出典:@ cacacano915さん

Fashion

定番ボーダーもこんなにおしゃれに!マンネリ打破のボーダーコーデ

困ったときのお助けファッションアイテムとして活躍してくれるボーダー。全身プチプラで固めているときでも、ママコーデでも、ボーダーを取り入れるだけで子どもっぽくならないおとな顔なアイテムでもあります。
そんなボーダーは長年着尽くして、そろそろマンネリ気味になっていませんか?
今回は、定番ボーダーを今年風に着こなすファッションアイデアを紹介します!

■2018年、ボーダーアイテムはマルチに進化する!

出典:mamagirl2018春号

これまで白地に黒いラインの、モノクロトーンのボーダーが定番とされていました。
2018年は、そのベーシックなボーダーに変化アリ。各ブランドでは、ボーダーの新作としてマルチカラーボーダーアイテムを続々発表。これは、白×黒だけのボーダーではなく、レッドやイエローなど、いろんな色が組み合わさったもの。
ボーダーのラインもブラックだけでなくネイビーやレッドなど、カラフルなものが流行りそうです。色だけじゃなくラインがダブルになっていたり、幅広ボーダーだったりと、マルチなボーダーアイテムにじわじわ人気が集中。
2018年春~夏にかけて定番ボーダーがマルチに進化しそうな予感です!

もちろん、これまでのベーシックなボーダートップスも人気続行中。2018年は定番ボーダーコーデの中にトレンドを意識したアイテムを取り入れて、上手にボーダーアイテムを使ってみましょう!

■キュートカジュアルが手に入る。スカート×ボーダー

スカートにボーダーを合わせる定番スタイル。今年風に着こなすには、ロング丈スカートやジャンパースカートなど、旬顔スカートと合わせてみましょう。

・ロング丈のプリーツスカートと合わせるとかわいく決まる

出典:@ mei.5.7.desさん

ボーダーアイテムはボーイッシュなスタイルにも、ガーリーなスタイルにも取り入れることができます。@mei.5.7.desさんのコーデは、ダブルラインのボーダートップスに、可憐なロングプリーツスカートをセレクト。
ボーダートップスはカジュアルなアイテムですが、女っぷりアイテムであるロングスカートを合わせるとかわいく決まるみたいです!

・無難コーデになりそうなときは赤ボーダーで遊び心をプラス

出典:mamagirl2018春号

カーキスカートに、黒の小物。ここでブラック×ホワイトの定番ボーダーを使うと、バランスよしのモノトーンコーデが完成しますが、いつもと同じになってしまうようなら赤ボーダーを選んでみましょう!
赤ボーダーを選んだことで、華やかさがプラス。ぐんと女っぽさがアップしたコーデにまとまります。

・合わせるトップスに迷ったら…ボーダーをセレクト

出典:@ yoahiru.wさん

ジャンパースカートにボーダーを合わせている@yoahiru.wさんのコーデ。白地にグレーラインのボーダーと、クリームホワイトのスカートは相性抜群。ホワイトを基調としたコーデなので、やさしくかわいい印象に仕上がっています。
コーデの主役はかわいらしいインパクトのあるジャンパースカートですが、合わせるトップスに迷ったらボーダーを選んでみましょう。
ボーダートップスはコーデの主役アイテムを邪魔せず、かわいくサポートしてくれます。

■メンズライクに。デニムのボーターコーデ

何にでも合うボーダーアイテム。もちろんデニムとも相性抜群。ボーダーとデニムはド定番の取り合わせなので、無難な方向に転びがちです。
カットソーデニムやワイドデニムなど、流行を意識したデニムを選んでイマドキ風の着こなしをかなえましょう!

・カットソーデニム×ボーダーでつくるキレイめカジュアル

出典:@ sa_youuさん

こちらは、ボーダーに今年顔のカットソーデニムを合わせた@sa_youuさんのコーデ。
カットソーデニムとボーダーは、それぞれがメンズライクアイテムでありながら組み合わせるとどこか上品に決まるようです。足元のホワイトローファーと、ノーカラージャケットもきちんと感をコーデに与えています!

・赤ボーダーとタイトデニムでパリジャン風コーデの完成!

出典:@ cacacano915さん

@cacacano915さんのコーデには、赤ボーダーとタイトデニムが使用されていました。赤ボーダートップスは、ネイビーのベレー帽と相性抜群。カラーマッチもよいので、パリジャン風の雰囲気が出ています!
デニムとボーダーはボーイズライクなスタイルがかないますが、このコーデのように赤ボーダーを取り入れるとかわいさがプラスされます。上品なボーイッシュスタイルを目指したい人は、ぜひ真似してみてくださいね。

・ボーダー×デニムスタイルを引き締め。ロングカーデで縦ラインを強調

出典:mamagirl2018春号

こちらはボーダー×デニムのスタイルに、ロングカーディガンを合わせています。ボーダーとデニムの組み合わせでボーイッシュが行き過ぎる心配があるときは、ロングカーディガンを合わせてみて。
ロング丈は縦ラインが意識されて細見せ効果もあり、さらに女らしさもプラス。メリハリあるコーデが完成しますよ。

■カラー別に見るパンツ×ボーダースタイル

どんなスタイル・アイテム・カラーにもなじみよく使えるボーダー。
次は、ボーダー×パンツコーデを、パンツのカラー別に見てみましょう!

・定番ボーダーになじみやすいブラックパンツ

出典:mamagirl2018春号

定番のモノトーンボーダー。このボーダーに合わせるパンツのカラーは、ブラックを選んでおけば間違いないでしょう!
全体をモノトーンでまとめると、コーデにメリハリやアクセントがなく、ちょっとぼんやりとした印象に。そんなときはこのコーデのように、パステルピンクなどのアウターをプラスしてみて。
ピンクのコートは、キャンディスリーブが目を引くデザイン。ボリュームスリーブはトレンドアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

・元気カラーのオレンジを使ったパンツ×ボーダーで夏っぽコーデ

出典:@ yuricookieさん

@yuricookieさんは、ボーダートップスに鮮やかなオレンジのパンツを合わせてコーデしていました。
ボーダーは白×黒の定番スタイル。いつものボーダーも、パンツのカラーを変えるだけで元気な印象のある夏コーデに変身します!
オレンジのパンツは7分丈で足首が見えるので、抜け感が演出できるみたい。さらにストローハットをかぶれば、夏のおとなカジュアルが完成します。

・ベージュパンツには、黒ベースの白ラインボーダーが似合う!

出典:@ mika_____akimさん

こちらはベージュのワイドパンツにボーダートップスを合わせている@mika_____akimさんのコーデ。ベージュカラーは、白地に黒ラインのボーダーではなく、逆の黒地に白ラインのボーダーがよく似合うみたいです!
このボーダートップス、普通のTシャツではなくゆったりした袖がポイント。ワイドパンツにゆったりめのトップスを合わせるときは、こちらのコーデのようにゆるくボトムインするとスタイル全体がだらけることなくまとまってくれるみたいです。

・カラーボーダートップスはホワイトボトムで目立たせて

出典:@ yun_wearさん

@yun_wearさんがコーデに取り入れていたのは、ベージュをベースにネイビーのラインが引かれたカラーボーダートップス。コーデの中でボーダーのカラーがよいアクセントになっています!
ボーダーをコーデのポイントに持っていきたいときは、こちらのコーデのようにホワイトボトムを選んでみてはいかがでしょうか。女らしいホワイトボトムは、全体がスイートにまとまりそうです。

・ボーダーとボトムどちらもネイビーなコーデ。さし色にレッドがオシャレ

出典:@ matsuten522さん

@matsuten522さんは、ネイビーボーダーのトップスに、同じくネイビーのパンツを合わせていました。ネイビーはブラックよりも優しい印象なので、春夏のコーデに取り入れるとぴったりハマります。
コーデのポイントとなっているのは、肩にかけた鮮やかレッドのカーディガン。ネイビー×レッドの鉄板ベストマッチカラーで、おしゃれ見せに成功しています!

■廃れ知らずのボーダー。ひとつ持っておくとコーデの幅が広がりそう

ボーダートップスで作るコーデの例をアイテム・カラー別に紹介しました。
ボーダーはなんにでも合う万能アイテム。つい同じようなコーデを繰り返してしまいがちですが、アイテムの合わせ方次第でコーデの幅をぐんと広げることができますよ☆さっそくコーデにボーダーを取り入れてみましょう。

さえ太郎

2016年生まれの男女双子を育児中!子どもの知育おもちゃ・木のおもちゃが大好き♡双子コーデを勉強中です!最近、一戸建てを買いました。北欧インテリアに囲まれたヒュッゲな生活に憧れています…☆
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!