Beauty

sponsored

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

シミ・肝斑に効果的な医療のアプローチ方法を、W CLINICのメニューからご紹介!

産後ママを悩ませるシミや肝斑。産後に増えたり悪化したりするのは、女性ホルモンの影響だと考えられています。市販のサプリやスキンケア用品を試してみたけど、いまいち効果がわからない。仕方ないものと受け入れるしかない!? と、諦めるのはまだ早い! 医療の力でそれらの悩みに対処する方法があるんです! 安全かつ効果的にアプローチする施術を、W CLINICのメニューからご紹介♪

まず、ピンポイントに気になるシミや、すぐに効果を実感したいママにお勧めなのが「ピコスポット」。そして、肝斑や薄く広がるシミに、ダウンタイムも気にせず治療できるのが「PTPトーニング」。この2つの大人気施術を詳しくチェック!

すぐに効果を実感したいママは「ピコスポット」で、一度でシミを薄く!

「ピコスポット」で使用する、ピコレーザー。短い時間で痛みも少なくシミを目立たなくしてくれる、キュテラ社のenLIGHTen(エンライトン)を使用しています。

「今すぐ目立つシミをなんとかしたい!」「このシミさえなければ良いのに…」と感じるママにオススメなのが、「ピコスポット」です。ピコスポットとは、気になるシミを目立ちにくくしてくれるレーザー治療です。「ピコレーザー」と呼ばれる非常に短い照射時間で色素を破壊させるレーザーをシミに当てます。照射時間が短いので、熱作用による肌の負担が軽減。さらに、ピコレーザーは、従来のレーザーとは異なり、小さなサイズのメラニン色素まで反応することで、今まで以上に効果が期待できます。痛みもほぼありませんが、気になる方には麻酔クリームもご用意。

施術後は、レーザーを照射した部分が薄いかさぶたになり、1~2週間かけ自然にはがれることで、シミが目立ちにくい肌に。かさぶたがはがれるまでは外用薬の塗布と、大きく濃いシミは紫外線を当ててはいけないので、肌色の遮光テープを貼る必要があります(*)。また、「ダウンタイム」と呼ばれる、通常生活まで戻る期間があり、施術箇所は2週間ほどメイクができず、お風呂でも濡らさないよう注意が必要です。さらに、肝斑がある箇所にはピコレーザーの照射ができません。

とはいえ、1つのシミに対し、施術は約10分と短時間。たった一度の施術で気になるシミが薄くなるのは、忙しいママにうれしいポイントです♪ そして、ダウンタイム中にレーザー照射箇所に紫外線を当ててはいけないことを考えると、紫外線が強い4月~9月より、10月~3月の施術がオススメ。暖かくなる前に、気になるシミ対策、始めてみては?
(*)小さく薄いシミには、遮光テープは不要です。

ダウンタイムが嫌なママには、「PTPトーニング」がオススメ

「PTPトーニング」施術中の様子。ダウンタイムもなく、安全・確実に治療可能です。

もちろん1箇所のシミではなく、肝斑に悩んでいるママにも対応したレーザー治療もご用意! その名も、「PTPトーニング」です! これまでのレーザー治療は、エネルギーがレーザーの中心に集まりすぎてしまい、肝斑に当てると炎症を起こし悪化させてしまう危険がありました。しかし、PTPトーニングは、レーザーの波長が従来よりもマイルド。エネルギーを満遍なく照射できるので、肝斑に適しているのです。

PTPトーニングは、顔全体にレーザーを照射するので、シミや肝斑だけでなく、全体的なトーンアップにも効果的です。かさぶたになるなどのダウンタイムもなく、メイクやお風呂も当日からOKです。こちらも施術は10分間ほど。痛みもほぼありませんが、必要な方には麻酔クリームをご用意しています。
ただし、一度の施術での劇的な変化が見られるわけではなく、効果を実感するまで10回ほどの来院が必要です。特に最初の5回は短い間隔での来院がオススメ。1週間あけば来院が可能なので、気になる方は、少しでも早いうちから始めましょう!

通院できないママは、究極のホームケア「ゼオスキン」!

