出典:@ yuca0614 さん

Lifestyle

バスタオルは今治タオルを使いたい!何がいいの?魅力とおすすめを紹介

愛媛県今治市に本店がある『今治タオル(いまばりたおる)』は、本物志向の人におすすめの日本が誇る高品質のタオルブランド。触り心地もさまざまな今治タオルは、自分の好みに合わせて選べるのも魅力です。お風呂あがりに体を包みこむバスタオルを今治タオルにするのもおすすめ。お風呂上りに至福のひとときが味わえますよ。

今治タオルは触り心地以外にも魅力がいっぱい。贈り物としても人気の今治タオルの人気の秘密に迫りましょう!
 

■今治タオルについて詳しく解説!

今治タオル、名前は聞くけど詳しくは知らないという人もいるのでは?ここでは、今治タオルの歴史や特徴を紹介します。 


 
 

・選び抜かれた今治タオルとは?

出典:photoAC

今治タオルとは、愛媛県今治市で作られたタオルのうち、厳しい品質基準をクリアしたものだけが冠することのできるブランド名。今治で作られている全てのタオルを指すわけではありません。
品質基準には、吸水性、脱毛率、パイル保持など10以上の項目があり、これらすべてをクリアしたものに今治タオルのブランドマークのロゴが織り込まれます。 
 

・今治タオルの歴史って?

出典:筆者撮影

本格的なブランド戦略が行われ始めたのは2007年頃。もともと今治では、1894年頃からタオルの生産が始り、世界的に高い評価を得ていました。しかし、産地を知っている人は全体の2割以下。

そんな今治タオルのブランディング戦略の一環として作られたのが、お馴染みのロゴマーク。
シンプルながら印象に残る今治タオルのロゴマークには、さまざまな思いが込められています。
太陽をモチーフにした赤色は、今治タオルが世界から注目を集めていること、今治タオルにかける職人や地元関係者の強い想いや情熱、日本の象徴などを表しています。
海、空、水をモチーフにした青色は、今治タオルのこれまでの歴史や伝統、品質や安全性を。
そして空に浮かぶ雲をモチーフにした白色は、また使いたくなるようなタオルのやわらかさ、清潔感、お客様に対する誠実な気持ちなどの表れだそうです。 

・今治タオルブランドの特徴は?

今治タオルの一番の特徴は、吸水性に優れていること。今治タオルには、タオル片を水に浮かべたときに5秒以内に沈み始めるかどうかという「5秒ルール」があり、それが品質基準のひとつにもなっています。基準をクリアしたタオルは、水通しをしなくても使用することができるほどの吸水性。水分を素早く吸収するので、お風呂上りにぴったりです。
また、今治タオルは綿の特性を最大限活かした製造法と今治のやわらかい水で、色落ちしにくくやわらかい肌触りを実現。柔軟剤を使用しなくてもふんわりとした触り心地が魅力です。
さらに、今治タオルは脱毛率が非常に低いのも特徴。高品質な繊維長の長い綿花を使用することで、脱毛を防いでいます。 

■今治タオルはどこで買えるの?

出典:photoAC

ここでは、今治タオルが購入できる店舗を紹介します。

 

・百貨店

 

今治タオルは、「三越伊勢丹」や「高島屋」、「大丸」などの百貨店ギフト売り場にも並んでいます。百貨店限定のものや箱詰めのセット商品など品ぞろえも豊富。ぜひ、百貨店に行く際には覗いてみてくださいね。ラッピングもしてくれて、すぐに持ち帰りができるので、急な贈り物にもおすすめです。

・直営店

やわらかいタオルがいいか、張りのあるタオルがいいか、頑丈なタオルがいいか。実際に見て触って選びたい人におすすめの直営店。タオルソムリエが在中し、ぴったりの一品をセレクトしてくれるのも魅力です。直営店は「今治タオル 本店」、「今治タオル 南青山店」、「今治タオル 今治国際ホテル店」、「今治タオル 松山エアポートストア」があります。
また、横浜には、今治タオル認定ブランドを販売する「今治浴巾(いまばりよっきん)」があり、心地よさをテーマとしたこだわりの今治タオルを取り扱っています。

・ネット通販 

出典:photoAC

公式オンラインストアでは、ウェディングやベビーギフト、ちょっとしたプレゼントなど目的別に分けられているので選びやすさも魅力です!いろいろなメーカの商品が一気に見られる通販は、ラインナップも充実しています。
バスタオルの色やデザインもさまざま。ハンカチやミニバスタオルなど用途に合わせた大きさも選べますよ。お気に入りの今治タオルが見つかることまちがいなしです。
そのほか、「楽天市場」や「Amazon(アマゾン)」、ウェディングサイトなどでも購入可能です。時期によっては、セール価格で購入することもできますよ。

Recommend

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]