出典:@ jun_mm_angelsさん

Other

日本国内人気の海水浴スポット11選!海開きの最新情報も

夏と言えば、海ですよね!海水浴を心待ちにしている人も多いのでは?今年はどこの海に行こうか迷っている人に、おすすめしたい海水浴場をリサーチしてみました。東京を中心とする関東地方、関西、中国地方、沖縄の中から選んでみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。あわせて海開きの情報もお伝えします。

■海開きって何をするの?意味や海開きの期間とは

海開きとは、海水浴場をその年はじめて一般の人々に公開することをいいます。浜開きと呼ぶことも。海開きの初日には、神主などによる安全祈願祭が執り行われることが多いそうです。
本州では一般的に、7月上旬から中旬に海開きが行われます。1年を通じて温暖な気候の沖縄では、3月から4月に海開きが行われます。沖縄の海開きが最速だと思うかもしれませんが、実は東京都の父島や母島では元旦に海開きが行われているのです!
いつ海開きがされるのかは海水浴場によって違うので、詳しくは各海水浴場のホームページなどをチェックしてみて!

■すでに解禁!沖縄の海開き情報と人気ビーチ

ここでは、すでに海開きされている沖縄のビーチをご紹介します。

はての浜

出典:@ mari.hickeyさん

久米島から5km離れた場所にある無人島「はての浜」は、年中遊泳可能です。約7kmの細長い砂浜が広がります。透明度が高い海の中では、カラフルな熱帯魚やウミガメが泳いでいることも!
海水浴やシュノーケリングを存分に楽しめるでしょう。ちなみに島には草木が生えておらず、太陽を遮るものが何もないので、パラソルや日焼け止めは必需品です。

ムーンビーチ

出典:@ makkyyy19さん

恩納村のホテルムーンビーチに隣接している「ムーンビーチ」は、年中遊泳可能です。プライベートビーチですが、宿泊客以外も利用可能。宿泊客は無料ですが、それ以外の方は大人500円、3歳以上の子どもは300円が必要になります。
ハブクラゲネットが設置されているので、安心して泳ぐことができますね。海水浴以外にも、マリンメニューや無人島へのクルーズも楽しめますよ!

瀬底ビーチ

出典:@ makkyyy19さん

瀬底島にある「瀬底ビーチ」の2018年の海開きは、4月14日(土)に行われました。沖縄本島と橋でつながっているので、車で気軽に訪れることができますよ。
本島の中でも、特に透明度が高いビーチとして知られています。遊泳可能エリアの中でも、熱帯魚を見かけることもあるそうです。那覇から美ら海水族館に向かう道中にあるため、途中で立ち寄ってみては?

番外編・瀬長島

出典:@ mari.hickeyさん

那覇空港から車で15分の位置にある瀬長島は、海中道路でつながっているため、車で訪れることができます。きれいなビーチがありますが、残念ながらハブクラゲネットが設置されていないため、遊泳は禁止されています。
しかし、ビーチコーミングを楽しんだり、ゆっくりと浜辺を散歩できたりしますよ!また、ウミカジテラスという複合施設があるので、そちらも訪れてみては?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE