出典:@ bico_sakiさん

Beauty

前髪のインナーカラーがまだまだアツい!後ろ髪の長さ別スタイル特集

まだまだ流行りの、髪の内側だけ違うカラーを入れるインナーカラー。素敵なインナーカラーを取り入れると、周りに差をつけられちゃいます♡そこで今回は、スタイルや長さ別に、前髪インナーカラーの素敵な実例を紹介!インナーカラーの入れ方のコツや、派手になりすぎないカラーテクもチェック。インナーカラーにまだ挑戦したことのない方は、前髪のインナーカラーに挑戦してみるのはいかがですか?

おしゃれレベルアップ!すぐに試したくなる素敵な実例ばかりです♡

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■定番の黒髪×前髪インナーカラー

出典:黒髪インナーカラーが今どきヘア!長さ・カラー別にスタイル紹介@ _0_3_1_1_さん

カラーのコントラストがわかりやすい、黒髪にインナーカラーは定番のおしゃれテク♡
巻いて動きを持たせればインナーカラーの部分が見えやすく、目立つ髪型に。寒色系のカラーを合わせれば目立ちにくくして、隠すことも可能!自由自在なスタイルを楽しめるのが、黒髪×インナーカラーのメリットです。
ベースが黒髪だと見た目がそこまで派手にならずに済むので、ママでも安心して挑戦できちゃいます。
お仕事の関係で奇抜なカラーがNGな人は、美容室でダークブラウンなどさりげないインナーカラーを注文してみてください!きっと素敵なスタイルを美容師さんが作り出してくれますよ♡

■韓国っぽさが今どき!ピンクは鉄板でかわいい♡

出典:@ bico_saki さん

韓国アイドルっぽさが出せちゃうピンクカラーもおすすめです。
ピンクへアがまだまだ流行しているけど、全頭ピンクは勇気が出ない…。そんな方こそ、インナーカラーでさりげなく挑戦してみて♡
ピンクの種類もさまざまあり、ブリーチのありなしや回数によって作り出せる色味がかわってきます。ブリーチなしで染まるチェリーピンクや、ブリーチ1回でできるピンキーベージュなどがその例です。
大人っぽいピンクやお人形のようなピンクなど、好みのカラーの画像を用意して美容室でオーダーしてみましょう♡
全体をピンク系のブラウンでカラーリングして、前髪と顔回りだけ色味の違うピンクにするのもおすすめです。ショートヘアやボブに特におすすめ、自然なピンクは最強スタイリングカラーです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE