投稿写真「息子の岳矩9カ月です」(愛・26歳)

Baby&Kids

子育ての一般論にとらわれない。これだけは!という形にこだわってみて

vol.342【1日1成長お母さん】あれもこれもと求めるより、自分流のスタイルを見つける方が大切です

お母さんと子どもにとっての最良の育児スタイルを見つけましょう

「絵本をたくさん読み聞かせましょう」「なるべく外遊びをしましょう」などと一般的に育児書に書かれていることをリストアップしてみると、お母さんのやることは意外と多いもの。「子どものためだから、良いとされることは何でもやってあげたいわ」と頑張りすぎると時間も労力もかかります。加えて家事もこなす!となると相当の覚悟が必要かもしれません

忙しいからこそ、家事と育児の効率を考えよう

会社員のNさんはフルタイムで仕事をし、2人の子育てをしています。育児と仕事の両立に毎日バタバタ過ごしています。そんな中でも寝かす前は絵本を読んであげたいと思いますが、思うように物事が運ばないのが生活です。心の中で「もう少し余裕があれば」なんて申し訳なく思いながら“しなければ”にこだわり息苦しくなることが度々あるそうです。

時間がないからこそ、何をするかではなくなぜするかを意識する

ところで、なぜ一般的に絵本の読み聞かせがいいとされていると思いますか?「言葉の発達を促すから」「想像力を養うから」など根拠はあるでしょう。でももっとも大切なのは、お母さんが子どもを抱きかかえたり、添い寝しながら優しく絵本を読んでくれるその“幸せな時間”だから。つまり大切な親子のコミュニケーションの時間だからなのです。これらはふれ合いながら心を通わすアタッチメント(密着)と言います。

子どもとの密接な関係を積み重ねる方法は、生活の中にあふれています

アタッチメントを大切にしたいなら、絵本を読む以外にも手段はたくさんあります。子どもの心を豊かにしてあげたいと思うなら、子どもに語りかければいいのです。車での移動中やお風呂の中など生活の中でそれらの時間は補えます。「今日は袖口に色がついているわ」などと気が付いたことを会話で投げかけると、日中のお絵かきを思い出すでしょう。そしてお母さんはしっかりと自分のことを見てくれているというメッセージにもなります。

今日の1日1成長

“した方がいい”より“自分にできることだけをする“と決めましょう
子どもの豊かさも1成長、ママの工夫も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!