FacebookInstagramYouTube
【監修記事】ついに我が家にもやってきた反抗期! 知っているようで知らない10代との向き合い方とは!?

画像/著者提供

Lifestyle

【監修記事】ついに我が家にもやってきた反抗期! 知っているようで知らない10代との向き合い方とは!?

絶賛「イヤイヤ期」中のキッズたちと格闘しているママさん、多いのではないでしょうか?そして子どもの成長とともに、次にやってくるのが「思春期・反抗期」!ほんと、ママの悩みって尽きませんよね。
親子関係のプロとして子育て講演やコラム執筆などされている森田典子さんが、mamagirl読者に心強いアドバイスをしてくださいました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもの思春期が保護者のストレスになる?

待っていました!反抗期!!のように、子どもの成長を楽しんでいる方もいるかもしれませんが、思春期の子どもと向き合う保護者の中には、悩みが尽きない日々を送っている方も多いのではないでしょうか。 実際に、内閣府が実施した「令和3年 子供の生活状況調査の分析報告書」注1 の中でも、「中学生の子どもを持つ保護者のおおよそ2割が子どもの成長に伴う強い心理ストレスを感じたことがある」と伝えています。

(注1)内閣府「令和3年子供の生活状況調査の分析報告書」保護者の心理的な状態(K6 のスコア)より
参考文献/「イラストエッセイ 高野優の思春期ブギ くもり、どしゃ降り、ごくたまに晴れ」(高野優・著)ジャパンマシニスト社2012

保護者が困惑する思春期児の態度

多くの保護者を悩ませてしまうのが、子どもの態度です。 暴言を吐いたかと思えば、急に甘えてきたり、自信満々に振る舞ったかと思えば、この世の終わりのように落ち込んだりします。 コロコロと変わる子どもの態度に、親として毅然とした態度をとりたいと思っていても一緒に迷走しまうことも少なくありません。

過度な「褒めて伸ばす」はNG

この迷走を悪化させる原因の1つが「褒めて伸ばしましょう」というフレーズだと私は考えています。 褒めること自体は非常に大切ですが、ときに「褒めて伸ばす」が逆効果になることがあります。思春期の子どもたちにとって、褒めすぎは気まずさやプレッシャーを倍増させる場合もあるからです。
10代頃になり自己理解が進むと、自分の裏の性格を理解し始めます。 つまり子ども自身が「私は、自己中だし、すぐイライラするし、わがままだし」という具合に分析します。この状態で、「すごいね」と声をかけられると「私はすごくないのに、ウザっ!!」となってしまいがちです。
そこで、「すごい」をもう少し丁寧に表現してみましょう。子どもの行動などに、ママが「すごい」と感心した何か理由があるはずです。「忙しいのに勉強も部活もがんばっている」「塾で帰りが遅い日でも早起きして学校に行っている」など、感心できる「理由」の部分をしみじみと伝えてあげてみてください。照れくさそうに笑顔を見せてくれるかもしれませんよ!

覚えていたら楽になる10代の育児

感情の波が激しくイライラしやすい思春期児は、怒ったハリセンボンのようにトゲで自分をバリアしていることがあります。 これは自己表現のひとつで、そのトゲで親を傷つけようと思っている子はほとんどいません。むしろ「こんな僕/私でも受け止めてくれるだろうか」という不安になっていることが。
今はトゲトゲしていても、成長に合わせてトゲが抜け、高校生頃になると以前よりも「落ち着いたな」と感じることは多くなるはずですよ。

思春期の子どもと向き合うことは、大変なときもあります。しかし、あまり子どもの態度に集中しすぎず、彼らの成長を見守る距離感を適度に保ちながら、一緒に成長していきましょう。

次回は、子どもの個性を尊重し、育てるための「しつけ」について考えていきましょう。お楽しみに!

あわせて読みたい

【九州ママ通信Vol.1】大分県別府市の新感覚のミュージアムに出かけよう♪

Lifestyle

2024.04.17

【九州ママ通信Vol.1】大分県別府市の新感覚のミュージアムに出かけよう♪

森田典子

ライター

中高の教職免許(英語)をもつ元教師の肩書に加え、JADP認定上級心理カウンセラー、ブレインアナリスト・プロの資格も保有。
現在は思春期の親子関係専門家として活躍中。/大分のママ集まれ!副代表/12歳と10歳の2児の母
お母さん達が、子どもの成長を願うのと同じぐらい自分の人生も楽しんでもらえるように日々活動しています!
Instagram⇒@noriko.morita.kosodate
九州ママのオンラインコミュニティ「ママ集まれ!」はこちら⇒https://mama-atsumare.com/

SHAREFacebook
POST
LINELINE