出典:PhotoAC

Lifestyle

マスクがニキビの原因に?正しいケアで予防しよう!できたときの対処法も

新型コロナウイルス対策でマスクをつける機会が増えている今、肌トラブルでお困りの方が多いのではないでしょうか。暑い中マスクをすることで蒸れてしまい、ニキビや肌荒れ、痒みなど、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。今回は、マスクによる肌荒れの原因や最適なスキンケア方法などをご紹介していきます。

なぜマスクをつけていると肌荒れが起こるのでしょうか?いくつかの原因や、対策を見ていきましょう。

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■長時間のマスク着用が肌トラブルを引き起こす原因に!

withコロナでマスクでの生活を余儀なくされていますが、長時間つけていることによって肌にはかなり負担がかかっています。考えられる大きな原因はふたつあります。

・マスクと肌が擦れることによる摩擦ダメージ

マスクをつけると鼻の上から顎の下まで覆われますが、このときマスクの繊維が直接肌にふれているため擦れてしまいます。マスクをつけたり外したりすることで摩擦が生じ、肌に小さな傷がついて雑菌が入り込んでしまうことが、ニキビや肌荒れに繋がる原因のひとつと考えられます。

・乾燥肌が進む?温度や湿度の変化で水分が蒸発

出典:PhotoAC

マスクの内側は呼吸によって温度も湿度も高くなっています。常に蒸れた状態となっていますが、マスクを外すと肌についていた水分が一気に蒸発してしまいます。
マスクのつけ外しを繰り返すことにより温度差や湿度差を受けた肌はどんどん乾燥が進み、次第に肌荒れを引き起こしてしまうようです。

■すぐにできる!マスクによる肌荒れ予防法

マスクを快適につけるためには、肌荒れを起こさないようにしっかり予防することが大切です。

・丁寧なスキンケアが大切!保湿は普段よりたっぷりと

出典:PhotoAC

マスクによる摩擦や乾燥を防ぐために大切なのは、なにより保湿をしっかりと行うこと。なるべく肌への負担が少ない低刺激性の化粧水や乳液、さらに保湿クリームなどを使って丁寧に保湿しましょう。
また、マスクをつける前や、化粧直しなどでマスクを外したときにも保湿してあげると、さらに保湿効果が上がりますよ。

・刺激が強い不織布マスクはなるべく避けて

出典:PhotoAC

不織布マスクは、布マスクなどに比べて固めの素材を使っているため、刺激を受けて弱くなっている肌がさらに傷ついてしまいます。
肌のためには、なるべく不織布マスクを使わないことがベストです。使い捨てマスクなら、保湿効果のあるものを選ぶと肌にも優しく衛生的です。
もし不織布マスクしかない場合は、ニキビや肌荒れ対策として間にガーゼを1枚挟んであげましょう。そうすることで、ガーゼが肌とマスクの摩擦を防いでくれますよ。

・肌にも優しい!通気性が良い綿素材のマスク

出典:mamagirlLABO @ peechan_0601さん

直接肌にふれるマスクは、長時間つけることで肌への負担がどんどん大きくなります。
毎日のようにつけるものだからこそ、なるべく肌に優しい素材で作られたマスクを使いたいですよね。
@peechan_0601さんは、綿素材で大人用と子ども用のマスクを手作りしています。不織布マスクより通気性が良いため肌への刺激も少なくなり、自分の顔に合ったサイズのマスクをつけることで肌への摩擦も軽減できます!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE