Facebook Twitter Instagram

出典:photoAC

Fashion

水着の選び方でスタイルアップが叶う!シーン別のおすすめをチェック

正しい水着の選び方を知っていますか?近年は健康志向の高まりからバカンス以外でもフィットネスなどでの水着需要も増えており、急に水着が必要になった!なんて慌てることもあるかもしれません。普段着とは違って水着の選び方は意外と知られていないもの。なんとなく選んでしまうと体にフィットしていない…なんて後悔することになりかねません。ここでは自分の体型や年齢に合った水着選びのポイントをご紹介!

■水着はどうやって選ぶ?ポイントは?

出典:mamagirl2017夏号

・メンズの水着の選び方は?


メンズの水着の場合、サイズ感を間違えると水に入ったときにずり落ちてくる可能性があるためサイズ選びや調整できるかのチェックは徹底しましょう。
トレンド的には大きめサイズをはくよりも、身長体重に合わせたジャストサイズかつ膝上丈の水着を選ぶのがベターです。
また、インナーパンツがセットになっているかなども見ておくと安心です。
派手柄を選ぶ際にはカラーリングが落ち着いたものをセレクトすると大人っぽく決まります。
無地やベーシックな柄を選ぶと、合わせるトップスを選ばずフェスやリゾートでの街歩きなどにも使いやすいですよ。

・レディースの水着の選び方は?


ー最も重要!サイズ選び
レディースの水着もサイズ選びは慎重に!普段着と同じ感覚でサイズを選ぶと失敗する可能性が高まります。水着は伸縮性が高く水を吸って生地が重くなるため、試着したときはピッタリだった水着が水に入るとブカブカに!なんてことになりかねません。ポイントはなるべく試着、もしくはしっかりとサイズ計測をしてから購入すること。長時間着ていても苦しくならないレベルで、少し小さ目を選ぶ方が無難です。
バストのサイズが合わない場合は、多少の差異であればパッドの抜き差しで対応できます。

ー体の悩みをカバーできるかどうか
水着はさまざまなタイプが販売されており、体の悩み別におすすめのデザインがあります。
「お腹やお尻周りが太ってる…」と気になる人にはビキニよりもワンピースタイプ、「痩せ型でガリガリに見えるのをカバーしたい…」と悩んでいる人にはフリルや装飾をたっぷり使ったタイプが良いでしょう。
肌をなるべく露出したくない!という人にはラッシュガードタイプなど、あらゆる悩みに合わせて選ぶべき水着が変わります。
ポイントは「見せる部分と隠す部分」のバランス。肩や背中、ウエストなど自信のある体のパーツは大胆に出してしまった方が魅力的に見えるはず!

ー着用シーンに合っているか
水着のデザインが着用シーンに合っているかも重要なポイントです。
フィットネスの場面でビキニのような露出や装飾の多い水着だと場面にそぐわないことになってしまいますよね。また、小さ目のプールなど、派手過ぎると目立ちそうなときにはセパレートのタンキニタイプなどがやや控えめ感があっておすすめです。
リゾートシーンでは思いっきりかわいい水着を着て、ちょっとやりすぎかな?と思うくらいの開放感のある水着に挑戦してみても素敵ですよ。

■水着のサイズの測り方をチェック!

出典:mamagirl2017夏号

ボディコンディションは日々変わるものです。レディース水着は新しく購入するたびにサイズを測るほうが良いでしょう。測定の際は、不要な力は入れず鏡を見て水平に測るようにすると、より正確に測れます。

―トップバスト
胸の最も膨らんでいる先端に合わせて胸囲を測ります。メジャーが床と平行になっているか確認しつつ測るのがコツです。

―アンダーバスト
胸の下の、膨らみが終わる部分にメジャーを合わせて測ります。リラックスしながら測ることが正しい測定のポイントです。

―ウエスト
ウエストは肋骨の下の辺り、胴で最も細い部分を測定します。背筋をまっすぐにして立ち、深呼吸して息を吐いた状態で測りましょう。

―ヒップ
骨盤下のヒップが最も膨らんでいる部分にメジャーを合わせて測ります。測るときにはメジャーをきつく締めないように注意しましょう。水平かつヒップの膨らみを潰さないようにするのがポイントです。

