FacebookInstagramYouTube
「ライブ配信は大人の部活」ファンとの一体感を作り人気ライバーになれる「朝配信」のコツ【ママライバーインタビュー②】

Entertainment

「ライブ配信は大人の部活」ファンとの一体感を作り人気ライバーになれる「朝配信」のコツ【ママライバーインタビュー②】

mamagirl編集部がエージェンシーとなり、ママライバーの配信活動を応援しているのをご存知ですか? 活躍しているのは【mamagirl公認ママライバー】として所属する全国のママたち。彼女たちがどんなきっかけでライバーになり、どんな体験をしているのか。さらにライバー活動と育児・家事の両立テクや、はたまた副業になるってホント?なんてことまで、編集部が直球で聞いちゃうインタビュー連載です!

ママライバー・kayoさんの1日のスケジュールはこちら!

連載第2回目は、ヨガインストラクターのお仕事もしているkayoさんにインタビュー! ライバー歴は約7カ月で、現在1歳4カ月のまだ小さな娘さんのママでもあるkayoさん。配信すればミクチャアプリ内で最も目立つ「人気枠」に掲載される人気ママライバーですが、どうやって毎日をやりくりしてるの? まずは1日のスケジュールをチェック!

娘さんがまだ寝ている早朝やお昼寝の時間帯にライブ配信を集中することで、メリハリある1日を過ごされているそう。では、kayoさんのライブ配信の裏側を詳しく探ります!

育休中の「コミュ力低下」を防ぐべく、ライブ配信スタート!

―まずは、ライバーになったきっかけを教えてください!

kayo:X(旧Twitter)のDMでミクチャの運営の方から「ママライバーに興味ありませんか」と声かけていただいたことがきっかけです。

当時はまだ子どもを産んだばかりでヨガ講師の仕事を減らしていて、「何かできないかなあ」とちょうど思っていたときでした。人と関わっていないと仕事で大切なコミュニケーション能力も下がってしまいそうで。

これまでもオンラインでヨガの配信をしていたので、元々ライバー自体には興味がありましたし、おウチでできて、しかもコミュニケーションの練習にもなりそう! と思い、配信を始めました。

―ライブ配信を始めることにハードルは感じませんでしたか?

kayo:ヨガ講師としてのオンラインレッスンや毎朝の日課になっていたInstagramの「朝ヨガ配信」に慣れていたので、配信自体にはあまり抵抗はありませんでした。そもそも、「とりあえずやってみよう!」精神がけっこう強くて。たとえ不安があっても、少しでもプラスがあれば新しいことに挑戦したくなるタイプなんです。

元々はダイエット目的で通い始めたヨガ教室。「もっと知りたい!」と思い、講師の世界に飛び込んだそう。

配信では、ヨガ講師ならではお悩み相談をお届け♪

―kayoさんのリスナーさんは、どんな方が多いですか?

kayo:男女比や年齢にあまり偏りがなく、色んな方が聞いてくれます。女性だとヨガに興味がある方やママライバーさんも多いですね。

―配信ではヨガの話が多いですか?

kayo:雑談をしながら、リスナーさんのお悩みを聞いて、それに対して「このポーズをしたら体がラクになるよ」と提案することもあります。

リスナーさんは、「ヨガを知ってはいるけど、試したことがない」という方が多くて。でもヨガって意外とハードルが低いし、ちょっとしたことでも体に変化が現れるんですよ。

実際に、私がお伝えしたアドバイスで「肩コリがなくなった!」「効果があった!」などの声をいただくこともあり、うれしいですね♪

―これまで教えられなかった人にもヨガの素晴らしさを届けているイメージですね!

kayo:そうなんです! 私のヨガ講師歴は約5年と、まだまだ新人な方。有名な講師の方に比べたらヨガの楽しさを届けられる方も少ないんです。でも、ライブ配信をしたことでヨガのことを新しく知ってくださる方が一気に増えて、配信しがいがあります!

ライブ配信で人との関わりが増え、美意識もUP!

―ライバーになる前後でのどんな変化がありましたか?

kayo:一番は、「コミュニケーション不足」が解消されたことです! 赤ちゃんの子育て中ってどうしても家に引きこもりがちになりますし、外出しても人と会話する機会は少ないですよね。でも、ライブ配信を始めて色々な方と話すことができています。自分の気持ち的にもラクになり、毎日楽しく過ごせています。

また、これまで家で育児をしているときはスッピンで、自分に時間をかけることがなかったのですが、ライブ配信をするようになってからきちんと化粧をするようになりました!

ママライバーさんには、とてもキレイな方が多いので刺激を受けています♡ 少し早く起きて自分のコトを準備する時間を作ったり、定期的に美容院にいったり、美意識がすごく上がったと思います!

―スッピンで配信されている人気ママライバーさんもいますが、kayoさんはきちっとしたいタイプ?

kayo:メリハリをつけたいなと思っていて。会話がかなりラフなので、逆に見た目はしっかりしようかなと思っています(笑)。

「見た目は整え、会話はフランクに」がkayoさんのモットー!

リスナーさんとの一体感は、まるで大人の青春!

―kayoさんが思う、ライブ配信の面白さ・魅力って?

kayo:スマホ一つで簡単に始められる手軽さですかね。おウチにいながら全国の方、それこそ海外の方といった普段の生活では出会わないような方とも繋がれるのは配信ならではの魅力だと感じます。

あと、大人の青春を味わえます! イベントに挑戦すると、リスナーさんも含め「みんなで勝とう!」という一体感が生まれるんです。何かに熱中して頑張ることって、大人になってからなかなか無いと思いますが、まるで部活みたいに気持ちがアツくなるんです!

―それはヨガとも違うアツさですか?

kayo:配信ではリスナーさんとの団結力が感じられるので、ヨガとはまた違う面白さですね。正直、ライバーになる前は「もしかしてアンチコメントとかくるのかな……?」って不安もありましたが、やってみてびっくり。リスナーさんは皆優しい人ばかりなんですよ!

ママライバーだからこそ「素のままの自分」が許される

―今では人気ライバーのkayoさんですが、最初にファンが付くまではどんな道のりでしたか?

kayo:実は、ファンを増やすことが一番大変で! 人気ライバーさんの配信に行って、その人が発する言葉を研究したり、仲良くなったりすることから始めました。そして仲良くなったライバーさんに配信での悩みを相談することも。皆さん優しく教えてくれるので、アドバイスを聞きながら、自分に合うものを見つけ、継続しています。

―研究する中でわかった、kayoさん流のファンを増やすコツは?

kayo:結局行き着いたのは、自分らしくいること。その方が配信していて楽しいし、その私を見てリスナーの方も楽しんでくれるという循環です。

例えば「アイドルカテゴリ」の方だったらある程度可愛らしい振る舞いが必要ですし、リスナーさんからも求められると思います。でも、ママライバーは育児に追われていることは皆さんわかった上で視聴してくださっています。

娘をあやしながらだと配信中にずっと前を見ていられなかったり、離席したりすることもあるのですが、それも優しく「いっておいで」と言ってくれる。私も自分らしい姿でいることで、楽しく配信を続けられています。

―現在の配信頻度は?

kayo:平日はほぼ毎朝7時半から娘が起きる9時~10時頃まで配信しています。リスナーさんにとって視聴することが朝の習慣になるように時間を固定しています。それに時間を固定することで自分の中でも配信がルーティン化され、家事育児との両立もしやすいですし、生活にメリハリがつくんです。配信前に家事を終わらせておこう! というように。

ミクチャ配信前の時間帯は、Instagramでの朝ヨガ配信も日課で行う。どちらも見てくれるリスナーさんも多いとか。

kayo:ちなみに、大きなイベントに参加した時は朝5時からの配信もしていますよ。

―朝5時!? リスナーさんは集まるのでしょうか?

kayo:夜更かしの延長で起きている方もいれば、お仕事で朝早くから起きている人もいて。むしろ朝だと配信者が少ないこともあり、「人気枠」に掲載されやすいんです。

ライブ配信が、ヨガの指導にもプラスの影響を!

―配信を始めたことでヨガ講師業にも影響がありましたか?

kayo:コミュニケーション能力が上がり、レッスン中の口数も増えたなと実感しています。元々人見知りな性格でもあるので、初対面の個人レッスンで生徒さんにどんどん話しかけることに少し苦手意識があったのですが、その点は解消されました。

また、リスナーさんはヨガ教室の生徒さんと違ってヨガ未経験の方がほとんど。そういった方にヨガの説明をして、リアルタイムで反応が戻ってくることは、「初心者の方により伝わる説明の仕方」の練習になりました。

―ライブ配信がお仕事のスキルアップにもつながっているのは素晴らしいですね! 他にライブ配信をしていてどんなプラスがありましたか?

kayo:自分が大変なときに悩みを共有できたりアドバイスしてくれる人がいるのは心強いです。育児のことでも配信のことでもすぐにレスポンスをいただけます。またリスナーさんからの「育児がんばってね」「お疲れ様」という言葉や、例えば髪型を変えたときに「それいいね」と言ってくれるのは、自己肯定感が上がります!

私はいま地元から離れて暮らしているので、お友だちにもなかなか会えず、ライブ配信を始める前は育児の悩みで気持ちがふさぎ込んでしまうこともありました。でも、配信でママライバーさんたちと「今日ごはん何にしようか」「たまには手抜きでもいいよね!」といった他愛のない会話をすることで「みんな一緒」という感覚を味わえて、精神的にも助けられています。

ライブ配信で、育児も仕事もハッピーに♪

―では、ミクチャの魅力を他のママさんに伝えるなら?

kayo:ママライバーになれば、ママでもおウチにいながらもう一度夢を追いかけられます! ママでも夢を諦めずに努力していれば、見てくださる方もいます。作り込んだ自分じゃなくてもリスナーさんは楽しんでくれるし、夢を応援してくれて温かい言葉もいただける。

しかも、mamagirl公認ライバーになれば、マネージャーさんのサポートもあります。例えば「こんな困ったときはどう対処すべきか」「どうしたらリスナーが増えるか」といった悩みにも解決策を教えてくださって伴走してくれます。先入観に囚われず、是非一度配信してみてください!

―最後に、ママライバーとしての今後の目標を教えてください!

kayo:これからも、私の配信を通してヨガの魅力を多くの人に届けたいです! ヨガにハードルを感じている方に、手軽に日常に取り入れられることを知ってもらいたいですね。

★取材後記★
「ヨガ」×「朝の習慣」という自分の特技を活かす配信で人気ライバーになられたkayoさん。あらためて、ライブ配信は自分の特技や趣味で輝ける場でもあるのだと感じました。例えば料理や掃除、裁縫といった毎日の家事のコツや、ママになってお休み中の趣味の話も配信の強みになりそう!
また、孤独なイメージもあるライブ配信ですが、リスナーさんやマネージャーさんも一緒にがんばってくれるから、実際は一人じゃないというのは心強いですね。もしかしたら次の人気ママライバーはあなたかも?

▼ミクチャのプロフィールはこちら
https://mixch.tv/u/17424305

ライバーに興味がある方はこちら!

あわせて読みたい

「孤独だった育休がライブ配信で一転!」 SNS経験0でもスマホ1台で夢を叶えた【ママライバーインタビュー①】

Entertainment

2023.10.12

「孤独だった育休がライブ配信で一転!」 SNS経験0でもスマホ1台で夢を叶えた【ママライバーインタビュー①】

菱山恵巳子

ライター
1991年生まれのライター・コラムニスト。エンタメからビジネスまで、執筆ジャンルは多岐に渡る。恋愛漫画の原作も手掛ける。2016年に出産、男女の双子を育てる母。男性アイドルウォッチャー。Twitter:@kaerita_i
SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【育児マンガ】「歯医者さんになりたい!」娘の夢を叶えるべく覚悟を決めたが…意外な展開に!?
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【ミートソースの献立】ミートソースパスタともう一品!主菜・副菜・スープ
  • 人のために発信力をつけたい! 忙しくても配信できる秘訣とは?【ママライバーインタビュー⑧】

Ranking
[ 人気記事 ]