出典:@ chachu_starさん

Lifestyle

グリーンネックレスで幸運を呼び込もう!育て方や増やし方もご紹介

グリーンネックレスは、その名の通り緑色の小さな玉のような形の葉が数珠繋ぎに連なり、まるでネックレスのように見える、つる性の多肉植物です。学名は“Senecio rowleyanus”。日本では“緑の鈴”、英語名では“String-of-beads senecio”と呼ばれ、かわいらしい姿からインテリアとしても人気があります。水やりはさぼり気味で良く、比較的育てやすい植物です。

今回は、人気の多肉植物、グリーンネックレスについて、おすすめポイントや購入できる場所、育て方などをご紹介します!さっそく、グリーンネックレスの魅力について迫っていきましょう。

■インテリアにもおすすめなグリーンネックレスの魅力を徹底紹介!

出典:photoAC

グリーンネックレスは、葉がころんと丸く、長く垂れ下がった姿もかわいらしくて、インテリアグリーンとして人気です。魅力満載のグリーンネックレスについて、おすすめポイントをご紹介しましょう。

・丈夫なので屋外でもOK

出典:photoAC

グリーンネックレスは、もともと砂漠などの乾燥地帯で生育する植物で、屋外で育てることもできます。ただし、生育の適温は15~25度なので、夏季は直射日光が当たらない明るい日陰に置き、冬季は気温が下がってきて3度を下回るようになったら室内へ移動させましょう。

・季節問わず入手しやすい

グリーンネックレスは、季節を問わず店頭で見つけることができ、比較的手に入りやすい植物。育てたいと思ったときにいつでも始められるのも魅力です。夏季は涼しい店内に置いてある場合もあるので、探してみてくださいね。

・風水的にもおすすめと言われている

風水では、丸いものは幸運を招き、金運や出世運にも通じるとされ、特に玄関に置くと良いといわれています。また、垂れ下がって揺れることや緑色のものも、風水的に良縁や幸運を呼び寄せ吉運をもたらすものとされているんです。グリーンネックレスにはその3つがそろって縁起が良く、運気を上げてくれそうですよね。
グリーンネックレスの花言葉は、健やかな成長、豊富、青春の思い出。丸い葉をたくさんつけながらどこまでもすくすくと茎を伸ばし成長していく姿からつけられたそうですよ。

・花が咲くとさらにかわいい!

出典:photoAC

グリーンネックレスの開花期は、9~12月頃。写真のように、丸い葉のつけ根から伸びた花茎の先に白い花を咲かせます。ひとつの花のように見えますが、実は筒状の小花が密集しているんですよ。紫色に見えるのは、ひとつずつの小花から出ているおしべで、甘い香りを楽しませてくれます。

■グリーンネックレスはどこで購入できる?

出典:@ chachu_starさん

さっそくグリーンネックレスを育てたくなった方のために、グリーンネックレスが購入できるところをご紹介します。ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

・ホームセンターの多肉植物コーナー

グリーンネックレスは、ホームセンターの園芸コーナーに年中出回っていて、比較的手に入りやすい植物です。多肉植物のコーナーには、写真のようなポット苗や簡単なハンギング鉢に入った苗が販売されています。

・植物センターや植物園にも

各地にある植物センターや植物園には、多肉植物を観察できるところもあります。多くの種類が集まっていて見ごたえがありますよ。また、植物センターや植物園では、ポット苗をたいへん安価で購入できるところもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

・花屋で売っている場合も

出典:photoAC

花屋でも、鉢入りのものを扱っている店舗では、グリーンネックレスを販売している場合があります。かわいいデザインの鉢に入ったセットや、他の多肉植物との寄せ植えの形になっているものが多くありますよ。そのままおしゃれに飾れるので、プレゼントにしたい場合にもおすすめです。

・できるだけアドバイスしてくれるところで購入しよう

出典:photoAC

その他にも、おしゃれな雑貨店やインテリアショップなど、いろいろなところで出会えるグリーンネックレス。長く元気に育てるために、できるだけアドバイスがもらえるところで購入するのがおすすめです。

購入時はもちろん、後から世話の仕方で困ったときにも相談に乗ってもらえると心強いですよね。店舗によっては、グリーンネックレスと良く似た種類の違う植物を、いっしょに販売していたり、グリーンネックレスとして販売している場合もあります。種類によって育て方が違うので注意しましょう。
ホームセンターでは、土や肥料、鉢などの必要なものがそろい、植物や園芸に詳しい知識を持った店員さんがいる場合も多いので、相談しておくと助かりますよ。

■グリーンネックレスの育て方!置き場所やお世話の仕方をご紹介

グリーンネックレスは、すくすくと長く伸び、たくさんの葉をつけて成長します。上手に育てて大きくしたら、株を増やすこともできますよ。適した置き場所や肥料、水のあげ方、増やし方や剪定方法まで、グリーンネックレスの育て方をご紹介します。

・おすすめの置き場所はどんなところ?

出典:photoAC

グリーンネックレスの原産地は、アフリカ南西部。砂漠地帯で自生する、厳しい乾燥にも強い植物です。風通しの良い、日が当たるところで育てましょう。とはいえ、強すぎる日差しには弱いため、特に夏季は直射日光が当たらないように注意し、明るい日陰を探して置くのがおすすめです。
逆に涼しくなる秋口から春は、日差しが柔らかいため、できるだけ日当たりの良い場所に置くようにしましょう。

出典:photoAC

グリーンネックレスを室内で育てる場合は、レースのカーテン越しなど、柔らかく日が当たるような窓際に置くのがおすすめです。

・肥料のやり方と時期は?

グリーンネックレスは栄養分が少ない土でも生育でき、肥料はあまり必要としません。植えつけの際に元肥を施したら、春と秋の生育期に液体肥料を与えます。生育期に追肥することで、より葉が元気になり艶も出てきますよ。肥料は基本的に少なめにし、規定の濃度や量より減らして与えましょう。

・増やし方は?植え替えと挿し木・株分けについて

出典:photoAC

グリーンネックレスは、成長するにつれ植え替えをすると、さらに元気に大きくすることができますよ。植え替えは年1回くらい、時期は生育期の春・秋が適しています。鉢が小さくなり、根が鉢底から出てきたときがおすすめです。植え替えする際は、新しい鉢に、多肉植物用の培養土と規定より少なめの肥料を混ぜて入れましょう。
また、葉が変色するなど弱っているときにも、植え替えをすると元気を取り戻せることがありますよ。

生育期には、大きくなったグリーンネックレスから、挿し木や株分けをして増やせます。グリーンネックレスは、土に葉がふれているだけで根づいてくれるので、元気な茎を10cmほど切って、新しい土を入れた鉢に乗せて置くだけで挿し木ができますよ。
株分けは、植え替えのときに、土を落とした株を根本から2~3個に分けて植えつける方法です。小分けになった株を、またそれぞれ育てて大きくしましょう。

・水のあげ方は?年間の生育サイクルをチェック

出典:@ chachu_starさん

グリーンネックレスは蒸れに弱く根腐れしやすいため、過湿状態は避けたい植物です。基本的に、水やりの回数は控えめにします。また、生育期の春秋、夏季、冬季で水やりの仕方を変えるのがポイントです。次のように、1年間の生育サイクルに合わせて水をあげましょう。

【春の生育期】
4~6月には、土の表面が乾いたらたっぷり水をあげますが、6月後半から少しずつ水やりを控え、土が乾いても2~3日してから水をあげるようにします。
【夏季】
7~9月中旬頃まではさらに水やりの頻度を減らし、土が乾いても3~5日してから水やりをしましょう。
【秋の生育期】
9月後半~11月中旬頃は再び成長が活発になるので、土が乾いたら、またたっぷりと水をあげるようにします。
【冬季】
11月下旬から3月までは、土がカラカラな状態になってから水やりをすればよいので、土が乾いてから1~2週間してからにしましょう。目安は1カ月に1回でも大丈夫です。

また、グリーンネックレスは、丸い葉の中に水分を貯めています。水が不足すると葉がしぼむので、そんな状態になっていたらすぐに水をあげましょう。

・剪定方法と時期はいつごろ?

グリーンネックレスは、蒸れに弱い植物なので、夏前に剪定して切り戻しをしておくのがおすすめです。時期は、3月後半~6月中頃までが適しています。根本から10~15cm程のところで茎を切りましょう。切り落とした茎は、挿し木にできますよ。
また、葉の色が変わって元気がない株や、葉が落ちて少なくなった株は、根本から5cm程のところでカットして切り戻しをしてやると、再び元気になることがあります。弱った株は、剪定と同時に植え替えをしてみるのもおすすめです。

■幸運を呼ぶグリーンネックレスはお部屋のインテリアにおすすめ

かわいらしくて風水的にも縁起が良いグリーンネックレスは、インテリアにぴったり!幸運を呼ぶ植物のお世話をしながら、大きく育ててみませんか?育て方や増やし方もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ぺる

反抗期の子どもとのバトルな日々を楽しむママです。趣味は、コーヒーと映画と書道。それから、雑貨や文具、インテリアを見て歩くのが好きで、街ぶらでお店を見つけると吸い込まれてしまいます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!