出典:@ maeccho_25さん

Lifestyle

ダイソーの300円スピーカーは手軽で音質が良い!改造方法や使用例を紹介

パソコンやスマホ、タブレットなどで音楽や動画を観るときに「音量が小さいな…」と思ったことはありませんか?そんなときにまず使ってみてほしいのが、『DAISO(ダイソー)』の300円スピーカーです。300円という低価格なのにスピーカーふたつがセットになっており、音質が良く音量もアップできるお手軽商品!この記事では、300円スピーカーの魅力と、より快適に高音質に聴ける改造方法を合わせて紹介します。

ダイソーには、bluetoothで使える600円のワイヤレススピーカーもありますが、今回紹介する300円の「USBミニスピーカー」は、手軽に使えて音質が良く、とにかく「コスパが良い!」と人気です。
見たらあなたもきっと欲しくなる、300円スピーカーについて詳しく見ていきましょう。

■ダイソーの300円スピーカーがすごい!とSNSで話題に

出典:@ maeccho_25さん

昨年あたりから、ダイソーで販売されている300円スピーカーのクオリティーが良いと話題になっています。どのようなスピーカーなのか、特徴を見ていきましょう。

・USBから電源を供給するミニスピーカー

出典:@ maeccho_25さん

ダイソーのUSBミニスピーカーは、アンプを内蔵したUSBで給電するアナログスピーカーです。そのため、USBからの給電とイヤホンジャックへの差し込みが必要になります。
ノートパソコンやテレビのスピーカーとして活用できるほか、USBをモバイルバッテリーに繋げば、スマホに入れた音楽を聴くこともできますよ。
ひとつのスピーカーの大きさは幅6.3cm×高さ7.5cm×奥行5.5cmとミニサイズなので、持ち運びも簡単です。

・ダイヤル式のつまみでボリュームの調整が可能

出典:@ maeccho_25さん

片方のスピーカーの裏側にダイヤルがついており、それを回すと音量の調節ができます。パソコンや音楽プレーヤーなどの音量調節をさわらなくてもある程度のボリュームの調節は可能です。
電源スイッチがないのでUSB給電を始めたら、電源がオンになる仕様。かなりの音量が出ますが、あまり大きい音にするとノイズが気になってしまうことも。
使う際は、音源に合わせた音量にしてくださいね。

・ダイソーとは思えない音質!と話題に

出典:@ maeccho_25さん

100均の商品だと品質が良くないのでは…と思ってしまう人もいますよね。しかし、このUSBスピーカーは最大出力が3Wあるので、一般的な小型スピーカーと同じくらいのパワーがあるんです!
そのため、300円とは思えない音質だとSNSを中心に、口コミで話題になっています。一時は品薄状態だったようですが、今はダイソー各店舗で買うことができるようです☆

■低音域の音質が良くない?良くするための簡単改造方法

300円のスピーカーとして考えると、かなり音質は良いほうなのですが、低音の音質があまり良くないとの口コミもあるようです。でも大丈夫!簡単にできて低音域の音質が良くなる方法があるんです!
ここでは、低音の音質がアップする簡単改造方法をご紹介します。

・スピーカーを改造するのに準備するものは?

出典:@ maeccho_2さん

スピーカーを改造するのに必要なものはドライバーと、中に吸音材として入れるフェルトのみ。
スピーカーの外箱を止めているネジは奥まったところにある上、ネジ穴が小さいので精密ドライバーのような軸が細くて長く、小さなネジを回せるドライバーを用意しましょう。精密ドライバーもフェルトも100均でそろえることができますよ。

・スピーカーの分解&組み立て手順を紹介!

出典:@ maeccho_2さん

(1)スピーカーの外箱を止めている4本のネジをドライバーで外します。ネジはとても小さいので、無くさないように注意しましょう。
(2)ネジを外したら、スピーカーにつながっている線を切らないように用心しながらスピーカーといっしょにふたの部分を開けましょう。
(3)空洞になっている部分に二つ折りにしたフェルトを詰めて、外箱をネジで止めて元どおりにすれば完成です。もう片方も同じようにしましょう。

・あくまでも改造は個人の責任で!

出典:@ maeccho_2さん

分解したり中身をさわったりすることで、断線やほかの不具合で音が聞こえなくなる場合があります。また、改造中に怪我をしてしまう危険性も。そのことを承知した上で、あくまでも改造は自己責任で行いましょう。
インターネットやYouTubeには改造の仕方を紹介したページがたくさんあるので、自分ができそうな方法を探してみるのもいいかも☆

■音質アップ!アンプを改造してスピーカーを作ろう

もっと音質を良くしたい人は、内蔵されているアンプを交換して改造する方法もあります。

(1)ネジを外し、スピーカーのカバーを開けます。
(2)内蔵されているアンプを取り出し、ケーブルを外します。
(3)購入したアンプ、もしくは自作したアンプとケーブルをはんだづけし、カバーの中に戻します。一般的にははんだづけをするタイプが多いですが、なかには、はんだづけをしなくてもよい商品もあるので、探してみてくださいね。
(4)元どおりにカバーをネジで固定すれば完成です。

■ほかにも、こんな改造方法が☆アンプをおしゃれに演出

音質アップだけでなく、外見をもっとおしゃれにしたい人もいるでしょう。そんなときは、100均グッズを活用した簡単DIYがおすすめ♡

・木のぬくもりを感じるスピーカーにチェンジ

出典:100均スピーカーが話題!お値段以上のクオリティーに注目@gyudon_gigaさん

300円スピーカーと100均の箱を使ってスピーカーを改造すれば、音質だけでなく見た目もおしゃれに☆箱は4室に仕切られており、それぞれ部屋から音が出る仕組みになっています。

・ヴィンテージ風スピーカーも100均アイテムでできちゃう

出典:100均スピーカーが話題!お値段以上のクオリティーに注目@gyudon_gigaさん

こちらは、100均で買った箱にヴィンテージワックスを塗り、スピーカー部分を隠すようにPCファン用のグリルをつけたもの。その姿は、まるでおしゃれなインテリア!

どちらも100円ショップのアイテムを使ってできるおしゃれ改造なので、見た目にもこだわりたい人はぜひチャレンジしてみてくださいね。

■300円スピーカー、みんなの使用例とおすすめ使用例

ここでは、300円スピーカーを実際に使用している例と、おすすめの使用例を紹介します。

・テレビに繋いで本格的な音質を楽しむ

出典:@acuc_mamaさん

USB電源さえとれれば、テレビに繋いでより本格的な音質を楽しむことができます。USBから電源がとれない場合は、別売のアタッチメントをつけてACアダプターにしてコンセントから電源をとることも可能です。
USBケーブルの長さが1mしかないので、それぞれのコードの長さ配分には気をつけて☆

・PCに繋いで、音楽や映画をみんなで共有

出典:@acuc_mamaさん

@acuc_mamaさんは、PCで音楽やYouTubeなどの動画を子どもさんに見せるときにダイソーの300円スピーカーを活用しているよう☆
PCそのものの音量だと小さくて、少し離れると聴こえなくなってしまうけど、このスピーカーなら音質もきれい&音量も大きくて離れてもバッチリ聴こえるそう。
タブレットにも接続可能なので、今までPCやタブレットの音量の小ささに悩んでいた人はぜひ試してみてくださいね。

・カーオーディオとして車で音楽を楽しむ

出典:photoAC ※写真はイメージです

自家用車やレンタカーにカーオーディオがついていなくても、300円スピーカーがあれば車でも手軽に音楽を楽しめます。用意するものは、シガーソケットUSBと音楽を流せるスマホやタブレット、300円スピーカーのみ。それぞれを接続すれば簡単カーオーディオの完成です。
車が動くとそれぞれが動いてコードなどが外れやすいので、かんたん改造で専用のものを作ってみるのもいいかもしれませんね。

・キャンプやピクニックで音楽を楽しむ

出典:photoAC ※写真はイメージです

キャンプやピクニックで、音楽があればもっと最高なのに…と思ったことはありませんか?そんなときも300円スピーカーが活躍☆
こちらもUSB電源と音楽を流せる音源さえあれば、屋外でも手軽に音楽を楽しむことができますよ。子どもたちの喜ぶ音楽を流したり、ラジオを流してみたりと、いろいろな楽しみ方ができそうです。
(※水分や熱、火気に近づけないよう注意して使用しましょう。)

■どこでも手軽に音量アップできる300円スピーカーは試してみる価値アリ

出典:@ maeccho_25さん

ダイソーの300円スピーカーはUSB電源さえ確保できれば、どこでも手軽に音楽や動画などを楽しむことができる便利アイテムでした☆小さくて持ち運びも便利なので、車や屋外などでも使え、レジャーも今までよりもっと楽しくなりそう!
また、そのままでも十分の音質と音量ですが、見た目や音質にこだわりたい人は、自己責任で改造してみるのもアリ☆お持ちの音源の音量に悩んでいるなら、ぜひ一度試してみてくださいね。

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!