Facebook Twitter Instagram

出典:「EDIST. CLOSET Bloggersオフィシャルブログ Powered by Ameba」

Fashion

ポイントを押さえるだけ!スーツをおしゃれに着こなすポイント特集

社会人になると着る機会が増えるスーツ。ビジネスやフォーマルシーンはもちろん、入学式や発表会など子どもを持つ家庭ではより着る機会が増えるでしょう。今回は、スーツの選び方や着こなし方、小物の選び方などをピックアップ。男女別のスーツのおしゃれな着こなしを紹介します!スーツを着るときの参考にしてみてください。

■働く男の戦闘服!できる男風に着こなそう

出典:著者撮影

・メンズスーツの選び方


お店でスーツを選ぶときは以下に2点に注意して選んでみましょう。
〇自分の肩に合ったサイズかどうか
紳士服業界では、スーツは肩のサイズに合わせるのがセオリー!そのため“スーツは肩で着る”とまで言われているそうです。
自分の肩幅にフィットしているかどうかを実際に試着して確認することが大切☆

〇価格帯を理解して着用しているかどうか
10,000~20,000円台の比較的安いスーツは国外工場にて作られていることが多く、一着一着に丁寧な縫製がなされていないことがあります。そのため、周りから見てもスーツを着こなしているというより“普通のスーツ”を着ているとしか思われない可能性が高くなります。
各スーツブランドで取り扱っている30,000円前後のスーツになると、上質な生地を使っていることが多く、デザインによってはおしゃれに着こなすことができるでしょう。
40,000円以上のスーツになると、一着一着を丁寧に縫製し上質な生地を使用することが多いので、着用したときの着心地感が違ってきます。また、自分の体に合わせて作ることでスーツに着られている感がなくなり、シャンとした着こなしができるでしょう。

・ネクタイやシャツの選び方

出典:著者撮影

ネクタイはスーツを着るうえで切っても切れないアイテムです。合わせる色や柄で印象を変えることができるので、ビジネスからフォーマルまで使えるネクタイを何本か持っておくと便利でしょう。
基本的なネクタイのポイントは、無地のネクタイはどんなスーツとも相性がいいので、紺や赤などスタンダードなカラーを数本持っておくと着回しが利きます。柄物をつける場合は、小さい柄の方がコーディネートしやすいので、初心者は小さい柄から挑戦するのが良いでしょう。

シャツを選ぶときのポイントは首回りと裄丈に注意!
首回りは指2本分の余裕があるものをチョイスし、裄丈はクリーニングなどで縮むことを考慮し、2~4cm長めのものがベストです。
また、首の特徴やネクタイのあるなしで襟のデザインを変えるのもおすすめ☆
首が短めの人は襟のデザインが小さいもの、逆に首が長い人は襟のデザインが大きいものがいいでしょう。夏場のクールビズ期間はネクタイをしない企業も多いので、そんなときは襟やボタンにデザイン性のあるシャツがおすすめです。

・小物を使ってグッとこなれた印象に

出典:@ Fukufuku5555さん

さらっとスーツを着こなすのも素敵ですが、スーツ用の小物を使ってより洗練された着こなしを楽しみましょう。
ネクタイピンやカフリンクスは、ビジネスシーンでも使えるので日常的に使用することができます。ラベルピンやポケットチーフなどは、結婚式やパーティーなど華やかなシーンにスーツを着ていく際に着用するのがおすすめです。

■パンツとスカートの二刀流!上手に小物も取り入れよう

出典:著者撮影

・レディーススーツの選び方


レディーススーツを選ぶときのポイントは、メンズと同じく“自分の肩にあっているか”です。また、ウエストは手のひらが差し込める程度の余裕が必要です。ピッタリサイズを選んでしまいがちですが、ピッタリサイズだとどこかに横シワが出来てしまう可能性があり、キレイに着こなすことができません。ジャケットの着丈はヒップの一番高い位置で終わるタイプだと、いろんなボトムと合わせやすいでしょう。
スカートを選ぶときは、丈の長さに注意が必要です。シーンを選ばない丈の長さは、膝のちょうど真ん中あたりだと言われています。しかし小柄な女性の場合は、膝上ぎりぎりの長さを選ぶとバランスが取りやすいでしょう。
パンツを選ぶときは、ストレートシルエットのハーフクッションがおすすめ。これは、裾が甲に当たり生地が少したわむ程度の長さのことです。また、テーパードシルエットのパンツの場合は、甲がぎりぎり当たるぐらいの丈がスッキリした印象になります。

・おしゃれに見せるにはインナーがキモ

出典:「kyoooco's diary Powered by Ameba」

出典:「EDIST. CLOSET Bloggersオフィシャルブログ Powered by Ameba Powered by Ameba」

レディーススーツに合わせるインナーは大きく分けてブラウス・カットソー・シャツの3種類あります。シャツはメンズのワイシャツのように襟とボタンがあるため、カッチリとしたイメージになるアイテムです。
逆に女性らしくスーツを着こなすなら、ブラウスやカットソーがおすすめ☆ブラウスのフリルやリボン、ドレープなどは女性らしい雰囲気に仕上げてくれるため、パンツスタイルと合わせて甘さを調節するといいでしょう。
カットソーは襟がないデザインのインナーなので、首や顔周りがスッキリと見えます。ネックラインのデザインが豊富で、カットソーを変えるだけでもスーツの印象を変えることができるでしょう。

・ヒールやバッグの小物で格上げ

出典:「EDIST. CLOSET Bloggersオフィシャルブログ Powered by Ameba」

いつものスーツコーデを格上げするポイントはバッグやヒール!
シンプルな色合いが多いスーツに派手柄のバックを合わせるだけで、いつものスーツコーデもカジュアルな印象に仕上がります。また、ヒールの高さを変えたりパンプスの色合いをスーツに合わせたりすることで、印象を変えることができるでしょう。特にヒールの高いパンプスはスタイルアップも叶うため、パンツスーツを着るときは合わせたいアイテムですね☆

■ビジネスでもフォーマルでも自分らしくスーツを着こなそう

スーツと言ってもビジネスシーンとフォーマルシーンでは、合わせる小物やデザインが違うので、一式だけだとシーンに合わせた着こなしが難しい場合があります。そのため、2~3着はデザインの違うスーツを持っておくと着回しが利いて便利でしょう。ビジネスでスーツを使う人はインナーや小物で遊んでみるのも楽しいかもしれませんね。

引用文献
「kyoooco's diary Powered by Ameba」
「EDIST. CLOSET Bloggersオフィシャルブログ Powered by Ameba」

たまこ

絶賛男女双子育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪
キャンプやレジャーなどアウトドアも好きで、おうちキャンプも計画中。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp