出典:photoAC

Lifestyle

ハンガーラックをおしゃれに見せられる?それができたらインテリア上級者♡

実用的なハンガーラックをいかにおしゃれに見せるか♡これは、インテリアにこだわる方ならクリアしたい課題。みんなの知恵を借りながら、この問題を解決できる糸口を探ってみましょう。

◆ハンガーラックは目立つ!だからこそおしゃれなハンガーラックを

家にあると案外使えるのがハンガーラック。服はクローゼットやたんすにしまっているという方も、ハンガーラックという一時置き場があるとその便利さからハンガーラックにどんどん服を掛けてしまうほど。
クローゼットがいっぱいになったので、ハンガーラックを追加したという方もいるかもしれませんね。
多様な使い方ができるハンガーラックは一度使いだすと手放せない!長く使うのであればこそ、インテリアを損なわないようおしゃれに見せるハンガーラックを見つけたいですね。
今回はハンガーラックを選ぶ際のポイントや、おしゃれ見せできるハンガーラックをご紹介しましょう。

◆まずは知りたい!ハンガーラックの選び方は?

ハンガーラックを選ぶ際のポイントとは?ポイントを知ればたくさんあるハンガーラックの中から自分にピッタリのものを選びやすくなりますよ。

・ハンガーラックを使うメリットって何?

出典:photoAC

ハンガーラックをどのような目的で使うかによって、メリットは変わってきます。アウターや制服など、毎日のように着用するものを毎日収納するのは面倒。ですがハンガーラックがあれば、帰宅後にさっとかけておくだけで済むので、面倒な手順を省くことができます。
いっぱいになったクローゼットの収納量を増やすために使えば、あの服が見つからない…なんてことも解消できますよ。

・ハンガーラックを選ぶポイントは?



ハンガーラックを選ぶポイントは、いくつかあります。まず、素材はどのようなものが好みか。木製タイプやアイアンタイプ、ステンレスタイプなどさまざまなタイプのハンガーラックがあるので、インテリアに馴染む素材を選んだり、強度で選んだり。
掛けたい服の量も把握し、ハンガーラックの高さや幅を考えます。ハンガーラックには掛けるだけのタイプや、棚や引き出しがついたタイプもあるので、何を収納したいのかもしっかりとイメージして選ぶといいでしょう。
バッグやベルト、スカーフなどの収納場所に困っているのなら、棚や引き出しがついたタイプを選ぶと悩みが解決するかもしれませんね。
そして、一時掛けではなく収納を目的としたハンガーラックなら、服にほこりがかぶらないようカバーをかけられるタイプもあります。長期収納のためのハンガーラックを考えているのなら、カバーつきも候補に挙げるといいかもしれません。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]