FacebookInstagramYouTube
【医師監修】フェムテックって何? 悩めるママにW CLINIC足立総院長が徹底解説!

【PR:W CLINIC】

Lifestyle

【医師監修】フェムテックって何? 悩めるママにW CLINIC足立総院長が徹底解説!

話題のフェムテックについて、W CLINIC足立総院長にインタビュー!女性の生活の質を向上させると、最近よく耳にする「フェムテック」。でも、そもそもフェムテックって何? 使うことでママにはどんなメリットがあるの? 気になる疑問について、W CLINIC総院長の足立真由美先生がお答えします。

フェムテックとは、 自分の身体に向き合うきっかけを与えるツール

【足立真由美先生】医療法人涼葵会理事長・W CLINIC総院長。形成外科医、美容皮膚科・美容外科医としての経験を活かし、W CLINICを設立。

ーー最近よく聞く「フェムテック」。そもそもどんなものを指すのでしょうか?
足立先生「フェムテックとは、生理を中心とした女性の体に起こりうることを、最新の技術でより快適にし、女性として健やかに日常生活を送っていくためのツールです。代表的なものでいうと生理用の『吸水ショーツ』がありますね。ショーツが経血を受け止めてくれるので、ナプキンが不要。蒸れや漏れのわずらわしさがなく、生理中でもいつも通りの感覚で過ごしていただけるようになりました。
また、フェムテックは、自分の体について考えるきっかけを与える役割もあると思っています。例えば膣内に挿入して経血を溜める『月経カップ』を使えば、自分の経血の量や状態を目で見て知ることができます。フェムテックを使うことで、自分の体はどうなっているのだろうと、改めて立ち止まって考えることが増えますよね。ひとつのきっかけがあれば、そこからさらに『じゃあ生理痛に悩むって普通のことなのかな』など、どんどん興味の幅が広がるはずです。
これまではフェムテックはあくまで一時的な流行でした。例えば『膣トレ』などはかつてメディアでも話題になったと思います。しかし、いまはもっと身近なものになってきている感覚があります。フェムテックで気付いた自分の体に対するあらゆる興味を、私たちのW Femina Clinicのような婦人科が、受け止め、解決する場所として機能していきたいと思っています」

フェムテックの浸透は、 女性が生きやすい世の中になってきている証拠

W CLINICの婦人科部門、W Femina Clinicには、フェムテックをはじめとした女性向け商品が数多く並びます。

ーーでは、なぜ今の日本で、フェムテックが注目されるようになったのでしょうか?
足立先生「そうですね。やっと女性が生理についてオープンに話せる環境が整ったからだと思います。少し前までは生理休暇が一般的でなかったように、世の中の生理に対する理解が希薄でした。残念ながらまだまだ偏見を持つ方もいるとはいえ、今は男性の生理への理解もだいぶ進んでいます。
ただ、日本のフェムテックは海外に比べると独自路線で進化していると感じます。なぜなら、日本では生理を快適にするデリケートゾーンのケアツールが主流ですが、海外のフェムテックは、『性生活を快適に』という方向性のツールが主流だからです。
これには日本の性教育が遅れているという問題があります。海外では幼い頃からきちんと性教育が受けられるので、日本に比べ性生活についてオープンに話せる環境がすでに整っているのです。
今の日本はやっと、生理やデリケートゾーンの話をオープンに話せるようになった段階で、まだまだ進化の途中です。だからこそ、私たちが正しい知識を発信したり、一般の方でもフェムテックをきっかけに、性に関して興味を持ってみたり、声をあげたりすることで、日本もさらに良くなっていくのではないのかと思います」

ママにオススメ! W CLINICで扱っているフェムテック

W CLINICで取り扱っている「ケーゲルベル」「月経カップ」

ーーでは、W CLINICではどのようなフェムテックを扱っているのでしょうか?
足立先生「当院では『吸水ショーツ』『月経カップ』膣トレ用の『ケーゲルベル』とよばれる製品を用意しています。月経カップは私も使用していて、生理中に膣内にカップを入れれば、経血を気にせずに子どもたちとスイミングだってできる優れモノです。『ケーゲルベル』は、医療用のシリコンパーツを膣内に挿入し、ベルのようなおもりを追加します。キープするトレーニングをすることで、膣圧を高める効果が期待できます」
ーー膣トレは少しハードルが高く感じますが、どのような効果があるのでしょうか?
足立先生「膣トレをすることで、骨盤底筋群を鍛えることになります。すると背骨のカーブが正常に保たれ、体のラインもキレイに矯正できます。ポッコリお腹や体の歪み解消、ヘルニアの予防にもつながるんですよ。特に産後は骨盤底筋群が緩んでいるので、尿モレで悩んでいるママにはオススメのトレーニングです」
ーーちなみに、フェムテック以外にもW CLINICでは、足立先生監修のオリジナル商品を開発されているそうですが、どのような商品なのでしょうか?
足立先生「女性が抱える問題の根本に手軽にアプローチできるよう、様々な商品を用意しています。例えば和漢ドリンクの『温身漢草』は、女性の天敵でもある『冷え』対策製品です。和漢は、体を温める効果がありますが、飲みにくさが難点。でも、ドリンクにすることで手軽に飲んでいただけるよう工夫しました。和漢を日常的に取り入れてもらうことで、女性が健康に過ごすための基本でもある『体を温める』ということを意識してもらいたいという想いがあります。『温身漢草』もフェムテック同様、使うことで自分の体に興味を持つきっかけにしてほしいですね」

足立先生が監修をおこなった和漢ドリンク「温身漢草」

まずは気軽に、 婦人科でフェムテックについて聞いてみよう♪

W femina Clinic

ーー最後に、フェムテックに興味があるけど取り入れる勇気がない方に、背中を押すメッセージをお願いします!
足立先生「フェムテックは便利で素晴らしいツールです。まずは実際に手に取ってみて、どう使うかをぜひ医師に聞いてみてください。一人で不安な気持ちのまま生活に取り入れるのではなく、専門家の意見を聞けば、そのハードルも下がるはず。
また、そのように日頃から女性医療とつながっていることも大切です。例えば『最近落ち込む』などの裏には婦人科系の病気が隠れている可能性だってあります。そういった時に医師に相談していれば検査をしてみようとなりますよね。フェムテックで自分の体に興味を持ち、女性医療をもっと身近に感じてほしいと思っています」

どんな女性にとっても大切な存在であるフェムテック。自分のことをつい後回しにしてしまいがちなママこそ、フェムテックを取り入れてみてはいかがでしょうか。
【書籍情報】
W CLINIC総院長足立真由美先生の書籍が発売されます!!
『otona MUSE特別編集 お医者さんが教えるキレイの知識 オトナの美容医療』(宝島社)

美容皮膚科・美容外科医の足立真由美先生が、美容医療について分かりやすく解説した雑誌の人気連載が、待望の書籍化。
今さら聞けない医療脱毛から、黒ずみ毛穴を改善するケアなどにも触れ、マスク生活のうちにキレイになりたい方にオススメです♪
【W CLINICアクセス】
「W CLINIC」心斎橋院
大阪市中央区南船場 4-5-8 ラスターオン心斎橋9階
TEL:06-6695-7701
心斎橋駅2番出口 クリスタ長堀北11番階段出口
「W CLINIC」梅田院
大阪市北区梅田2-1-21 レイズウメダビル4階
TEL:06-4708-3666
西梅田駅10番出口
「W Femina Clinic」
大阪府大阪市北区梅田2-1-21 レイズウメダビル2階
TEL:06-4708-3666
JR「大阪駅」徒歩3分/地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」徒歩2分/地下鉄御堂筋線「梅田駅」徒歩5分
※ベビーカーなどお手伝いが必要な方はクリニックまでご連絡ください。
【お問い合わせ先】
診療内容、料金などの詳細は、クリニックホームページをご覧ください。
・W Femina Clinic https://wclinic-osaka.jp/femina/
・W CLINIC https://wclinic-osaka.jp/

あわせて読みたい

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

Lifestyle

2022.09.02

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

菱山恵巳子

ライター
1991年生まれのライター・コラムニスト。エンタメからビジネスまで、執筆ジャンルは多岐に渡る。恋愛漫画の原作も手掛ける。2016年に出産、男女の双子を育てる母。男性アイドルウォッチャー。Twitter:@kaerita_i
SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 「ただの教材入れじゃない♡」人気ブランド【Gap】【PAUL & JOE】など、2025年度入学モデルランドセルが登場!
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 「お家時間が超快適に!」家中のリモコンを1つにまとめる【スマートリモコン】が便利すぎる!
  • 人のために発信力をつけたい! 忙しくても配信できる秘訣とは?【ママライバーインタビュー⑧】

Ranking
[ 人気記事 ]