■シーン別おすすめの水着をピックアップ

ここではシーン別のおすすめアイテムをピックアップして紹介します。

・スパではワンピースタイプがベター


出典:mamagirl2018夏号

スパも店舗によりリゾートのようだったりと趣向が異なりますが、基本的にはリラクゼーションをメインとした場所のため、露出はやや控えめがベターでしょう。
ワンピースタイプなら動きやすさやカバーもしっかりとされており、なおかつファッション性の高いアイテムがたくさんあるためおすすめです。

・水中スポーツシーンにおすすめなセパレートタイプ

出典:photoAC(※画像はイメージです)

競泳などの本格的なスイミングシーンではきちんとしたスポーツ用水着を着用しましょう。スポーツ用だけあって水の抵抗を最小限に抑える加工が施してあるなど、水中での激しい動きに適した作りとなっています。
セパレートタイプは着脱がしやすく、同時にボディラインも美しく見せてくれるため初めてスポーツ用水着を購入する人におすすめです。

・ジムでは水陸両用のフィットネスタイプを

出典:@teddydaayoさん

ジムに着ていくなら、水中以外の普通の筋トレの際にも対応可能な水陸両用のフィットネスタイプがおすすめです。なるべく体型をカバーしたいなら袖や丈のあるデザインを選びましょう。通気性や速乾性など、機能面のチェックも忘れずに。
補正効果のあるものも販売されているので、トレーニングとの相乗効果でより美しいボディを目指せるかもしれません。

・バカンスでは大胆でも大丈夫!ビキニタイプ

出典:mamagirl2018夏号

ビーチやプールなどの思いっきりテンションを上げたいシーンでは大胆な肌見せでセクシーさを演出しても◎
スポーティーなビキニなら大人の女性でもがんばってる感が出過ぎないのでおすすめです。普段とは違う開放的なスタイルで、思い出になる夏にしてみてはいかがでしょうか。

■年齢別おすすめの水着をピックアップ

ここでは年代別のおすすめアイテムをピックアップして紹介します。

・20代は若さを惜しみなく活かしてガーリーに


出典:@teddydaayoさん

若さ溢れる20代女子におすすめなのは、デコルテや背中をきれいに見せるオフショル水着!こちらのようにフロントでクロスしたデザインなら胸に自信のないひとでも着やすく、ガーリーな雰囲気に仕上げてくれます。

・30代はちょっとスポーティーな辛さをプラス

出典:mamagirl2018夏号

かわいいだけじゃなく落ち着きも大切にしたい30代女子には、鮮やかなボタニカル柄が目を引くインパクトのあるビキニがおすすめ。
水着そのものは大胆なプリントでも、スポーティーな小物を合わせることで媚びない大人の水着スタイルが完成。

・40代はバランス良く隠す色気でエレガントに

出典:mamagirl2018夏号

40代女子の上品なエレガントさには、フレアキャミソールのセパレート水着が素敵です。
こちらのアイテムは、お腹周りをソフトにカバーしつつも女らしさは抜群な大人水着。
透け感のある羽織りものでコンプレックスを隠し色気も演出できるコーデに。

・50代はあえての肌見せで大人の余裕

出典:mamagirl2018夏号

50代の円熟した魅力が一番活きるのは背中見せ!画像のように細めのリボンがバックにくるタイプは素肌を美しく見せてくれます。
ボディラインが気になる人はパレオなどで品良くカバーするのもおすすめですが、リゾートなら思い切って堂々と肌を出してもかっこいいですよ。

■場所や悩みに合った水着選びで、最高の夏を

水着の選び方、シーンや年代別おすすめアイテムを紹介しました。
水辺のレジャーやフィットネスなど、水着を披露するシーンは意外にも多くあります。
何年も着古した水着よりも、トレンドに合わせてアップデートした水着の方がきっと素敵な夏になるはず!
慌てて購入してサイズやTPOに合ってない、なんてことがないように、早めに自分に似合う水着を探してみてはいかがでしょうか。

musubi

車と音楽を愛する1歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp