Entertainment

「ちびまる子ちゃん」好きな奥さんが出産直後にみせた余裕…カッコよくて涙

2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、今年7月からインスタグラムで発信。
第2回は奥さんとの馴れ初めから振り返ります。

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■奥さんとの馴れ初めは、あの国民的アニメがきっかけ

僕はアニメの「ちびまる子ちゃん」が好きで、毎週録画して観ています。子どものときも楽しく観ていましたが、録画するようになったのは大人になってから。

「ちびまる子ちゃん」って、めちゃくちゃ泣ける回がたまにあるんですよ。
映画ではなく、通常の30分枠で泣かせてくる。

それで、「自分がまだ知らない、泣ける話があるんじゃないか」と思って、ずっと録画を続けているんです。


実は、奥さんと仲良くなったのも「ちびまる子ちゃん」がきっかけでした。


知り合いのボクサーの祝勝会に参加したときのこと。僕はその人しか知り合いがいない“アウェー”状態だったので、近くにいた人に、なんとなく話しかけていました。

その中にいた一人がいまの奥さん。話の流れで、奥さんが「ちびまる子ちゃんが好き」と言い出したんです。

「ちびまる子ちゃん」って、みんなが小さい頃から観てきたアニメじゃないですか。だから、好きという人は多いけれど、大人になってからじっくり観ている人って少ないんですよ。「どうせ、たまに観るくらいの“好き”なんだろうな」と思い「俺は毎週録画してるよ」と奥さんに言ったところ……。

奥さんが「私も録画してる」って返してきたんですよ。

自分の他にも録画してる人がいた!と嬉しかったですね。そこから「あの回は良かったよね」なんて話が盛り上がり、仲良くなっていったんです。初めて家に誘ったときも、「ちびまる子ちゃん」の映画のDVDを観るのが目的でした(笑)。

■奥さんのたくましさに涙が出てきた

奥さんはスポーツが得意で、18歳まではスポーツ刈り!
バスケットボールの選手なのに、足が速いからと陸上の大会にも出ていたとか。

結婚する前年の2014年、僕はプロボクサーとしてデビューしました。ボクシングの試合の前って、ハードなトレーニングをこなして、体をつくらないといけないんですよ。僕がトレーニングに集中できるように、身の回りのことを奥さんがよく手伝ってくれました。

そして出会ってから2年半後に籍を入れ、第一子を妊娠。昨年の夏に、臨月を迎えました。


「陣痛がきた」と知らせを受けたとき、僕は仕事で京都にいました。

病院に着いたのは、息子が産まれてからわずか30〜40分後。

「分娩室と新生児室、どちらへ先に行かれますか?」
と看護師さんに聞かれて、

「分娩室に行きます」
と即答。

頑張って息子を産んでくれた奥さんに、真っ先に声を掛けなきゃという気持ちでいっぱいだったんです。

分娩室のドアを開けた瞬間、「すごい壮絶だったんだろうな」という空気を肌で感じました。
試合後のリングに上がったような、神聖な空気感というか……。

ベッドの上に横たわる奥さんは、勝って帰ってきたボクサーみたいで、本当に格好良かった。もっとヘロヘロになっているんだろうなと想像していたので、そのたくましさを目にして、涙が出てきました。

「赤ちゃん見てきたら?」激闘を終えた直後なのにこの余裕。うちの奥さんカッコいい!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE