とは?

出典:photoAC

半発酵茶とは、お茶が完全発酵する前(紅茶になる前)に発酵を止めたお茶の種類で、「ウーロン茶」のことを指します。発酵の度合いによって、お茶の呼び方が変わってくるんですよ。

・半発酵茶・ウーロン茶の種類の一覧

出典:photoAC

ウーロン茶の中でもよく知られ、親しまれている種類を紹介します。

【青茶(セイチャ)】
半発酵製法で作られたものの総称を青茶と呼び、ウーロン茶の代表格として親しまれています。青茶の中でもさらに細分化されていて、お茶の種類によって焙煎時間の差によっても味わいが変わり、緑茶のような清らかなものから、まるでコーヒーのようなコクのある味わいになる種類も。

【白茶(パイチャ)】
ウーロン茶の中でも発酵時間が短いお茶を白茶と呼びます。中国茶は月日が経つほどに風味が落ちるといわれていますが、白茶はその逆で、保存期間が長くなるほど栄養価が高くなるそう。中国などでは高級茶としても有名です。

■全発酵茶ってこんなお茶!特徴を紹介

全発酵茶は、いわゆる「紅茶」のこと。どんな特徴があるのか、見ていきましょう。

・全発酵茶・紅茶の特徴とは?

出典:photoAC

茶葉を発酵段階の最後まで完全に発酵させることで、香りや渋みが引き立つ深い味わいの紅茶になります。昔、イギリスなどではウーロン茶のようなコクのある味のお茶が好まれていましたが、イギリス人の好みに合わせて発酵を進めるうちに黒褐色の紅茶(英語でBlack tea)になったといわれています。

・全発酵茶・紅茶の産地と種類


紅茶は産地によって味が変わります。代表的な産地を紹介しましょう。

【インド】
世界第1位を誇る紅茶の産地です。また、消費量も世界1!インドは紅茶の国なのです。ダージリンやアッサムといった紅茶が有名。

【スリランカ】
セイロンティーの「セイロン」は、スリランカの旧国名。ディンブラやウバなどの紅茶が有名です。

そのほか、中国やケニアなども紅茶の産地として知られています。

■ママと赤ちゃんにやさしいノンカフェインのお茶は?

出典:mamagirlLABO @tomomiii.oさん

カフェインは胎児の発育に影響を与えるとされています。お茶の種類によってはカフェインを含んでいるものがあり、妊婦さんや授乳中のママさんにとって気になるもの。妊娠中のカフェイン摂取の目安量として厚生労働省ホームページでは1日200mgまでが好ましいと記載されています。
そんなときは、ノンカフェインのお茶の出番!スーパーなどでも手に入りやすい、麦茶やそば茶、ルイボスティーといったものがおすすめです。

なお、これまで紹介してきたどのお茶にも、基本的にカフェインは含まれています。農林水産省のデータでは、100mL中に含まれるカフェインの量は以下のようになっています。

煎茶…20mg
ウーロン茶…20mg
紅茶…30mg

どうしてもこれらのお茶が飲みたくなったときは、できるだけカフェイン量の少ない煎茶やウーロン茶を選ぶと◎です。

■お茶の種類を知って、リラックスタイムに役立てよう

お茶にはさまざまな種類があり、お茶によって発酵の度合いが違います。もともとは1種類のお茶の樹から採取されますが、発酵時間の差で味に違いが出てくるなんて、おもしろいですよね!
種類の違いを知ることで、お茶の飲み方や楽しみ方も変わります。今回の記事を参考に、それぞれのお茶の特徴をぜひ覚えて、楽しいティータイムを過ごしてくださいね。

ぐっち

小学生2人のママ。名古屋出身、文鳥に毎日愛をささげています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]