出典:@kana_5_24_ さん

Beauty

セルフネイル派におすすめ!ベースコートの特徴と種類を徹底解説

マニキュアを塗る前に欠かせないベースコート、みなさんはしっかり使っていますか?マニキュアの下地としての役割はもちろん、自爪を保護して健康な爪に導いてくれるベースコートはセルフネイル派にとって必須なアイテムです。実は私もベースコートを省いて塗っていたこともありましたが、ネイル検定1級・ジェルネイル検定上級を取得し、ネイルを美しく見せるためにはきれいな自爪を保つことが大切なことを学びました。

そこで今回はベーコートの役割や、使い方、おすすめのベースコートを紹介します。さらに美爪をキープするためのセルフケアについて詳しく見ていきましょう。

■ネイルのベースコートって必要?

ベースコートを使用したことがない方は、そもそもその必要性に疑問を感じる方もいるかもしれません。早速ベースコートの「基本のキ」を確認してみましょう!

・ベースコートの役割が知りたい!

出典:ちふれのマニキュアアイテムを丸ごと調査!新色や人気色もチェック@ yacchin_nailさん

ベースコートはネイルの下地として、マニキュアを塗る前に自爪に塗るためのもの。ベースコートを使用することで、マニキュアの発色が良くなり持ちも良くなるので、ネイルをきれいに仕上げたい方にはぜひ使って欲しいアイテム☆
下地としての働き以外にも、自爪がでこぼこしていたり薄くなっていたりする場合には自爪を保護してくれる働きもあるんです。また、マニキュアをオフした後に爪が黄色くなってしまったという経験はありませんか?それはマニキュアのカラーが爪についてしまう色素沈着が原因です。色素沈着を防ぐためにもベースコートを塗って下地作りをすることはとても大切なことなのです。

・ベースコートのあるなしでこれだけ変わる!

出典:インテグレートのネイルがかわいい!プチプラでカラバリ豊富

マニキュアを直接自爪に塗ったら、思ったよりきれいに色が出なかったという経験はありませんか?ベースコートはマニキュアの定着力をアップし発色を良くしてくれます。
ベースコートを塗らずにマニキュアを塗ってしまうと定着力が弱くなり、はがれやすくなってしまうのです。
さらに、ベースコートを使ってからマニキュアを塗るとオフのときも強く擦らなくてもスッと落とせるのでノンストレス。コットンでゴシゴシこすって落とすのも色素沈着の原因に。除光液を染み込ませたコットンを親指と人差し指で挟むようにして爪に当て、数秒待ってからスルリと下に滑らすように拭き取りましょう。やさしくオフするように心がけてくださいね。

・こんなネイルにはベースコート必須!


自爪をじっくり観察したときに、縦に筋が入って表面がでこぼこしている場合や爪に溝ができている場合は凹凸タイプ用ベースコートを使いましょう。
自爪がでこぼこの状態のままマニキュアを塗っても、凹凸や筋がそのまま表面に出た状態で乾いてしまい見栄えもイマイチ。自爪のでこぼこは乾燥が原因の場合も多いため、保湿成分が含まれているベースコートがおすすめです。他にも二枚爪の方やジェルネイルやスカルプチュアなどでダメージを受けてしまった爪にもベースコートは有効に働いてくれます☆

■ネイルのベースコートはどう使う?

セルフネイルの必須アイテムといっても過言ではないベースコートですが、その使い方はとっても簡単なんです!

・ベースコートの基本的な使い方

出典:photoAC

ベースコートを塗る際は、ボトルの口部分で刷毛の片面をしごき、ベースコートの量を調整してから塗るようにしましょう。爪の端までしっかりと塗り、塗り残しがないようにします。
爪の先端にもベースコートを忘れず塗ることがポイントです。爪の先端に塗ることでマニキュアの剥げを防ぎます。ベースコートを塗る前に自爪の余分な油分や汚れを落としておくと、ネイルの持ちがグッと良くなりますよ!

・ネイルをつけ終わったらトップコートも忘れずに

出典:ちふれのマニキュアアイテムを丸ごと調査!新色や人気色もチェック@ __75.nailさん

トップコートもベースコート同様に、爪先に塗ることを忘れずに!トップコートは2度塗りするとツヤ感が増しますよ。トップコートは塗り方に少しポイントがあります。
トップコートを塗るときは、1度塗りの際に力を入れて塗ってしまうとマニキュアのカラーがにじんでしまうことがあります。刷毛に力を入れないようにそっと乗せるイメージで塗りましょう。

出典:ちふれのマニキュアアイテムを丸ごと調査!新色や人気色もチェック@ c_nail_1202さん

ネイル後はトップコートも塗っておくとよりきれいな仕上がりに!ネイルの発色が良くなり、ツヤのあるネイルになるだけでなく、外部の衝撃からネイルを守る働きがあるので、ネイルを保護して剥がれにくくしてくれますよ。
トップコートとベースコートは混同されがちですが、役割も効果も違うので使い分けるのが◎また、きれいなネイルを維持するためにもトップコートは2~3日に1回くらいの目安で重ねて塗り直すことをおすすめします。

■ベースコートの種類&選び方は?

ベースコートは大きく分類して3タイプ!ここからはベースコートの種類や選び方について確認していきましょう。

・健康な爪には通常タイプ

出典:@mana.nail.v さん

特に自爪にトラブルがなく健康な状態の爪には、色持ちや爪の保護が主な作用の通常タイプがおすすめです。自爪への色移りをしっかりと抑えてくれるので、濃い色のマニキュアを使うことが多い方は1本持っておくと良いでしょう。
ホロやラメなどの落としにくい素材を含んだマニキュアを使用する場合にも、ベースコートを塗っておけばオフもラクラク!また、透明なものが多いので、オフィスでマニキュアがNGの方や、学生さんはマニキュア感覚で塗れば自爪ケアにもなり、ツヤも出るので指先をきれいに見せることができますよ☆

・トラブルを抱える爪にはダメージケアタイプ

出典:photoAC

二枚爪の状態になっていたり、全体的に薄くなってしまっていたりする場合はダメージケアタイプのベースコートを選びましょう。爪がすぐに割れたり折れたりする方にもおすすめです。乾燥を抑えて爪を強化できるダメージケア用ベースコートを使えば安心してネイルを楽しめます。オイル入りの物もあり、しっかりと乾燥を防ぐことができるのでおすすめです。

・でこぼこ自爪には凹凸ケアタイプ


自爪に筋や溝ができてでこぼこしている場合は、水分不足が原因で乾燥状態になっていることが多いです。そんなときは、リッジフィラーなどの凹凸ケアタイプのベースコートを使いましょう。凹凸ケアタイプベースコートは、溝を埋める以外に、保湿成分がたっぷり含まれているのも特徴で、爪が折れやすい方や割れやすい方はしっかりケアができますよ。

■特におすすめなプチプラベースコート

どんなベースコートが人気?

・愛用者多数のHOMEIピールオフベースコート

出典:@ mana.nail.vさん

数あるピールオフベースコートの中でも口コミランキングの評価が高く、香りの良さと剥がしやすさが魅力の「HOMEI(ホーメイ)ピールオフベースコート」。
800円(税抜)なのに15mlも入った大容量なのもうれしいですよね。ネイルチップのように簡単に剥がせるので、ネイルを頻繁にチェンジしたい方や、お休みの日だけネイルを楽しみたい方には特におすすめです。ラメカラーなど除光液でのネイルオフが大変なときの強い味方に!

出典:@ mana.nail.vさん

同じくプチプラのピールオフベースコートとして『Dear Laura(ディアローラ)』paネイルカラーの「塗ってはがせるベースコート」280円(税抜)なども販売されているので要チェックです☆また、ホロなど乗せたときには、はがれにくいことも…。はがせるベースコートを塗っていても無理やりはがすと爪が傷んでしまうので、はがれないときには除光液でオフしてくださいね。

・でこぼこ自爪さんにおすすめのリッジフィラーベースコート

出典:@kana_5_24_ さん

自爪がでこぼこしていてネイルをしてもきれいに仕上がらないという方はぜひリッジフィラーの機能を兼ね備えたベースコート使ってみてください。
リッジフィラーには、自爪のでこぼこや溝を目立たなくし、なめらかにする機能の他、弱った爪を保護してくれる効果があります。さらに、マニキュアの発色もよくしてくれ、滑らかな仕上がりになりますよ。また、ジェルネイル派の方は特に自爪が薄くなったり傷んでしまうトラブルが起こりがちですが、このベースコートを使えば爪の補強にもなるのでおすすめです。
『JESSICA(ジェシカ)』の「ベースコートフォーダメージ」はプチプラ価格の1,100円(税抜)なのに、ジェルネイルやスカルプチュアで傷んだ爪をしっかり保護して健康的な爪にしてくれますよ☆

・プロネイリストもおすすめのナチュラルベースコート


出典:@ mana.nail.vさん

ネイルサロンでも多く使われている、発色と速乾性が良いカラーバリエーション豊富なネイルカラーがそろう『O・P・I(オーピーアイ)』。そんなO・P・Iからも自爪への着色を防ぎネイルを長持ちさせてくれる「ナチュラルネイルベースコート」が販売されています。
爪の基礎成分となるケラチン・アミノ酸が豊富に含まれているため、自爪をしっかり保護してくれて健康な爪へ導いてくれると人気を集めています。1,500円(税抜)で爪にもやさしい優秀ナチュラルベースコートは1本持っておくと重宝しそう! O・P・Iから販売されている自爪の保護に重点を置いた「ネイルエンビー」もベースコーとして使えるので、こちらも要チェック!

・速乾性抜群のノアベースコート


メイクやスキンケアなど幅広いブランドを手掛ける大手化粧品ブランドの『KOSE(コーセー)』のネイルラインから販売されている「ノア ベースコートa」。300円(税抜)とお手頃価格にも関わらず、ドラコスの中でも速乾性が高いのがポイントです。無色透明ではなく薄いピンク色をしているため、塗った後は爪がほんのり桜色になり爪色もきれいに見えますよ。

■美爪を保つために簡単にできるネイルセルフケアとは?

少しのお手入れできれいな爪を保つことができますよ!

・正しい爪の切り方は?


出典:photoAC

爪の形を整えるときや短くそろえるときには、どんなアイテムを使っていますか?爪切りが早くて便利ですが、爪切りで切ってしまうと二枚爪の原因になるので、爪やすりを使用することをおすすめしますよ。爪やすりを使うときには爪が傷まないよう、往復に削るのではなく、一定方向に動かし、角も整えます。角を整えるときには内側に向かって削ります。

・ケア方法を知りたい


ハンドクリームを塗ってハンドマッサージをする方は多いかもしれませんが、爪のマッサージをプラスすることをおすすめします。美爪と呼ばれる人の特徴は、爪のピンク色の部分が長く、縦長の人が多いです。爪をマッサージすることで、血行促進になり爪の成長を助けます。
爪を作っているのは爪母(そうぼ)という部分です。爪母は、爪の根元の部分。根元の白くなっている部分は爪半月、その爪半月の根元に爪母があります。外側からは爪母は見えないので、親指を爪の根元あたりに乗せて、円を描くように揉んだり、爪の両端をつまむように押して刺激を与えてください。あまり強く押しすぎないように注意してくださいね。

・保湿などのアイテムをプラス


出典:photoAC

爪や爪の周りの皮膚や爪と指の間にある皮膚(ハイポニキウム)にを保湿してツヤを与えてくれるネイルオイル(キューティクルオイル)がおすすめ!ネイルオイルは、ハンドクリームよりも保湿効果が高いので、爪や爪周りの保湿やささくれ防止など特に乾燥しやすい爪周りのケアに潤いを与えます。

・たんぱく質を積極的に摂取しよう!


爪を作っているのはたんぱく質です。たんぱく質は肉・魚・大豆などがありますが、健康的な爪を育てるためにも積極的にたんぱく質を摂ることを心がけましょう!

■ベースコートはセルフネイル派の強い味方!

ネイルの発色を良くして、自爪をしっかり保護してくれるベースコートは、乾燥を予防してくれたり、爪を強化してくれたりとうれしい効果もたくさん!ネイル前にひと塗りするだけで、グッと完成度の高い仕上がりにしてくれますよ。セルフネイルがイマイチ満足に仕上がらないという方は、ぜひベースコートを塗ってみてくださいね☆時間がないときなど、つい省いてしまいがちですが、美爪を維持するためにも必須のアイテムです。

MACHA

1歳の女の子の子育て奮闘中!ネイル検定1級・ジェルネイル検定上級・衛生管理士取得し、執筆にも生かしつつセルフでネイルを楽しんでいます!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!