Facebook Twitter Instagram

出典:mamagirlより

Lifestyle

2m以上の突っ張り棒はどう使う?おすすめ商品も紹介!

収納スペースの確保に、棚の目隠しに、家中のあらゆるところで活躍してくれる突っ張り棒は、日々の暮らしを便利にしてくれる万能アイテムです。コンパクトサイズの突っ張り棒も重宝しますが、2m以上の突っ張り棒もさまざまな使い方ができるみたい。今回はそんなロングサイズの突っ張り棒のおすすめ商品や活用方法についてご紹介いたします。

■まずは突っ張り棒のメリットをおさらい

あなたのご家庭でもきっと活躍している突っ張り棒。そのメリットをおさらいしてみましょう。

・なんといっても取りつけが簡単!


突っ張り棒の魅力と言えば、なんといっても取りつけ方が簡単なこと。工具も不要なので、よほど長いものでない限りは一人でササッと取りつけることができます。

・100均などで比較的安く手に入れることも

出典:著者撮影

突っ張り棒は100均などでも数多く販売されています。値段の高いものと比較すると強度は多少劣りますが、必要以上に負荷をかけなければ問題はありません。価格を気にせず何本も用意できるのもうれしいポイントです。

・突っ張り棒は活用方法もいろいろ

出典:mamagairl2016冬号

長さや使う場所により、突っ張り棒の活用方法もさまざま。棚に設置して目隠し用のカフェカーテンを取りつけたり、ワイヤーネットと組み合わせて収納スペースを確保したり、短い突っ張り棒を縦に設置してディッシュスタンドにしてみたり…。家中のいたるところで活躍してくれます。強度のあるものなら衣類を掛けることもできるので、押し入れをクローゼットにすることだってできちゃいますよ。

・デッドスペースを活かせる

出典:洗面所収納は100均グッズですっきりと☆おしゃ見えも叶う @clover_home123さん

洗濯機と壁のちょっとした隙間や、食器棚の上のスペース、洗面台やシンクの下など、「ここにも物が置けたら便利なのに!」というスペースはありませんか?突っ張り棒を取りつければ、こうしたデッドスペースも無駄なく活用できます。長さ15cm前後の短い突っ張り棒も販売されているので、隙間収納にもぴったりなんです。

・賃貸でも取りつけできる


突っ張り棒のメリットとしてもうひとつ挙げたいのが、壁を傷つけにくいという点です。釘やネジなどで壁に穴を開けることもないので、賃貸でも気軽に取りつけることができます。設置場所を変えるのも簡単なので、配置変えや模様変えに苦労することもありませんよ。

■みんなどこで突っ張り棒を買ってるの?

突っ張り棒はどこも同じじゃないの?と思っている方もいるかもしれませんね。作りに大きく差があるものではありませんが、製品ごとに価格帯や耐荷重などが微妙に異なります。突っ張り棒の主な購入先としては、以下の5つに分けられるでしょう。

・安く買いたいなら100均で!

出典:mamagirl2018秋号

とにかく安くそろえたいという方は、100均を利用しましょう。中でも、『DAISO(ダイソー)』は突っ張り棒の種類も豊富です。ほとんどの突っ張り棒は税別100円で販売していますが、長さに応じて200円、400円といった商品も。どれも手ごろな価格で購入できるので、複数買いそろえたい方にもおすすめです。

・ニトリの突っ張り棒は実用性高し


『ニトリ』の突っ張り棒は、50cmほどのものから283cmのロングサイズまで展開しています。太くて強度のあるものや、はじめから棚のような形状になったものなど、実用性の高さで人気のようです。

・素材やカラーで選ぶならアイリスオーヤマ


白いだけの突っ張り棒じゃ物足りないとう方には、『アイリスオーヤマ』がおすすめ。木目調がオシャレなものや、浴室でも使えるステンレスタイプの突っ張り棒も販売されています。こちらでも、棚の形状になった突っ張り棒を取りそろえていますよ。

・近くのホームセンターをのぞいてみても


ホームセンターにも突っ張り棒は充実しています。お店によりプライベートブランドの製品を安く取り扱っているところもあるので、探してみるとよいでしょう。

・楽天やamazonなどのネット通販は?

