出典:@ saki_hair_さん

Beauty

大人のポニーテールアレンジ!髪型別のアレンジやコツを伝授

髪の毛を一つにまとめるだけで作れるポニーテール。簡単にできるので、家事や仕事のときなどにパパっと結ぶ人も多いのではないでしょうか。でも、ただ結んだだけでは野暮ったい印象になったり幼い印象になったりすることも…。そこで今回は、おしゃれに見える大人のポニーテールアレンジ術を伝授。アレンジ例やおすすめアイテムなどもご紹介します。

■おしゃれに見えるポニーテールのコツは?

ぶきっちょさんでもササっとアレンジできるポニーテール。簡単にできるからこそ、子どもっぽく見えたりダサく見えたりすることもあります。そこでまずは、おしゃれに見えるポニーテールのアレンジ方法をご紹介します。

・ワックスなどの整髪剤をつける

出典:筆者撮影

ポニーテールをおしゃれに、そして大人っぽくアレンジするためには、ルーズ感やボリューム感を出すのがポイント。このポイントを押さえるだけで、グッとあか抜けた印象のポニーテールになります。ストレートヘアの方がルーズ感、ボリューム感を出すためには、ワックスなどの整髪剤をつけてからアレンジするのがマスト!つけすぎると重たくなるので、少量手に取って髪全体に軽くなじませましょう。

・結んだ後ほぐすと抜け感を演出できる

出典:mamagirl2018春号

ポニーテールを作るときに髪全体を引っ張ってギュッと結んでしまうと、古いイメージになってしまうのでタブー。ポニーテールを作るときは結んだ後に親指と人差し指の2本を使って、ゴムの周辺をざっくりとほぐしてくださいね。トップは中から引き上げるようにするのが、上手にほぐすコツです。

・後れ毛を作って巻く!

出典:mamagirl2018夏号

今っぽくおしゃれにアレンジするためには、後れ毛が重要。後れ毛を作るときは耳付近の髪の毛を引き出し、コテでゆるく巻いたりワックスで束感を出したりしてエアリーに仕上げましょう。髪の毛を引き出しただけだとバサバサとして生活感が出てしまうので、このひと手間を必ずおこなってくださいね。

■ミディアム&ロングの大人ポニーテールアレンジ例

女性らしさとこなれ感を演出できるポニーテール。ここではミディアム、ロング、前髪あり、前髪なしの4つの髪型のポニーテールアレンジをご紹介します。

・ミディアムはふわふわハイポニーで大人かわいく

出典:mamagirl2018夏号

こちらは、ミディアムさんのひっつめハイポニー。オーソドックスなポニーテールなので、鏡なしでも簡単にアレンジできます。トップの位置に作るハイポニーは子どもっぽくなりがちですが、毛先に動きを加えてふわふわにすれば大人かわいく仕上がりますね。耳前と襟足部分に後れ毛を出すことで、ぬけ感とこなれ感がプラスできますよ。

・ロングはローポニーで大人感を演出

出典:@ saki_hair_さん

アレンジの幅が広がるロングヘア。ロングさんがポニーテールをするときは、首元に結び目を作るローポニーがおしゃれで女性らしい印象になるのでおすすめです。@ saki_hair_さんは、ローポニーを作る前にくるりんぱを2回加えて編み込み風に。くるりんぱも軽くほぐして、ふんわり感のある大人アレンジにしています。

・前髪ありはラフ感を出して大人かわいく

出典:@ yyouukaaayy02さん

前髪があると幼い印象になりがちですよね。そのため、前髪ありの方がポニーテールをするときは、後れ毛をたっぷり出して色っぽい印象をプラスするのがポイントです。@ yyouukaaayy02さんはくるりんぱを加えてポニーテールをしたら、サイドや襟足部分などに後れ毛をたっぷりと。後れ毛にウエーブをつけておくと、大人の色気をプラスしたおしゃれなポニーテールが完成します。

・前髪なしは耳前の後れ毛をコテで巻いてニュアンスを

出典:mamagirl2018春号

大人っぽい印象になる前髪なしさん。その反面、ポニーテールで全体を結んでしまうとキツイ印象に見えることもあります。そこでおすすめなのが、耳前の後れ毛をコテでSカールすること。顔周りが華やかになって、ニュアンスを加えることができます。

Recommend

Xmasプレゼントにいいね!冬の外遊びが楽しくなる【GLOBBER】アイテムを今すぐチェック♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]