出典:韓国からのトレンド♡手作りビーズアクセが夏のファッションに映える@ mrkw_ayakaさん

Fashion

ネックレス のチェーン徹底解説!デザイン・長さ・素材の種類やコーデ例も

おしゃれには欠かせないアイテムのひとつでもあるネックレス。一口にネックレスといっても、長さ・素材などさまざま種類があるため、「どうやって選べばいいのかわからない…」なんて人も少なくないはず。そこで今回は、ネックレスの種類を詳しく紹介します!

服装に合ったネックレスが知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■ネックレスの長さと名称をそれぞれ解説!

まずは、ネックレスのチェーンの長さとその名称を見ていきましょう。これさえ知っていれば、手持ちのネックレスが切れた場合は元通りに修理したり、好みで長さを変えることもできますよ。

・【チョーカー:約35〜40cm】首元を華やかに演出☆

出典:韓国からのトレンド♡手作りビーズアクセが夏のファッションに映える@ maoopyさん

首にピタっと沿う長さの“チョーカー”は、短めなのでデコルテの見えるトップスと相性バツグンです。カジュアルスタイルから、パーティースタイルにも活用できます。

・【プリンセス:約40〜45cm】定番で使いやすい!

出典:photoAC

多くのブランドで採用されている定番の長さが“プリンセス”です。パールを使用した、冠婚葬祭用のネックレスに多いのもプリンセスで、着ける人を選ばない万能タイプ。

・【マチネ:約50〜55cm】カジュアルさと上品さが同居♡

フランス語で、朝・午前という意味を持つ“マチネ”。昼の社交界でつけられたといわれる長さで、ペンダントトップをつけると胸の上部の辺りになります。

・【オペラ:約70cm以上】ドレッシーな雰囲気☆

夜に開催される公演にも使われる“オペラ”は、夜のパーティーに最適なネックレスの長さも表現!ペンダントトップをつけるとみぞおちの下辺りになる長さです。

・【ロープ:約107cm以上】2連や3連にしても使える!

縄という意味もある“ロープ”は、長さがあるのでそのまま1連で使用するだけでなく、2連や3連にしてもOK!存在感があるので、シンプルスタイルに合わせるのがおすすめです。

■一般的なネックレスのチェーンの種類とは?

ネックレスのチェーンによって印象が変わりますが、どんな種類があるのかチェック!

・【ベネチアンチェーン】エレガントに着けられる

なめらかな質感のベネチアンチェーンは定番のスタイルの一つです。四角のパーツを縦と横に交互に組み合わせていて、他のチェーンと比べるとパーツごとの間隔が狭いのが特徴。ラインがスマートなので、上品さを演出してくれます。着け心地もバツグンです!

・【アズキチェーン】カジュアルスタイルにも

出典:photoAC

トレンドにとらわれない定番スタイルのアズキチェーン。ネックレスの中で最もスタンダードなものと言えます。小さな輪っかが連結されたチェーンで、デザインが主張しすぎないため、ペンダントトップが映えます。

・【キヘイチェーン】存在感バツグン

キヘイチェーンは、重厚感のある雰囲気。アズキチェーンのように小さな輪が連なってできているのが特徴です。アズキチェーンとの違いは、連結した小さな輪がそれぞれ90度にひねられているところ。そのため、全ての輪が正面を向いていて密度が高くなっています。ボリューム感や存在感を楽しめるデザインですよ。

・【カットボールチェーン】マルチに活躍!

出典:photoAC

かわいいフォルムのカットボールチェーンは、ボール状のパーツが連なってできており、動きに合わせて丸い粒が輝きます。上品な服装はもちろん、カジュアルな服装にもマッチします。

・【スクリューチェーン】繊細で上品な印象に

出典:photoAC

ひねりを加えたデザインのスクリューチェーンは、繊細かつ上品な雰囲気にピッタリ。存在感もバツグンで、華やかさもプラスしてくれます。

・【テーパーチェーン】華やかでスタイリッシュ

テーパーチェーンは、縦長のパーツが並んでいるのが特徴。カットした面のきらめきが華やかです。細長いパーツが連なることでスタイリッシュな印象を与えてくれます。

・【オメガネックレス】落ち着いた印象に

出典:photoAC

ラインが美しいオメガネックレスは、エレガントな雰囲気を演出します。ペンダントトップをつけても形状記憶で形が崩れないタイプで、着けたときにきれいな円を描くのが特徴です。ピンと張りがあるので、きちんと感があり落ち着いた印象を与えてくれます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]