撮影:モリサキエイキ

Entertainment

映画『深海のサバイバル!』公開記念!伊沢拓司さんにインタビュー

大人気漫画「科学漫画サバイバル」シリーズより、映画『深海のサバイバル!』が8月13日に公開されます。

深海を舞台に、主人公でサバイバルの達人・ジオと、その仲間達が勇気とアイデアで様々な困難に立ち向かっていくハラハラドキドキな展開は、笑いあり学びありのストーリー。ぜひ夏休みに子どもと一緒に見たい作品です。

そして本作では、海洋調査船のオペレーター役として大人気クイズクリエイターの伊沢拓司さんが出演! 劇場アニメ声優初挑戦の伊沢さんに、本作の魅力や子どもの勉強に悩むママ達へのアドバイスをたっぷりお聞きしました!
 

■楽しんでいるうちに、学びになる『深海のサバイバル』

――本作で劇場アニメ声優初挑戦とのことですが、収録で思い出深かったエピソードを教えてください。

伊沢拓司(以下、伊沢):一番は現場の緊張感です。監督さんや演出さんに「アニメなので、思った以上にオーバーに、思いっきりやってください!」と言われてブースに入ったのですが、とても思いっきりやれる状況ではない空気感でしたね。

――テレビ収録ともまた違う空気感?

伊沢:そうでしたね。同じくオペレーター役の山本高広さんと山口竜之介さんとご一緒させていただいたのですが、お二人とも経験があるにも関わらず張り詰めた緊張感もあって。僕はお二人を見ながら実際に声を入れるタイミングなどを学ばせていただきました。演技の面では監督さん・演出さんのお話を自分なりに表現できるよう全力で頑張りました。

――伊沢さんが考える、本作品の魅力とは?

伊沢:まずは、とにかく「楽しい」ということ。原作もですが、子ども達が見て笑える、楽しめるという中に「学び」が含まれています。別に子ども達は勉強しようと思って作品を見ているわけではないんですよね。でも、楽しんでいるうちに気が付いたら勉強になっているのが良いところだと思います。例えば、クジラとイカのバトルなど、迫力があるシーンでも、笑いの要素があるので、子ども達がずっとワクワクできる。素晴らしい作品だと思いますね。

撮影:モリサキエイキ

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]