出典:photoAC

Lifestyle

夏に食べたい料理特集♡スタミナ料理や旬の食材のレシピを紹介

暑さが本格的になってくると、体がだるくなってきて、夏バテや熱中症を引き起こしてしまいます。そんな怖い病気にならないために、食べるということはとっても大切なことなんです。そこで今回は、夏に元気が出る料理や、夏に食べたいさっぱり料理の、簡単おすすめレシピをご紹介したいと思います。お肉や野菜をバランス良く取り入れて夏バテ予防を心がけましょう。

夏バテ予防料理には、疲労回復効果が期待できるビタミンB、体の調子を整える働きがあるといわれているミネラルが豊富な食材を入れることがポイントですよ。

 

■夏に作る料理はどんなものが良い?

まずは、夏バテを予防するためにはどんな料理を作れば良いのかをチェックしてみましょう。

 

・夏バテに効く食べ物を取り入れる

出典:photoAC

体力を消耗しがちな夏には、糖質の分解を補助し、エネルギーに変換してくれるビタミンBが大活躍します。ビタミンBが多く含まれている代表的な食材はレバー・うなぎです。調理が大変なレバーは、総菜でもOK。夏のごちそうにうなぎを食卓に出せば、家族も喜ぶし栄養価もあるしで一石二鳥ですね。

 

さらに夏野菜は、水分が多く含まれているので体を冷やす効果があるといわれています。夏野菜と言えば、ピーマン・ナス・トマト・オクラ・キュウリなどを思い浮かべるでしょう。体を冷やしてくれるだけでなく、旬野菜とだけあって、味も別格。食欲がないときは、冷たいトマトやキュウリを食べるだけでも夏バテ防止に繋がりますよ。ただし夏野菜はとりすぎるとお腹が冷えやすくなってしまうので注意してくださいね。

 

・適度に冷たいものも取り入れて

出典:photoAC

夏バテ予防するためのスタミナ料理と聞くと、肉!丼!などのイメージが強いかもしれませんが、食欲がないときにガッツリ料理を食べたいとは思わないでしょう。軽く食べられるところてんや、そうめんなど適度に冷たい食べ物も取り入れることも重要なんです。ですが、あまり冷たいものばかりを食べていると、お腹が冷えて体調不良の原因となるので、あくまで適度にということを忘れずに。

 

・さっぱりとした味つけだと食べやすいかも

出典:photoAC

食欲が湧かないときは、さっぱりとした味つけの料理だと比較的食べやすいかもしれません。お酢や柑橘系の果汁などが、さわやかな風味に一役買ってくれますよ。そして栄養バランスを整えやすい和食料理をメインに毎日の献立を考えてみてくださいね。和食だと、食べやすいさっぱりとした味つけの料理もたくさんありますよ。

 

■夏に作りたいおすすめの定番レシピをご紹介

ここで紹介するのは簡単なレシピのものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

・おかずにもなる!夏野菜たっぷりのスープ

出典:photoAC

じゃがいも・人参・玉ねぎ・ズッキーニ・トマト・ベーコンを1cm角に切っておきます。
鍋に水と切った食材を入れ、火にかけます。
野菜が柔らかくなってきたらコンソメを入れ、
最後に塩とごま油で味を整えたら完成です。

 

食欲がなくても食べやすく、野菜たっぷりなので、おかずにもなる栄養満点のスープです。野菜はお好みのものを入れてくださいね。野菜の消費にも最適☆

 

・食欲を掻き立てる生姜焼きは夏バテ防止にピッタリな料理

出典:photoAC

すりおろした玉ねぎと生姜・酒・醤油・みりん・酢を合わせておきます。
フライパンにごま油を入れて熱し、豚肉を炒めます。
火が通ったら、合わせておいた調味料を加え、全体に味が回れば完成です。

 

定番の生姜焼きは、それぞれのおうちで良く作っているでしょうから、少しアレンジした生姜焼きをご紹介しました。玉ねぎのすりおろしを入れることがポイント☆豚肉と生姜には疲労回効果が期待できる栄養素がたっぷり入っていますよ。

 

・塩分と糖分がバランス良く摂取できる冷や汁

出典:photoAC

キュウリは輪切りにし、塩もみ、大葉は千切りにしておきます。
すり鉢に鮭フレークと味噌を入れ、練り合わせたら、冷たい水を少しずつ加えます。
ちょうど良い味に決まったら、キュウリと大葉を入れ、生姜を添えれば完成です。

 

これは、まさに冷や汁という名の冷たい味噌汁ですね。鮭フレークを使うことで、だし汁を準備する必要もないのでとってもお手軽。ごはんにも合うので、冷や汁をかけて食べても良さそうです◎

 

・栄養満点なだけでなく、彩りもきれいな夏野菜のカレーライス

出典:photoAC

玉ねぎ・人参・トマト・オクラ・ナス・パプリカ・カボチャを一口大にカットしておきます。
鍋に油をひき、火が通りにくい野菜から炒めていきます。
野菜を8割ほど炒めたら、豚ひき肉を入れ、色が変わるまで炒めます。
水を入れ、15分ほど沸騰させたら市販のカレールーを入れ、お好みの水分量になるまで煮込んだら完成です。

 

好きな料理アンケートで常に上位に位置するカレー。夏もスパイシーなカレーで暑さを吹き飛ばしましょう。夏野菜は、彩り豊かなものが多いので赤・黄・緑の野菜を入れることでカフェ風映えカレーへと仕上がるでしょう。

 

・実は夏バテに効果的!毎食の献立の一品にできる漬物

出典:photoAC

キュウリやナス、スイカの皮やズッキーニなど、好みの野菜を一口大にカットします。
ジップつき保存袋にカットした野菜と、塩昆布を入れて軽くもみ、30分~1日冷蔵庫に置けば完成です。

 

漬物は、ミネラルとビタミンが手軽に摂れる万能副菜です。市販の漬物でも良いですが、塩昆布があれば簡単に作れるので、ぜひ好みの野菜を使って手作りしてみてください。一度に数種類の漬物を作り、お皿に少しずつ盛りつければ居酒屋メニュー風にもなりそう♡


 

■栄養バランスの良い食事を心がければ夏バテも怖くない!

出典:photoAC

夏バテは、自ら予防することのできる病気です。夏は海に花火、BBQなど楽しいことが盛りだくさん!夏をしっかり満喫するためにも毎日3食、栄養バランスの良い食事を心がけ暑い夏を乗り切りましょう。

ちい

3歳差兄妹のママ♡
週末に子どもたちと出かけるのを楽しみに毎日仕事頑張っています(笑)
【Instagram】chi.79sw
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!