出典:@m__pink__mさん

Beauty

優秀!セザンヌのコントロールカラーで自然な立体メイクを演出

『CEZANNE(セザンヌ)』のコントロールカラーが高級下地にも負けないと話題です。ベースメイクを素肌っぽくきれいに仕上げるには、コントロールカラーは欠かせません。今回はセザンヌのコントロールカラーで肌の色を補正しながら、顔を立体的に見せるお化粧の仕方をご紹介します。セザンヌのコントロールカラーでメイクの仕上がりが数段アップしますよ!

■コントロールカラーって何?どうやって使うの?

出典:photoAC ※写真はイメージです

コントロールカラーは名前のとおり、肌のカラーをコントロールしてくれるメイクアイテムのこと。顔の赤みやクマなどの色むらを自然にカバーして、肌の透明感をアップしてくれる優れものなんです!

・コントロールカラーとは色のついた下地の一種


コントロールカラーにはファンデーションの前に塗る色のついたリキッド状の下地と、ハイライトやシェーディングとして使えるパウダータイプのものがあります。ちなみにCCクリームの「CC」はコントロールカラーのことです。

・コントロールカラーで自然な立体メイクができる

出典:ぱくたそ

コントロールカラーは色別で使い分けることによって、立体的なメイクすることが可能。例えば、ブルーをハイライトとして顔の中央に、ピンクはクマを飛ばすため目の下にのせ、グリーンで気になる赤みを抑えるなどです。
この様にコントロールカラーを使いこなせば、色の調整と同時に自然に立体的にメイクができます。なお、初心者さんに使いやすいイエローやオレンジですが、セザンヌでは2019年6月現在では販売されていません。

・コントロールカラーは下地の上から使える


コントロールカラーを塗る前に化粧下地で肌の凹凸を整え、肌の表面を滑らかにしておくと、ファンデーションを塗るとき、よりきれいに仕上がります。コントロールカラーと化粧下地は使う目的が違うので、上手に使い分けましょう。

■SNSで話題!セザンヌのコントロールカラーは優秀

出典:@momomolululuさん

セザンヌのコントロールカラーは優秀だと定評があります。セザンヌは幅広い年齢層に人気があり、プチプラなのに高品質で有名ですが、特にコントロールカラーはSNSの口コミなどで話題沸騰中です。

・コントロールカラーはリキッドとパウダーの2種類で合計6色


セザンヌのコントロールカラーは、リキッドタイプの「皮脂テカリ防止下地」とパウダータイプの「フェース コントロールカラー」の2種類カラーバリエーションを含めると合計6色あります。

下地用のリキッドタイプはピンクベージュとライトブルーの2種類。ファンデーションの上からのせるパウダータイプはホワイト(マット)、パール入ホワイト、マットブラウン、パール入ピンクの4種類です。

・フェースコントロールカラーはハイライト用とシェーディング用がある

出典:@ koron680さん

ファンデーションの上からのせるフェースコントロールカラーは、のせたところを高く見せるハイライト用と影をつけてシャープに見せるシェーディング用があります。ハイライト用のカラーはホワイト(マット)、パール入ホワイト、パール入ピンクでシェーディング用はマットブラウンです。

・フェースコントロールカラーはブラシでさっと使える


フェースコントロールカラーはブラシつきで簡単にのせられるのが魅力です。手を汚すことなく、付属のブラシでハイライトや陰影をつけたい所に、サッサとつけられます。

■リキッドとパウダー、それぞれのハイライトカラーの使い方

出典:@momomolululuさん

リキッドタイプとパウダータイプ、それぞれのハイライトカラーとしての使い方をご紹介します。

・コントロールカラーを部分的に使う方法


リキッドタイプでハイライト効果をだすときは、ライトブルーを少量ずつ指先で高く見せたいところ(立体感が出る額、鼻、顎)にのせ、指の腹でなじませていきます。また、顔色が悪く血色を出したい場合はピンクを頬にのせて、肌になじませ内側から発色させましょう。
パウダータイプの場合は、ハイライトカラーを額、鼻、顎の部分に仕上げにのせていくだけ。
パール入りピンク<パール入りホワイト<ホワイト(マット)という強さでよりハイライトが目立つので、好みのテイストになるように試してから購入するといいですよ。

・コントロールカラーを化粧下地として使う方法


コントロールカラーを化粧下地として使う場合は、リキッドタイプのみ使用可能。通常の下地の塗り方と同じように塗りましょう。ご使用のメーカーの規定量を手のひらに取り、指の腹でゆっくりと撫でて、コントロールカラーが肌なじみしやすいように温めます。次に顔の広い面、頬、額、残りを鼻と顎先にのせて、薄く伸ばします。伸ばし終わったら、肌に密着するようハンドプレスします。

■リキッドタイプの使い方や仕上がり

出典:@m__pink__mさん

みんながこぞってチェックしているセザンヌのコントロールカラーのリキッドタイプ(皮脂テカリ防止下地)は、どのように使うのでしょうか?ふたつのカラーの特長とともに見ていきましょう。

・使用方法とポイント


どちらのタイプも洗顔後のフェイスケアをした後に塗ります。しっかり化粧水や乳液が浸透してから塗るのがポイントです。容器をしっかり振ったあと適量を手に取り、指でのせたい部分にポンポンと置いていきます。それから、周りになじませるように伸ばしましょう。

・それぞれの仕上がりは?


セザンヌのリキッドタイプのコントロールカラーは、正式名が皮脂テカリ防止下地というだけあって、皮脂のテカリを防いでくれる効果が期待できます。また、毛穴が目立ちにくく、夏にうれしいウォータープルーフ仕様。まさにこれからの季節におすすめの下地なんです!

・ライトブルーで透明感を演出


ライトブルーは、素肌に透明感を出したい人におすすめのカラー。ハイライトとしても使えるのでポイント使いにもおすすめです。

・ピンクベージュは顔色をより明るく


ピンクベージュは顔全体に塗ることで、顔色をさりげなく明るく見せてくれる効果が。肌なじみがよく白浮きしないので、自然な仕上がりになります。

■フェースコントロールカラーでシェーディング用としての使い方

出典:@rose___lipさん

パウダータイプのフェースコントロールカラーは、顔を引き締めるシェーディングとしても使用可能。使い方はコントロールカラーの説明書きにもありますが、顔周りやエラ、そしておでこの際のフェイスラインに塗っていくだけ。ポイントは軽くのせること。それほど暗い色ではないので、ついつい塗りすぎてしまいがちなので注意しましょう。
また、フェースコントロールカラーは、まゆ頭の下から鼻筋に塗るとノーズシャドウとしても使えるスグレモノです。

■色別フェースコントロールカラーの使い方

出典:ぱくたそ

セザンヌのフェースコントロールカラーは、ホワイト(マット)、パール入ホワイト、マットブラウン、パール入ピンクの4色あります。ここでは、1色ずつ使い方を見ていきましょう。

・ホワイト(マット)でシャープな立体感を演出


ホワイトのマットタイプはギラギラせず控えめなので、自然に立体感を出すことができます。高く見せたい所や、明るく見せたい所(Tゾーンや目の下のクマなど)にサッとひとぬりするだけで、シャープな立体感を出すことができます。

・流行りのツヤ感をプラスするなら断然パール入ホワイト

出典:@yuusun128さん

ツヤ感を出したいなら断然パール入りホワイトがおすすめです。ブルべ、イエベ、色白、褐色とどんな肌色にもなじみやすく、頬や額の真ん中にブラシでふんわりのせるだけで、流行りのツヤ肌と立体感が演出できます。

・マットブラウンは自然な発色で肌の引き締めメイクが可能


セザンヌのマットブラウンは日本人の肌になじみやすい発色なので濃くなり過ぎず、自然に顔を引き締め立体的にしてくれます。ベース型の方はえらの部分に、卵型の方は額と顎に、丸型の方は顔の際に入れるといいでしょう。

・パール入ピンクはチークぼかしにぴったり


微量のパールが入ったピンクは、チークを自然に発色しているようにみせるぼかしにぴったりです。Tゾーンやくすみがちな目の周りにいれて、透明感を出すこともできます。薄いピンクなので、浮くことがなく肌がキレイに見えるのが特徴です。

■セザンヌのコントロールカラーで立体感とツヤ肌を演出

その日の体調や季節によっても肌の色は変わるもの。コントロールカラーを上手に使えばいつでもムラのない美肌を演出できますよ。セザンヌのコントロールカラーで、立体感とツヤ感のある華やかなメイクを楽しんでみてくださいね!

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!