出典:photoAC

『楽天』や『amazon(アマゾン)』といったネット通販を利で突っ張り棒を購入する方も多いようです。特に長さのある突っ張り棒は、家まで持ち帰るのも大変ですよね。その点、ネット通販なら苦労して運ぶ手間もありません。また、家に居ながら注文できるので、「せっかく買いにいったのに取りつける場所の長さを測っていなかった!」なんてこともありませんよ。

■2m以上の突っ張り棒ってあるの?

使う場所や用途に応じては長い突っ張り棒が必要なケースもありますよね。2m以上の突っ張り棒にはどんなものがあるのかご紹介いたします!

・2m以上の突っ張り棒~ダイソー~


【135~200cm(耐荷重約6kg)】
100円ショップダイソーでも、最長2mの突っ張り棒が販売されています。耐荷重も約6kgと、そこそこの強度があるよう。価格は税別400円、コスパのよさも魅力的ですね。

・2m以上の突っ張り棒~ニトリ~


【伸縮性 極太つっぱりポール(耐荷重約4kg 120~200cm)】
目隠し用のカーテンなどを取りつけるなら、こちらの突っ張り棒がおすすめです。ポールの継ぎ目がなめらかで、カーテンの開きがスムーズだという口コミもあります。

【強力・極太つっぱりポール(耐荷重約25kg 178~283cm)】

出典:著者撮影

衣類を掛けるなら内蔵バネがついたこちらの突っ張り棒を使用してみても。壁との設置面が広く、安定感も抜群です。取りつけ幅を最長の283cmにしても、耐荷重約12kgと充分な強度があります。

【伸縮式 ステンレス製突っ張りポール(120~200cm)】
ステンレス製の突っ張り棒は、浴室に設置してみるとよさそう。浴室乾燥で洗濯物を干す以外にも、シャワーカーテンのレールとしても活躍してくれますよ。

・2m以上の突っ張り棒~アイリスオーヤマ~


【伸縮棒強力タイプ(170~280cm 耐荷重30~8kg)】
【伸縮棒超強力タイプ(170~280cm 耐荷重45~10kg)】
【極太タイプ(170~280cm 耐荷重50~12kg)】
【ステンレス強力タイプ(170~280cm 耐荷重30~8kg)】
【浴室用ステンレス超強力タイプ(170~280cm 耐荷重45~10kg)】

アイリスオーヤマで取り扱っている2m以上の突っ張り棒は上記した5種類。強力タイプ、超強力タイプには、オシャレな木目調デザインのものも用意されています。使うシーンに応じて、耐荷重やデザインなどぴったりのものを選ぶことができそうですね。

■2mの突っ張り棒、どんな風に活用する?

2m以上の突っ張り棒は、どのように活用することができるでしょうか。

・室内干し用に設置してみて


2mもの長さがあれば、洗濯物もたくさん干すことができます。物干しスタンドと比べると場所をとることもないので、室内干し用にもおすすめですよ。

出典:photoAC

浴室に設置する際は、サビに強いステンレス製の突っ張り棒がよいのだとか。たくさんの洗濯物を干しても外れることがないよう、強度のあるものを選びましょう。

・カーテンレールとして活用してみても

出典:photoAC

2m以上、3m以上の長い突っ張り棒をカーテンレールとして活用すれば、カーテンを取りつけることもできます。ワンルームの間仕切りとしてみたり、リビングとダイニングの間に設置してみたりと、長ささえ足りれば取りつける場所も自由自在!お部屋のちょっとしたイメチェンにもなりますよ。

・押し入れに取りつければワードローブに


収納力のある押し入れですが、衣類の収納には向いていないというデメリットも。そんなときは、2m前後の突っ張り棒を取りつけてワードローブに変身させちゃいましょう。奥行きのある押し入れなら、かさばりがちなアウターもたっぷり収納できます。

出典:mamagirl2017夏号

ポールのないクローゼットに取りつけてもOK!衣類の総重量が重くなると突っ張り棒が落ちることもあるので、こちらも強度の高いものをチョイスしてみてくださいね。

■突っ張り棒をもっと活用してみて!

暮らしの中のちょっとした不便を解決してくれる突っ張り棒。シンプルなアイテムですが、その活用幅はあなどれません。これまで短い突っ張り棒しか使っていなかったという方は、ぜひ2m以上の突っ張り棒も使ってみてくださいね。

moria

卒乳したばかり、健康優良児の1歳娘を育てています。節約とプチプラで日々家計を浮かす努力中!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp