FacebookInstagramYouTube
「職業ライバー」で個人事業主に! “保育園入れない問題”も解決した方法とは?【ママライバーインタビュー④】

Entertainment

「職業ライバー」で個人事業主に! “保育園入れない問題”も解決した方法とは?【ママライバーインタビュー④】

mamagirl編集部がエージェンシーとなり、ママライバーの配信活動を応援しているのをご存知ですか? 活躍しているのは【mamagirl公認ママライバー】として所属する全国のママたち。彼女たちがどんなきっかけでライバーになり、どんな体験をしているのか。さらにライバー活動と育児・家事の両立テクや、はたまた副業になるってホント?なんてことまで、編集部が直球で聞いちゃうインタビュー連載です!

ママライバー・まいにーさんの1日のスケジュールをチェック!

今回は、ライバー歴1年のまいにーさんにインタビュー! なんと、妊娠中に始めたライブ配信をきっかけに個人事業主として独立! 「職業ライバー」として活躍している27歳の人気ママライバーです。3歳と6ヵ月の男の子ママなまいにーさんの1日のスケジュールはこちら! 

「12時からのお昼の配信は毎日欠かさない」と言うまいにーさん。このリズムにこだわる理由は? どうやって「職業ライバー」になったの? などなど、気になる裏側を詳しく聞いちゃいます!

ライバーとして個人事業主に。次男妊娠中に長男を保育園に預けることができた!

―まいにーさんが、ライバーになったきっかけは?

まいにー:ミクチャ内でファッション雑誌のモデルオーディションが開催されていて、興味を持ったことがきっかけです。これまで他の配信系アプリをリスナー側として利用していたので、ライブ配信とはどんなものか、なんとなくイメ―ジはついていました。また、Instagram投稿も積極的に行っていたので、自分を発信することは慣れていて、配信を始めるハードルは低かったかもしれません。

―ライバーになる前後での変化はありますか?

まいにー:一番の変化は、長男が保育園に通えるようになったことです!

―どういうことでしょうか!?

まいにー:元々、お蕎麦屋さんに勤めていたのですが、長男も次男も切迫早産で体調が安定せず、妊娠中は思うように働けませんでした。実家も遠方だったので、次男妊娠中には長男を保育園に預けたかったのですが、働いていないとそもそも利用できないという問題が…。
そこで、本格的にライバーを職業にしようと、ライブ配信業で開業届を提出し、個人事業主になったんです! そうすれば、保育園も利用できるんですよ。
周りに確認してもミクチャのライバーで個人事業主として開業するという前例はあまりなかったようなので、勇気はいりました。でも、mamagirlに所属しているという安心感も自分の中であったので、一歩踏み出せました。

―働きたいけれど諦めているママたちも多いので、仕事の選択肢に「ライバー」があることを、まいにーさんにはどんどん発信してほしいです!

まいにー:はい! 長男は保育園に入れて、まだ赤ちゃんの次男の近くにいながら配信ができる。ライブ配信は、子育て中にぴったりな働き方だと思います。

ライブ配信だけで、ブランドバッグが買える月収も!?

―ちなみにお仕事となると気になるのが収入面。最高月収も教えてもらえますか……?

まいにー:収入はリスナーさんからの投げ銭がメインなのですが…、ブランドバッグが買えるくらいです♡

―それはすごい!! いつか本当に買えるよう頑張ってほしいな。なんだか、配信を始めたくなるママさんも増えそうです!

まいにー:ミクチャはライバーさんもリスナーさんも優しい方が多いので、ライブ配信が初めての方にも本当にオススメです! ミクチャには、配信者も他のライバーさんの配信=枠を視聴しに行く「枠周り」という文化があります。枠周りをすることで、お友だちも増えるし勉強にもなるのですが、どの枠も親切な方ばかりなんです。特にミクチャは様々なイベントが開催されているので、夢を目指してる方が多い。だからこそ皆さん意識が高く素敵な方ばかりなのだと思います。
また、配信中のライバーは、リスナーさん側からコメントをしない限り、誰が配信を見ているかわからない仕組み。だから、こっそりと配信を視聴することもできますよ♪ 忙しいママさんは、まずはコメントせずに視聴するだけでも、ミクチャのことを学ぶことができて、配信に挑戦しやすくなるのかなと思います!

ライブ配信は、優しいリスナーさんに囲まれた温かい空間。

配信時間をお昼に固定することで、リスナーさんも家族もハッピー♪

―まいにーさんが思う、ライブ配信の面白さや魅力は?

まいにー:家にいても色んな職種や経験をしている人と交流ができることです。これまで通りお蕎麦屋さんで働くだけだったら出会わなかったようなリスナーさんとお話できるのが、ライブ配信の醍醐味ですね。

―たしかに、ライブ配信なら世界中の人と繋がることができますもんね。

まいにー:そうなんです。今は子どもが小さいので頻繁に旅行には行けないのですが、その代わり、リスナーさんから全国各地の魅力も教えてもらっていて。例えば「九州にはこんな場所があるよ」「うちの地元では今これが人気!」とか、方言を教えてもらうことも。本当に色んな発見があって、観光気分も味わえています♪

―ライブ配信を始めて育児にはどんな影響がありましたか?

まいにー:配信の時間をお昼に固定で決めていることで、リズムが整って生活がしやすくなったと思います。お昼の12時は、長男は保育園で、次男はお昼寝を始めるタイミング。私も空けやすい時間ですし、お昼休みでリスナーさんにも視聴してもらいやすい時間帯なんです。生活が子ども中心なことにはもちろん変わらないけど、自分がダラダラしてしまうことはなくなりました。お昼寝の時間や食事の時間もルーティーン化されるので、子どもの成長にも良い影響があるのかなとも思います。

―リズムが整うと、子育てもお仕事も少しはラクになりますよね。

まいにー:そうなんです。多分、時間を固定にしているからこそ家族からの理解も得られているのだと思います。ダラダラ配信をせずに時間内で収めることで、家族のペースも乱さないようにしています。
例えば、大きなイベントの最終日で夜にも配信したい時にも、私が時間を守ることを夫が理解しているからこそ、子どもの面倒をお願いしやすいし、応援もしてくれます。

最初は「ライブ配信って何!?」状態だったパパも、今では良き理解者!

―なるほど。飲み会をしっかり1時間で切り上げる感覚に似ていますね(笑)。

まいにー:そうかもしれないです(笑)。それにリスナーさんも「この時間は必ず聞きに行かなきゃ」「今聞かないと、もう聞けない」という気持ちになってくれるのかなって。ちょっとした特別感を演出することは、リスナーさんが他の配信者さんに流れない秘訣ですね。
だからこそ、例えば外せない用事がある時などは、顔出しをせずにラジオ配信にすることもあります。それでも、欠かさずに同じ時間に配信することにはこだわっています。
ただ、子どもの体調不良などの時は、もちろん子ども優先です! 最近もインフルエンザや胃腸炎に罹ってしまったのですが、その時は配信をお休みしました。でも、私のリスナーさんをはじめ、ママライバーの配信を聞いてくださる方って、育児に理解してくださる方ばかりで、休むことを誰も責めません。だからこそ、子育てを中心にしたライバー活動ができるのかもしれないですね。

実は、元バスガイド! とにかく喋り続けることは大得意!

―これまでライブ配信で大変だったことは?

まいにー:やっぱり配信を始めたての頃は、5分間リスナーさんが誰も来なくて一人で喋っている時間もあったんです。でも、私の場合はバスガイドで働いていた経験があるので、一人で喋り続けるのは慣れているんですよ(笑)。

―なるほど! トークが得意な理由、納得しました!

まいにー:バスガイドの時も、お客様はお喋りに夢中であまり私の話を聞いてくれなかったので(笑)。だから最初の頃の配信でも、とにかく何かしら喋ってましたね。コメントが無くても、誰かがいるかもしれないと想定して「今日は私、誕生日なんだよね。誰か祝ってほしいな」と言ってみると、リスナーさんが浮上してプレゼント(アプリ内のポイント)をいただけることもありました。
そんなことをしているうちに1ヵ月くらい経つと、配信を開始したらすぐに固定のリスナーさんが遊びに来てくださる状況になりました。

―続けることが大事なんですね。

まいにー:ですね。いまライバー歴1年ですが、最初の頃からの固定リスナーの方もほとんど残ってくれています。

―それは嬉しい! 1年間、ほぼ毎日配信は続けていたんですか?

まいにー:次男の出産前後3ヵ月くらいはお休みしていたのですが、それでも復帰した時には固定リスナーさんがまた戻って来てくれて。一旦休むことは不安でもあったのですが、そこは専属のマネージャーさんが親身になってくださって。お休み中も気にかけてくれましたし、戻ってからも「次のイベントは何に出る?」「一緒にがんばろうね」とこまめに連絡をくださったのは、励みになりました。

mamagirl専属のママライバーなら、育児も配信も思いっきり楽しめます!

ママライバー同士のつながりは、まるでママ友♡

―これからライブ配信を始める方に、人気ライバーになるための秘訣を教えてください!

まいにー:仲の良いママライバーさんを一人でも作ることです! 私は最初の頃、気になったママライバーさんの配信に積極的に遊びに行くことから始めました。それがmamagirl公認ママライバーのリリーさんだったんですよ!

―すごいつながり!

まいにー:リリーさんの方が私よりもライバー歴が半年ほど先輩なのですが、とても明るくて話しやすくて♡ 私の中で、夜に遊びに行く配信=リリーさんでしたね。リリーさんの配信を見て、学んでいくうちに私も配信を続けたい! という前向きな気持ちにつながりました。今は、リリーさんを含む仲良しママライバーさんが固定で2~3人いて。一緒に切磋琢磨しながらがんばっている状況です。

―それこそ出会わなかったかもしれないママたちとのコミュニティができるのは素敵ですね! 

まいにー:しかも私の場合、コロナ禍で長男を出産したので、人との関わりか薄れてしまって、子育てに不安もあったんです。孤独を感じていたので、画面を通してでもみんなとお話できることが本当にうれしくて。ママライバーやリスナーさんとのつながりがあるからこそ、長く配信を続けられています。

―ちなみに、いつも配信ではどんなことを話していますか?

まいにー:本当にたわいもないことばかり喋っています。最近は、食べ物の話が多いかな。「卵焼きは甘いのとしょっぱいの、どっちが好きか」とか。マニアックな話よりも老若男女問わず参加しやすいテーマの方が皆が楽しめるかなと思っています。

―それなら初見の方もコメントしやすいですよね。では、今後配信でも話してみたい、まいにーさんの趣味は?

まいにー:格闘技観戦です♡ K-1が一番好きですが、総合格闘技もプロレスも、全部好き! 見ているだけでストレス発散になるんですよ。子どもが大きくなったら私も格闘技に挑戦してみたいですね♪

今後、格闘技トークも聞けるかも!?

「職業ライバー」の第一人者としての活躍に、乞うご期待!

―これまで参加して良かったイベントは?

まいにー:一番はmiteさんとのコラボイベントです! 私にとっては絶対に勝ちたいいわゆる「ガチイベ」で、1位を目指してがんばっていました。それに、リリーさんとさらに仲良くなるきっかけにもなりました。
普通の生活をしていたら、お洋服を作ることなんてできません。勉強になったし、すごくいい経験でした。

これからも様々なイベントに参加予定!

―最後に、今後の目標や夢を教えてください!

まいにー:「職業ライバー」の先駆けとして、配信を続けていきたいです! このまま個人事業主として継続できそうだったら、来年4月からは次男も保育園に入れる予定です。そうなったらもっと長時間配信もしたいなと思います。
ただ、今年開業したばかりなので、インボイスの対応や確定申告など、これから初めてやらなくてはならないこともあります。なので、私の「職業ライバー」としての経験を、これからライブ配信を始めてみたい方や、他のママライバーさんにも発信していけたらいいなと思います!

★取材後記★
子どもや自分の体調面で思うように働けないもどかしさは、ワーママならば誰しも直面する問題。そんなモヤモヤもライバーになれば解消されるなんて、目から鱗です! 家族を優先して、自分のペースで無理なく働けて、しかもしっかりと稼げる…! ママライバーは、夢が広がる働き方です。まずは他のママライバーさんがどんな風に配信をしているのか、こっそり見ることができるのも、安心ですよね。気になった方は、ぜひまいにーさんの配信をチェックしてみてください♪

▼ミクチャのプロフィールはこちら
https://mixch.tv/u/17275129

ライバーに興味がある方はこちら!

あわせて読みたい

「諦めていた夢を叶えたい!」ライブ配信だから年齢に縛られず踏み出せた!【ママライバーインタビュー③】

Entertainment

2023.11.08

「諦めていた夢を叶えたい!」ライブ配信だから年齢に縛られず踏み出せた!【ママライバーインタビュー③】

菱山恵巳子

ライター
1991年生まれのライター・コラムニスト。エンタメからビジネスまで、執筆ジャンルは多岐に渡る。恋愛漫画の原作も手掛ける。2016年に出産、男女の双子を育てる母。男性アイドルウォッチャー。Twitter:@kaerita_i
SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【育児マンガ】「歯医者さんになりたい!」娘の夢を叶えるべく覚悟を決めたが…意外な展開に!?
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【ミートソースの献立】ミートソースパスタともう一品!主菜・副菜・スープ
  • 人のために発信力をつけたい! 忙しくても配信できる秘訣とは?【ママライバーインタビュー⑧】

Ranking
[ 人気記事 ]