出典:「きょうの出来事 Powered by Ameba」

Beauty

メイクのノリがUP!優秀メイクスポンジでつや肌美人に♡

「メイクのノリがいまいち…」「しっかりとメイクしても肌がきれいに見えない」という悩みは、誰もが一度は経験しているはず。化粧品との相性、睡眠不足などの生活の乱れ…など、さまざまな原因がありますが、もしかするとメイクスポンジで劇的に改善するかもしれません。今回は、ツヤのある美しい仕上がりを叶える優秀メイクスポンジについて、詳しく見てみましょう!

■メイクの仕上がりを左右する「メイクスポンジ」

基礎化粧品やコスメをいろいろと試したり、美容にも気を遣っているはずなのに、仕上がりが思いどおりにならないと、気分も沈みますよね。「ファンデーションが合っていないのかな?」と買い替えを検討するきっかけにもなるでしょう。

出典:「COSMEHOLIC!~メイクとコスメ~ Powered by Ameba」

ただ、メイクのノリの悪さは、化粧品だけにあるとは限りません。実は、メイクスポンジにこだわるだけで、仕上がりが劇的に改善することもあるのです!普段、メイクスポンジを使わずに手でメイクしている人、メイクスポンジを使ってはいるけれどメイクのノリが悪い人は、自分の肌にピッタリのメイクスポンジに出会えていないからかも。早速、メイクスポンジ選びの旅に出ることをおすすめします!
今回は、さまざまな種類があるメイクスポンジの中から、「コレ!」というものに出会うため、選ぶポイントや人気の商品についてご紹介しましょう。

■メイクスポンジの形

さまざまな種類があるメイクスポンジ。それぞれ得意分野が違います。正しく使い分けてメイク上手になりましょう!

出典:@ meineliebe627さん

・小判型
程よい厚みのある小判型は、広い面を使って手早く塗り広げることができるというメリットがあります。使うファンデーションを選ばないため、一つは持っておくと便利ですね。他の種類に比べると厚みもないため、持ち運びにはおすすめのタイプです。

・ひょうたん型/しずく型
丸が二つ重なった雪だるまのような形が特徴的なひょうたん型。「ブレンザースポンジ」とも呼ばれています。ひょうたんの下側(広い部分)は頬や額などに、上側(とがった部分)は目元や鼻、口元などの細かい部分に便利。しずく型の使い方も、ひょうたん型と同様。上と下でパーツごとに使い分けることができます。

・三角/四角/ハウス型
面や角がたくさんある三角、四角、ハウス型(家の形のスポンジ)は、毎回使う部分を変えられるところが魅力。どうしても雑菌が繁殖しやすいスポンジを衛生的に保つことができます。サイズ的にも小さくて、持ち運びも簡単。気軽に使い捨てられるところも便利です。

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]