出典:@ bm.peekaboo0512さん

News

サーフィン入門編!初心者さんはスクールに通うことが上級者への近道!

都内近郊にはサーフィンの聖地がたくさんあり、今年の夏にサーフィンを始めようと考えている人も多いのではないでしょうか?今回は、サーフィン初心者さんにサーフィンの基本的な道具や用語をレクチャーしちゃいます☆都内からアクセスのいいスクールや波情報が分かるコンテンツなど、サーフィンをするうえで必要な技術や知識もしっかり学んで、悠然と広がる海へテイクオフしましょう!

◆基本的には3つ!サーフボードの種類を知ろう

サーフボードには、初心者から上級者までレベルに合ったボードがあります。まずはボードの種類を学びましょう。

出典:@ bm.peekaboo0512さん

・ショート


一般的な長さは160~190cmで、小回りが利くためボードをコントロールしやすいのが特徴。中級~上級者のサーファーにとっては、ボードコントロールをする上で欠かせないボードです。他のボードと比べると小さい分、浮力が小さいため安定感に欠ける面があるので、初心者には扱いが難しいでしょう。

・ロング


274cm(9フィート)以上のボードのことをロングボードと呼びます。大きなボードなので、持ち運びが大変なのがたまにキズ…。しかし、波の影響を受けにくく、安定感があるため初心者に向いているボードです。

・ファン


ショートとロングの中間のサイズ感で、約220~260cmほどが一般的です。ロングボードより持ち運びがしやすく、波の上でもある程度の安定感を得られるので、初心者に人気のあるボードと言えるでしょう。
サイズの幅が広いため、ゆくゆくはショートボードに挑戦したいと思っている人は、ショートボード寄りの長さへ徐々にサイズを落としていくと、スムーズにショートボードへ移行できます。

◆ボードの選び方

サーフィンを始めるにあたって、波に乗っていないのに道具だけ先にそろえるのはやめましょう!
まずは、スクールや経験者から教えてもらい、自分の技術レベルを確認し、レンタルボードや中古品などで、自分に合うボードを探すのがポイントです。新品を購入して、まったく使いこなせなかったらボードもお金ももったいないですからね。
じっくりと波に乗る経験を積んでから、乗りたいボードを購入すると失敗しにくいでしょう☆

◆サーフィンに必要な道具は?

サーフィンに必要な基本的な道具をピックアップ!意外といろんな道具があるので、サーフィンを始める際には、買い忘れがないように注意しましょう。

・デッキパッド

出典:@ bm.peekaboo0512さん

サーフボードに乗るときの後ろ脚部分に張りつける滑り止め。
カラフルでデザイン性が高いものが多く、ボード以外に個性を出すことができる部分です☆
足が滑りにくくなるだけでなく、足がしっかりとボードに張りつき、衝撃を軽減することも可能!

・リーシュ

出典:@ yagigigi1234さん

リーシュとは、ボートとサーファーを繋げる道具のことです。サーフィンをする上で、命綱とも言えるほど大切な道具!流されたボードが自分や他人に当たるのを防き、海に落ちたときには再びボートに乗ることができます。
ウェットスーツを着用する場合は、ウェットスーツの下につけると外れにくくなるそうです。

・ワックス

出典:@ yagigigi1234さん

スキーやスノーボートでは、雪面につく裏側にワックスを塗ることがありますが、サーフボードの場合は表面に塗ります。
足を滑らなくするためにベースコートとトップコートの2層式で塗るのが一般的です。季節によって素材が変わりますが、基本的に熱に弱い性質があるので、使用するときは日陰か涼しい場所がいいでしょう!

・フィン

出典:@ bm.peekaboo0512さん

ボードのスピード性能や回転性を左右するフィンは、一枚使いのシングルフィンや2枚使いのツインフィン、3枚のトライフィン、4枚のクワッドフィンなど、使用する枚数で名前が変わります。波の状況や波乗り技術で枚数を調整することができ、いろんな性能のフィンがあります。

・ウェットスーツ

出典:@ yagigigi1234さん

ウェットス―ツは、怪我防止と保温のために必要なアイテムです。波乗りに失敗した際に浅瀬だと海底に体を叩きつけられることがあり、岩場やサンゴ礁などがあると怪我をする恐れが高まります。また、海上で波待ちをしているときなどは体温が下がりやすく、体力保存のためにも必要なアイテムと言えるでしょう。

・ブーツ&グローブ

出典:@ yagigigi1234さん

海水温が低くなるシーズンの防寒アイテムである、ブーツやグローブ。ブーツにはスタンダードタイプとソックスタイプがあり、しっかりと固定したい人にはベルトがついているスタンダートタイプがおすすめです。素足感を大切にしたい人はジャストサイズのソックスタイプがいいでしょう。
グローブは、5本指タイプとミトンタイプの2種類があり、機能性を優先する場合は5本タイプ、保温性を求める場合はミトンタイプがおすすめです。

・ボードカバー

出典:@ bm.peekaboo0512さん

ボードを保管するときや持ち運ぶときに必要なカバーは、ハードタイプとニットタイプがあります。ボードは日差しや風、使用中の傷が腐敗するなど意外と傷みやすいアイテムです。車で持ち運びをすることが多いときはニットタイプ、手に持って運ぶことが多いときはハードタイプにするなど、用途によって使い分けるといいでしょう。

・バケツ

出典:@ yagigigi1234さん

サーフィンを終えて、使用後の道具を車に入れて持ち替える際に、多くの水分を含んでいて水を切るのが大変!ということがあります。そんなときは、濡れたウェットスーツやリーシュなどをまとめて入れられる蓋つきバケツがあると便利です。
濡れたままでいいので帰り支度がスムーズになり、体力が消耗しているときでも楽に片づけをすることができます。

◆サーフィン初心者が知っておきたい注意点!

サーフィンを楽しむうえで最低限知っておきたい点をおさえておきましょう。

・波を待つときは思い切って沖まで出る!


脚がつくくらいの浅瀬や波が崩れて泡立つような場所で練習をすると、中級者や上級者の進路妨害になることがあります。上級者は上手くよけてくれるかもしれませんが、ぶつかって怪我をする危険があるので、注意が必要です。

・波が大きいときは海に入らない!


自分の技術以上の波が立っているときは、無理に海へ入らないようにしましょう。思わぬ事故を招いてしまうことがあるので注意が必要です。

・テトラポットや潮流れに注意する!


海岸から沖に向かう潮の流れに乗ってしまうと岸に戻れないほど流されてしまうことがあるので、周りのサーファーや景色に注意しながら沖に出るようにしましょう。また、テトラポットの近くは逆に引き寄せられるような潮の動きをしているので、テトラポットの近くも注意が必要です。

・鼻に入った海水をちゃんと抜く!


練習を重ねていると何度か経験する、鼻に海水が入ってしまうアクシデント。海水をそのままにしておくと炎症を起こしてしまうことがあるので、水抜きはしっかり行いましょう。

・雷に注意する!


海面での波待ちは雷の影響を受けやすいので、天気予報を随時チェックし、雷注意報が出ているときは海に近づかないようにしましょう。

◆初心者さんに朗報!関東地方でおすすめのサーフィンスクール

関東地方で通えるサーフィンスクールをピックアップしてみました。

・ニッコリサーフィンスクール@Surf Club


東京から一時間程度の場所(千葉九十九里)にあるニッコリサーフィンスクール@Surf Clubは、少人数で初心者でもわかりやすくサーフィンを学ぶことができるスクールです。体験スクールとは違い、5時間もの本格的なレッスンを受講することができ、フリーで練習ができる時間もあります。都内からの送迎サービスもあるので、車を持っていない人でも気軽に参加することができるでしょう。レンタルからスクールまでを一貫して行い、プロのコーチからレクチャーを受けることができるので、安心して通うことができます。

URL:http://www.nikkorisurf.com/

・BEACH HITOTSUMATSU

 

早くショートボードをマスターしたい人におすすめなのが、BEACH HITOTSUMATSUです。自分で波に乗れるようにレクチャーしてくれ、誰でもショートボードを目指せるカリキュラムを設けているのが特徴。自分に合ったボード選びやレベル別、個別指導も可能で一人でも女性だけでも気軽にレクチャーを受けることができます。いきなり海で泳ぐことはせず、陸上でパドリングやテイクオフの基礎練習を行い、しっかりと基礎を習うことが可能です。手ぶらで行ってもレンタルセットなどを利用すれば手軽にサーフィンが楽しめるでしょう。
URL:http://www.b132.net/

◆サーフィンを始めるなら、ここの海が鉄板!

初めて海へテイクオフするのにぴったりの海へ出かけましょう。

・九十九里浜


出典:photAC

都内から車で約2時間とアクセスがよく、日帰りサーフィンが可能な千葉県の九十九里浜。プロのサーファーが多く集まる場所ですが、スクールの数も多いのでビギナーの方でも気がねなくサーフィンを楽しめます☆

・湘南

出典:photAC

サーファーに人気のスポットのひとつ!多くの人で混み合うことが多いですが、湾内で波が穏やかなため、初心者におすすめです。周辺にはサーフショップやスクールも多く、基礎知識から学びたい人向けでしょう。

◆波情報ゲット法!波の状況を把握するならこのサイトがおすすめ

波の情報を正確にゲットするのもサーファーのたしなみのひとつ!サーファーおすすめのサイトをご紹介します。波情報サイトやサーファーのブログをチェックしてみましょう!

・波伝説


会員登録が必要な情報サイトですが、全国のサーフポイントの波の状況や風などの情報をゲットできる便利なサイトです。また、サーフエリアガイドでは、海のタイプやサーファーレベル、駐車場の有無などを調べることができ、自分にピッタリのビーチを見つけることができます。

URL:https://www.namidensetsu.com/

・なみある

 
6日先の週間波予報や1時間ごとの動画で波の状態をチェックすることができる「なみある」。サーフポイントのコンディションをプロのサーファーが解説してくれたり、サーフィン業界のことがわかるニュースが読めたりと、サーファーならチェックしておきたい情報が満載のコンテンツです。スタンダードコースとより情報量が多いアドバンスコースがあり、好みで情報量を選べるのもうれしいポイント☆

URL:http://www.namiaru.tv/

◆成功は一日にして成らず!上級者への道は経験を積むことと向上心!

どんなに上手に波に乗っている人でも、最初はだれでも初心者でなかなか波に乗れない人が大半です。上級者のようにかっこよく波に乗りたいと思うなら、スクールでしっかりと基礎を学び、経験を積んでコツを掴んでいきましょう。

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]