Facebook Twitter Instagram

出典:Photo AC ※写真はイメージです

Fashion

ストールのおしゃれな巻き方をマスター!不器用さんもOKな簡単アレンジ

季節の変わり目に防寒として使えるストールは、春夏には日差しよけにも役立つため、1年を通してマルチに使える万能アイテム。いつもの洋服に投入するだけでこなれ感もアピールでき、おしゃれアイテムとしても注目されています。今回はそんなストールの巻き方を詳しくレクチャーしちゃいます☆巻き方を変えるだけで、また違った印象に見せることができるため、マンネリも回避できますよ!

■いろいろなシーンで使えるストールのタイプ

ストールは選ぶ生地によって使える季節やシーンも異なります。ストールにはどんなタイプがあるのか見てみましょう。

・春~冬まで年中使えるシルク素材のストール 


肌触りのよい柔らかなシルク素材のストールは、1年中使用することが可能。上品な光沢感もあるため、ドレッシーなパーティースタイルにもぴったりです。



・暑い夏でも涼しく着用することができるコットン素材

出典:Photo AC ※写真はイメージです

綿素材で作られたストールは1年を通して使用することができますが、通気性や吸湿性に優れているため夏の使用にもおすすめです。また、洗濯もできるためお手入れが簡単なのも魅力でしょう。

・保温性の高いウールやカシミヤ素材のストール 


セーターやアウターなどにもよく使われているウールやカシミヤ素材は、ストールにもよく使用されています。どちらも保温性が高いため、冬の防寒アイテムとして1枚あると便利です。カシミヤやウールに比べて薄手に仕上げられているものが多く、光沢感があるのが特徴。ウールはシワになりにくく型くずれしにくいといった魅力があります。

■季節別の簡単×おすすめの巻き方をご紹介

季節別でおすすめのストールの巻き方をご紹介します。意外とどれも簡単にできる方法なので、ぜひトライしてみてくださいね☆

・春の薄手ストールは「ミラノ巻き」でボリュームを 

薄手素材のスカーフにボリュームを持たせたいなら、こちらの巻き方がおすすめ。この巻き方は「ミラノ巻き」とも呼ばれていて、しっかりと結び目を作るためアクティブに動いても乱れにくいのが魅力です。

まず、ストールを首にかけたらぐるっとひと巻き。そして巻いてできた輪っかの部分に片方のストールの端をインします。そしてもう片方のストールの端は、先程インしたストールの下に入れ込み輪っかの上から出してきます。
あとは全体のバランスや形を整えれば完成です。
冬の大判ストールもこの方法で巻けば、首元あったかですね♡

・暑さ厳しい夏はシンプルに羽織ってさし色に

暑さ厳しい夏は首元に巻いてしまうと見た目も暑苦しくなってしまうため、肩にストールをふんわりとかけるのもアリ☆
シンプルに羽織るだけでテク要らずですが、コーディネートのさし色やアクセントとしても使えます。
また、日よけやクーラー対策としても役立つのでバッグに折りたたんで持ち歩くのもいいかもしれませんね。

・秋は「エディター巻き」でスタイルアップ

こちらはベーシックな巻き方で「エディター巻き」や「一周巻き」と呼ばれているもの。
首元にくるっと一周させて巻きつけただけの簡単な方法ですが、垂らしたストール部分が縦ラインを作りだし、こなれ感を演出しながらもスタイルアップを狙うことができます。
また、首元をきつめにしめてみたり、ゆるめてふんわりめに巻いて見たりしても違った雰囲気に見せることができるので、服のテイストに合わせて調節してみてくださいね☆

・冬は「フロントノット」で着ぶくれ回避

首元をすっぽりと覆い隠せるこの巻き方は「フロントノット」と呼ばれる巻き方で、寒い冬にもぴったり!
大判のストールを好みの太さに折って首にかけたあと、左右それぞれを首にひと巻き。最後に前部分で両端を結んであげれば完成です。
冬はコートやアウターで着ぶくれしがちですが、首元にボリュームを出すことでそんな悩みも回避できちゃいますよ♡
また、この巻き部分をサイドに持って行く「サイドノット」という巻き方もまた雰囲気が違って見えるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■メンズにおすすめのスカーフの巻き方が知りたい!

スカーフは男性のコーデに取り入れてもおしゃれに見せてくれるので、彼氏や旦那さんと共有するなんていうのもいいかもしれませんね♡

出典:@ 「ナチュラル&ハンドメイドショップ 【マキマキ】 Powered by Ameba」

こちらは、首元にかけたストールをクロスさせて結び、ストールで結び目を隠した手軽にできる巻き方です。
シンプルな服装に赤系のストールが映え、コーディネートのおしゃれ度をぐっとアップして見せてくれていますね。

このストールの巻き方は一見難しそうに見えますが、実は一般的なネクタイの巻き方にアレンジを加えた方法。ストールの片方をぐるっともう片方のストール端に巻き付け、首元の輪っか部分に上から通しています。
首元にゆとりを持たせてふんわりと巻くだけで、いっきにおしゃれな雰囲気へとアップデート。レディースのコーディネートに取り入れてももちろんOK♡

■上級者編!結婚式などにぴったりな華やかな巻き方とは?

華やかに見せてくれる技あり!な巻き方なら、結婚式などのオケージョンシーンにもぴったり☆

首元に大きなリボンを作ったこの巻き方は、とってもキュートな雰囲気♡シンプルなドレスに合わせてストールを主役にしてみてもおしゃれにキマりそうですね。
巻き方は、まずストールを左右1:2の長さで首にかけ、長い方を三つ折りにします。
もう一方の短い方は長い方の下から首元の輪に入れ込み、きつく引っ張り、あとはリボン状に形を整えれば完成!
このほかにもさまざまな方法のリボン巻きがあるので、自分の巻きやすい方法を見つけてみて下さいね☆

こちらは大きな正方形のストールでできるアレンジです。
まずはストールを三角形に折り、前から後ろに首元に巻きましょう。あとはストールの左右の端を固結びすればOK。首元にゆとりを持たせたり、ボリュームを持たせればよりこなれた巻き方になりますよ☆

■ストールはおしゃれの幅を広げてくれる万能アイテム

巻き方次第でいろいろな顔を見せてくれるストールは、1つ持っているとおしゃれの幅をグッとひろげることができます。本記事を参考に、デイリーコーデやパーティーコーデなど、シーンに合った巻き方をマスターして、ストールコーデを楽しんでみてくださいね♡

引用文献
「ナチュラル&ハンドメイドショップ 【マキマキ】Powered by Ameba」

haru

神戸出身の転勤族ママ。2歳になったやんちゃボーイは、めきめきとちびっこ怪獣に変身中。ネットで夜な夜なプチプラファッションをチェックするのが小さな楽しみです♪
【Instagram】haru__kirara

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp