出典:@ sh16otaさん

Fashion

ストールとは?マフラーとの違いや特徴を解説!垢抜け見えする巻き方も

ストールと言えば、首元に彩りをプラスしてくれるファッションアイテムのひとつ。
シンプルなコーディネートに一点投入すれば、一気に華やかさがアップ!首元にボリュームが出て全体のバランスが整い、スタイルアップして見える効果も期待できます。 性別や年代、季節を問わず活躍するストールは、一枚以上持っているという方が多いかもしれませんね。

今回はストールをフォーカスし、その特徴やマフラーとの違い、定番の巻き方からアレンジ方法まで一挙にご紹介します。早速チェックしていきましょう!

■ストールとマフラーの違いは?

出典:photoAC

首に巻くアイテムとして似ているのがストールとマフラーですが、両者の大きな違いは使用する季節とサイズ。マフラーは主に冬を中心に着用するアイテムであるのに対し、ストールは素材を変えれば年中着用できるマルチなアイテムなのです。
ここでは、ストールの特徴について深堀りしていきましょう。

・生地の薄さ


マフラーと比べると生地が薄いのがストール。元々はショールとして使用されていたもので、マフラーよりもサイズが大きいのが特徴です。 コットンや麻など薄手のものから、ウールやカシミヤなど暖かな素材までバラエティ豊か。年中を通してコーデの一部として楽しめますね。

・防寒よりおしゃれ重視?


ストールとマフラーは似て非なるもの。防寒重視ならマフラー、アレンジ巻きや季節に合わせたファッションを楽しみたいならストールを選びましょう。
もちろんストールをマフラーの代わりとして使用するのも◎大判サイズが主流のストールだからこそ、折りたたんで厚みを出せば防寒機能もばっちりカバーできますね。

■ストールの種類は?

出典:@ sh16otaさん

ストールと一口に言ってもその素材や大きさ、形はさまざま。春夏用に使われる素材はコットンや麻、ビスコースなど肌触りが優しく、さらっとしたものが大半。一方、秋冬用はウールやカシミヤ、アンゴラなど保温性に優れた素材が主流です。
長方形のタイプが一般的ではありますが、スカーフのように薄手のものは正方形タイプが多いようです。特徴を見ていきましょう。

・長方形ストール


長方形のタイプならストール初心者さんでも扱いやすく、コーデのポイントにもなるのでおすすめ。一点投入でおしゃ見えコーデを狙うなら、ビビッドなカラーやチェックなど柄物を選ぶとよいでしょう。流行に左右されにくいので、一つあれば重宝しますよ。

・正方形ストール


薄手のストールやスカーフに多いのが正方形。正方形のストールをコーデに取り入れる際は、きっちり巻くのではなくややルーズに、ラフさを出すのがポイントです。
長方形と比べて存在感があるので、合わせるアイテムはシンプルに抑えるのがおすすめ。 大判のものならショールに見立てて、柄を際立たせるのも◎。小さめサイズは首元にゆるく巻けば、コーデのポイントになりますよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]