Baby&Kids

赤ちゃんの何気ないお世話。ちょっとした意識が未来に力を伸ばす

vol.1073【1日1成長お母さん】受け身の育児から積極的な育児へ。五感への刺激が好奇心を育む

新生児との単調な毎日。しかし関わり方次第で子どもの成長を後押しできる

子どもが生まれて数カ月は授乳におむつ替えに寝かしつけと、毎日が単純な繰り返しだけのように感じるものです。
慣れるまでは赤ちゃんのペースに合わせるだけでもお母さんには大変なもの。特に一人目の育児は追われるように過ぎていくと感じることも多いでしょう。
しかし0歳児にとっては、関わってくれるお母さん次第で豊かな感性を育んでいくことができます。大きく成長する1年、発達に合わせた関わり方を意識しましょう。

泣いても焦らなくていい。初めは赤ちゃんが求めていることが分からないもの

生まれたばかりのHちゃんが泣いています。お腹がすいたのか、おむつを替えてほしいのか、眠たいのか…なんで泣いているのかも分からないお母さんはひとつずつ確かめていきます。
お母さんにとっては単純なやり取りでも子どもにとっては大切な時間。お母さんが応えてくれることで安心と信頼を築いていく貴重な体験です。
そしてそんなやり取りの中に、意識次第で今後の子どもの未来の能力を育てていく大切な関り方があるのです。

まずは語りかけと抱擁から。赤ちゃんの五感へ積極的にはたらきかけよう

泣いている声には話しかけながら近づいてあげましょう。おむつを替える時も「いっぱい出たね。気持ちいいね」「足をあげようね」など言葉をかけながら、赤ちゃん体操を加えたりスキンシップを増やします。
授乳時間の赤ちゃんは、おっぱいやミルクそしてお母さんの匂いの中、肌のぬくもりや味を感じています。赤ちゃんと目を合わせて飲ませてあげ、時にお話するように声をかけてください。
お母さんを全身で感じる時間は五感をしっかり刺激できます。

0歳の時点で効果は見えにくくても、確実に将来の子どもの能力に差がでます

五感を意識的に刺激しながら感じる感度を高めてあげることで、物事により興味を持てる好奇心旺盛な子になります。
好奇心が今後すべての成長のスタート。好奇心によって何かに興味を持ち、わくわくしたパワフルな子へと成長します。
赤ちゃんとの生活に積極的なスキンシップやコミュニケーションを取り入れましょう。お世話に意識的にプラスするお母さんの積極性が、未来の子どもの可能性を広げます。

今日の1日1成長

授乳やおむつ替えでのスキンシップを楽しもう!子どもの可能性を伸ばす
子どもの関心力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!