出典:@ tuntandayoさん

Lifestyle

出汁パックでおいしい出汁が簡単に!人気商品と自家製レシピ、アレンジも

和食には、鰹節や昆布などから取る出汁の旨味を活かして作る料理も多く、出汁の味が料理の決め手となることも。しかし、料理の度に出汁を取る作業は結構たいへん。そこでおすすめなのが出汁パックです。出汁パックはティーバッグのようになっていて、昆布、鰹節、煮干しなどの出汁を取る素材が入っています。鍋の水やお湯にぽんっと入れて煮出すだけで簡単に出汁が取れ、こす必要もないので時短料理にも最適なんです。

出汁パックは、ダイエット料理にも使えると注目され、出汁パックを使ったレシピ本も話題に。今回は、そんな出汁パックについて、種類や使い方、取った出汁の保存方法などをご紹介します。さらに、自家製出汁パックの作り方や市販のおすすめ商品、使い終わったパックの中身を利用する方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

■出汁パックはどうやって使うもの?一般的な使い方をチェック

出典:photoAC

出汁パックには大きく分けて、出汁素材のみのタイプ、出汁素材に旨味調味料が混合されたタイプ、旨味調味料のみのタイプの3種類があり、煮出し時間などの使い方が異なります。
ここでは、出汁素材が入っている出汁パックの一般的な使い方をご紹介しましょう。

・出汁素材のみのタイプなら5〜10分の煮出し時間

出典:@ chachu_starさん

出汁素材のみが入ったタイプの出汁パックは、旨味調味料や塩、しょう油などの調味料は含まず、写真のように、昆布や鰹節などのだしを取るための素材だけで作られています。保存料なども無添加なものが多く、旨味成分からの風味と香り豊かな出汁が取れますよ。塩分も加えられてないので、離乳食作りにもおすすめ。
こちらのタイプは5~8分の煮出し時間が必要ですが、粉末状の場合は3~5分で良いものもあります。

・旨味調味料も入っているタイプなら5分以内でOK

出典:@ chachu_starさん

出汁素材に旨味調味料が混合されたタイプかどうかは、写真のようなパッケージの原材料名の記載を見るとわかります。出汁素材に旨味調味料をはじめ、酵母エキスや塩、しょう油などもミックスされ、煮出し時間が5分以内で済むものがほとんどです。
取れた出汁は、出汁素材からの旨味成分で風味も良く、すでに味がついているので料理の味つけを助けてくれますよ。料理をさらに時短でおいしくすることができます。

・使う水の量はパッケージに記載されている通りに

出汁パックを煮出すのに使う水の量は、商品ごとに適した分量があります。商品のパッケージに記載されている通りに用意しましょう。例えば、600mlに1パックを入れる、などのように書かれています。特に、塩やしょう油などの調味料が混合されているタイプは、水の量を守らないと塩分などの味が濃くなり過ぎたりするので注意が必要です。

・水に出汁パックを入れて沸騰させて使う

出典:photoAC

出汁パックのうち、出汁素材入りのタイプは、基本的に水の状態から入れて使います。パックの中にある昆布やいりこから旨味成分が出やすくなるように、できれば数分~10分くらい浸けておいてから、加熱して沸騰させましょう。沸騰したらすぐ、お湯を切るようにして出汁パックを取り出しましょう。

■簡単&便利!出汁パックで取った出汁の保存方法をご紹介

出典:photoAC

出汁パックで出汁を取ったら、料理によっては少量しか必要なく、一度に使いきれないこともあります。また、時間のあるときに作り置きしておけば、忙しいときにもすぐ使えて便利です。そこで、出汁パックで取った出汁の冷蔵と冷凍の保存方法をご紹介しましょう。

・冷蔵保存したい場合

出汁パックで取った出汁は、冷蔵の場合、一般的に3~4日間保存できますが、できるだけ早く使いましょう。出汁パックで出汁を取ったら、良く冷ましてから、ピッチャーやボトル、タッパーなどの保存容器に移して冷蔵庫で保存しましょう。
冷蔵の場合は、そのまま鍋に移したり合わせ調味料に混合したりして使えて便利です。

・冷凍保存したい場合

出汁は、冷凍保存しておくこともでき、冷蔵よりも長期に保存できますよ。
良く冷ました出汁を製氷器やタッパー、フリージングパックなどに入れて凍らせます。製氷器の場合は、凍ったら取り出して、フリージングパックに入れておくと、匂い移りも防げ、使う際に必要な分だけすぐ取り出せて便利です。
3週間くらい持ちますが、冷凍庫内の匂いを吸ってしまったり香りが損なわれたりして風味が変わっていくため、早めに使いましょう。使う予定があるときは、前もって冷蔵庫へ移しておくと解凍されて使いやすいですよ。

■簡単にできる!自家製出汁パックのレシピをご紹介

出汁パックは、材料をそろえれば簡単に家でも作れます。無添加で安心して使える、わが家の自家製出汁パックを作ってみませんか?
必要な材料と作り方例をご紹介しましょう。

・まず材料をそろえよう

出典:@ chachu_starさん

昆布、煮干し、鰹節などのお好みの出汁素材と、だしパック用の袋を用意します。袋には、そのまま煮出せるように、写真のようなお茶パックを使うのが簡単です。お茶パックは、100均でも手に入りますよ。

・作り方は簡単!下準備して詰めるだけでOK

昆布は、キッチンばさみで5cmくらいに切ります。時間に余裕があれば、切り込みを入れておくとより旨味が引き出せますよ。お好みでかまいませんが、煮干しは頭や腹わたを取っておくと、魚臭さやえぐみが出にくくなります。離乳食に使うための出汁を取りたい場合は特に、雑味や苦味を無くすためにおすすめです。

出典:@ chachu_starさん

下準備ができた昆布、煮干し、鰹節を順番にお茶パックに入れたら、上部をくるっと返してフタをしていきます。上の写真は1袋に入れる分量の例ですが、昆布と鰹節のみ、昆布と煮干し、など組み合わせや量はお好みで加減してくださいね。
出汁パックを手作りする場合は、お好みの材料で作れるので、素材ごとに風味や産地などにこだわって合わせてみるのも楽しいですよ。いろいろ試して、お気に入りの風味を見つけてくださいね。

・自家製出汁パックの保存方法

出典:@ chachu_starさん

自家製出汁パックは、一度に多めに作って保存しておくと便利です。作った出汁パックは、写真のようなタッパーや缶、ガラス製キャニスターなどの密閉できる容器に入れて、酸化や湿気を防ぐため、直射日光の当たらないできるだけ涼しいところに置いて保存しましょう。

■おすすめの出汁パックは?人気商品をチェック!

市販の出汁パックは種類が豊富なので、用途に合わせて、出汁のみタイプや旨味調味料入りタイプから、原材料などをヒントに選びましょう。おすすめの人気商品をそれぞれご紹介します。

・出汁のみが取れるタイプ

出典:mamagirlLABO @ mujico625さん

写真の『無印良品』から発売されている「国産素材を使っただしパック 煮干しとかつお・昆布」80g(8g×10袋) 550円(税込)は、お湯で煮出すだけで本格的な出汁が取れる国産素材を使った出汁パック。自然な甘みが特徴で、食材の持つおいしさを引き出してくれますよ。味噌汁や野菜の煮物におすすめです。
鰹節と昆布のみの出汁が取れる「国産素材を使っただしパック かつおと昆布」80g(8g×10袋)590円(税込)もあります。

出典:@ chachu_starさん

スーパーなどで購入できる、写真の『シマヤ』から販売されている「だしてんねん」64g(8g×8袋)216円(税込)は、天然素材の出汁パック。鰹節の他、いわし節、煮干し、昆布、椎茸も入って4種類の旨味成分がミックスされた本格的な澄んだ出汁が取れます。しかも、お手頃価格の高コスパでおすすめですよ。

・旨味調味料入りで味つけがしやすいタイプ

出典:読者提供

写真左側は、『久原本家』のだしブランド「茅乃舎(かやのや)」から発売されている定番人気の「茅乃舎だし」8g×30袋 1,944円(税込)。国産原料にこだわって作られた焼きあご入りの風味豊かな和風だしです。焼きあごの他、鰹節、うるめいわし、真昆布を合わせて粉末にし、海塩やしょう油、発酵調味料を加え、味をつけています。
化学調味料や保存料は無添加で、味噌汁から煮物まで幅広い料理に使え、味つけがしやすいですよ。粉末タイプなので、袋から出して調味料としても使えます。

出典:@ tuntandayoさん

写真の『千代の一番』から発売されている「千代の一番 一本釣り鰹 和風だし味彩」8g×10包入り648円(税込)は、原産地にもこだわって厳選された国産素材を使った和風だしです。鹿児島県産一本釣り鰹の本枯れ節と荒節、道北産天然利尻昆布、九州産原木栽培椎茸から、独自の製法で、深い味わいの旨味が生み出されています。
出汁の旨味とともにベースとなる味つけができているので、料理が簡単においしく作れ、プロの味に近づけますよ。通販サイトの他、有名百貨店などでも扱われていて、忙しい方にもおすすめの人気商品です。

■使い終わった出汁パックは?利用法をご紹介!

おいしい出汁を取り、使い終わった出汁パックの中身であるだしがらを、捨てるのはまだもったいない!実は、だしがらはまだ利用できるんです。昔から行われてきた、エコな生活の知恵をご紹介しましょう。

・乾燥させてふりかけにチェンジ

 

出典:photoAC ※写真はイメージです

だしがらは、乾燥させてふりかけにできますよ。使い終わった出汁パックの中身を取り出し、細かく刻んだら、熱したフライパンで空炒りして水分を飛ばします。砂糖、しょう油、みりん、ごまなどを加えて甘辛く味つけすると、ふりかけのでき上がりです。お好みで青のりを混ぜてもおいしいですよ。

・ほうれん草などの野菜と混ぜて副菜に

出典:photoAC ※写真はイメージです

だしがらの鰹節や昆布は、細かく刻んで料理に使うこともできます。ほうれん草などの野菜と混ぜて、出汁としょう油、めんつゆなどで味つけし、和え物などの副菜が作れますよ。そのまま、炊き込みご飯の具材として加えてもおいしく食べられます。

■出汁パックで旨味をたっぷり効かせて料理を時短でおいしく!

出汁パックを使うと、忙しいときも簡単に、時短でおいしい出汁が取れます。旨味成分がたっぷり詰まった出汁を活用すると、料理が薄味においしく仕上がり健康にも良いですよ。出汁は取らない派の方も、この機会にぜひ出汁パックを使ってみてくださいね。

ぺる

反抗期の子どもとのバトルな日々を楽しむママです。趣味は、コーヒーと映画と書道。それから、雑貨や文具、インテリアを見て歩くのが好きで、街ぶらでお店を見つけると吸い込まれてしまいます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!