「ゼオスキン」商品。初回のみ医師の診察を受ければ、Wライフスタイルショップでも購入可能です。

「忙しくてクリニックに全く通えない」というママには、自宅でクリニックの施術並みの効果を発揮するドクターズコスメ「ゼオスキン」はいかがでしょうか? ゼオスキンは、専門医が開発した医療機関専門のスキンケアプログラム。シミ・肝斑・ニキビ跡等の肌トラブルを、ハイドロキノンやレチノールといった、肌への影響が大きいとされている有効成分を高濃度で配合している化粧水や美容液を使用することにより、美しく健やかな状態へと導きます。

ゼオスキンには、大きく分けて4つのプログラムがありますが、シミやくすみ、肝斑などが気になる方に最も効果的なのが「セラピューティック」というプログラムです。ハイドロキノンとトレチノイン(*)を使用した、集中的なプログラムで、実施期間は、12~18週間ほど。短期間で肌への変化をもたらします! 途中、赤みや皮むけといった症状のダウンタイムが発生するアクティブなスキンケアプログラムです。
(*)トレチノイン:医師の診断のもと、処方が必要です。W CLINIC では、オンライン診療も行っており、忙しくクリニックへ出向けないママにも安心して、始めていただけます。

W CLINICで処方されている「トレチノイン」。ビタミンA誘導体で、肌の生まれ変わりを促進させます。

「セラピューティック」の経過。途中の皮むけを乗り越えれば、全体的にくすみの無い肌に!

他にも、毎日のスキンケアから、肌を整える集中ケア、メンテナンス、肌トラブルを未然に防ぐサポートなど、お肌の状態に合わせ、アイテムをカスタマイズしながら継続的に使用できます。ゼオスキンシリーズは、W CLINICの店頭だけでなくW ライフスタイルショップでも、販売中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

ママの肌や身体の調子をサポートする、オリジナル商品も♪

活性酸素から体を守るサプリメント「グリペア」。飲む日焼け止めとしても有効です!

W CLINICには、シミ・肝斑だけでなく、あらゆる肌トラブルの予防にオススメなアイテムも! W CLINICオリジナル商品の「グリペア」は、いつまでもキレイでかわいいママでいるためのヒミツがギュッとつまったサプリメントです。
グリペアには、一般的なメロンと比較して3~4倍腐りにくく、日持ちする特別品種のメロンから抽出された「メロングリソディン®」を配合。メロングリソディン®は、活性酸素から、体を守る役割があり、日焼け止め、エイジングケアといった効果が期待できます。
肌の老化には紫外線だけでなく、スマートフォン・PCのブルーライト、排気ガスなどの大気汚染物質も原因と言われています。夏場だけではなく、一年中飲むことで、美容も健康も手に入れましょう♡

人それぞれの肌悩み。手探りで色々試すよりも、専門医と二人三脚で解決した方が効率的。ぜひ医療の力を借りて、あなたに合った方法で、解決してくださいね♪

W CLINIC店頭では、ゼオスキン商品を販売中! お気軽にご相談ください。

■書籍発売イベントを行いました!
W CLINIC総院長である⾜⽴真由美の著書『オトナの美容医療』(10月21日発売)の出版記念イベント「W The Party」がW OSAKAにて開催されました。

W The Partyの様子

11月2日に開催されたイベントでは、MCにタレントの大倉士門氏を迎え、スペシャルゲストには婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4・バチェラーの黄皓氏が登場! 大盛況のうちに閉会しました。イベントの詳しい様子はこちらをクリック!!

【W CLINICアクセス】
「W CLINIC」心斎橋院
大阪市中央区南船場 4-5-8 ラスターオン心斎橋9階
TEL:06-6695-7701
心斎橋駅2番出口 クリスタ長堀北11番階段出口
「W CLINIC」梅田院
大阪市北区梅田2-1-21 レイズウメダビル4階
TEL:06-4708-3666
西梅田駅10番出口

【お問い合わせ先】
診療内容、料金などの詳細は、クリニックホームページをご覧ください。
W CLINIC https://wclinic-osaka.jp/

あわせて読みたい

【医師監修】フェムテックって何? 悩めるママにW CLINIC足立総院長が徹底解説!

Lifestyle

2022.10.21

【医師監修】フェムテックって何? 悩めるママにW CLINIC足立総院長が徹底解説!

菱山恵巳子

1991年生まれのライター・コラムニスト。エンタメからビジネスまで、執筆ジャンルは多岐に渡る。恋愛漫画の原作も手掛ける。2016年に出産、男女の双子を育てる母。男性アイドルウォッチャー。
Twitter:@kaerita_i
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]