出典:@ sh.atyouさん

Lifestyle

目指すはおしゃれクローゼット!5つのルールをモノにしよう

ぱっと見ただけでどこに何があるか分かりやすく、すっきりしているクローゼットって憧れますよね。おしゃれなクローゼットを目指して衣類収納を見直したいけど、なにをどうすればいいか分からない人も多いのでは?
今回は、おしゃれなクローゼットを実現する収納ルールや改善すべきNGポイント、おしゃれな人のクローゼット実例を紹介します。

■おしゃれクローゼットの収納ルールは5つ

クローゼットをおしゃれな収納場所にするポイントを紹介します。

・折りジワがつきやすいものはかける収納を!

出典:衣替えが楽になる収納術と5つのコツ!「しない収納」テクも紹介 @ himayuralicoさん

ハンガーにかけるべきもの、折り畳むべきものの衣類分別は上手にできていますか?折りジワがつきやすいブラウスやTシャツなどはハンガーにかける収納がおすすめ!
そのほかスーツや厚手のコートやジャケットも畳む収納だと型崩れしてしまううえ、かさばるのでハンガーにかけて収納しましょう。
シワになりやすいボトムスも、かける収納ならシワになりにくくキレイに維持できます。ボトムス専用のハンガーも『ニトリ』などに売っているのでぜひチェックしてみてくださいね。

・引き出しに収めるなら立ててor丸めて収納する

出典:@ sh.atyouさん

引き出しに衣類を収納するなら、断然立てるor丸める収納がおすすめ!重ねて収納してしまうと、一番上の洋服しか見えませんよね。
立てたり丸めたりする収納方法なら、引き出しを開ければ収納している衣類の全貌が一目で把握できます。
立てて収納してもすぐ倒れる場合は、ブックエンドを使って支えるのが立てる収納のコツ!ちょっとした工夫でお気に入りの洋服を探す手間がはぶけますよ。

・クローゼットの収納量は8割を目指す

出典:@ maachi.k.k_homeさん

服はたくさんあるのに、着る服が無くてついつい買い足しちゃう…なんて経験ありませんか?買い足すばかりだと、どんどん増えていく服でクローゼットは一杯になりがちですよね。
「ウォークインクローゼットみたいな大きなクローゼットならもっとたくさん収納できるのに」と思うかもしれません。しかしその多くは、クローゼットの大きさが問題ではない場合も。
クローゼットの適正量は8割が理想です。今一度、クローゼットの適正量を見直してみましょう!

・アイテム別やカラー別に分けて見た目すっきり

出典:カインズホームの収納グッズがおしゃれで使える!収納実例もご紹介 @ cainz_officialさん

クローゼットの中は2~3分割に分け、ハンガーにかけたものを並べていきましょう。
例えばボトムス・シャツ・ワンピース・コートなど画像のようにアイテム別にかけていくと、丈の長さも割とそろって見た目もすっきりしますよ。
アイテム別にかけた洋服を、さらに整理するとカラー別に収納する方法があります。
クローゼット内だけではどうしても分類できない場合は、扉にフックをかけて、頻繁に使うバッグや上着をかけてもいいですね。
ぜひ自分の使いやすいルールを設けてみてくださいね!

・クローゼットは定期的に見直しが必要

出典:@ rnh__1024さん

おしゃれな人は定期的な見直しでクローゼットを美しく保っています。整理して何年か経てば、クローゼット内の状況は変わり、不要な服も出てくるもの。
そのときの流行も左右しますし、傷み、体形や好みの変化から、改めて見直してみると長く着ていない服が発掘されたりします。
見直すタイミングで処分・リサイクルショップ・古着の寄付などを利用して思い切った断捨離を実践してみましょう。

■おしゃれクローゼットにはほど遠い!NG例

おしゃれクローゼットを目指すなら気をつけたいNG例を紹介します。

・バラバラのハンガーは見た目もスペースも損!

出典:photoAC

せっかくクローゼット収納を見直したのに、ハンガーがバラバラだと台無しになることも。
ハンガーを統一すると見た目がすっきりするだけでなく、ハンガーの薄さや大きさが同じなので上下の高さもそろい、余計なスペースが発生しにくいというメリットがあります。
通販でも豊富な種類のハンガーが販売されているので、お気に入りのハンガーで統一してみるといいですね!

・ミルフィーユ収納は乱れやすく使いにくい

出典:photoAC

前述で少しふれましたが引き出しに衣類を収める場合は、重ねて収納する「ミルフィーユ収納」だと一番上の服しか見えません。
重ねていると探している服が何番目あたりにあるかめくって探すことになりますよね。
探したり下から服を取り出したりしていると、せっかくキレイに畳んでいるほかの服も崩れてしまう可能性も…!
せっかくなら使いやすい収納を目指しましょう。

・いつか着るかもしれない…が片づかない原因

いざ手放すとなると躊躇してしまう服ってありますよね。思い出がたくさん詰まった服、高かった服、再流行したら、体型が戻ったら…などなど理由はさまざまでしょう。
でも着ないのにとっておくと、どんどん古臭くなっていくばかりでなく無駄な収納スペースをとっていることに…。
おしゃれなクローゼットにするなら、思い切って「手放す」ことから始めましょう!

■おしゃれな人から学ぶ!クローゼット実例

おしゃれな人のクローゼットを除いてみましょう!

・ラベルもケースもモノトーンで統一


出典:@ sh.atyouさん

全体的にモノトーンで統一された@sh.atyouさんのクローゼットです。こちらのクローゼットはメンズものを収めているそう。
モダンな雰囲気から思わず海外を思い浮かべてしまうおしゃれさですね。衣類収納ケースやファイルボックスに貼ってあるラベルは、オリジナルで作られたもの。
ラベルをすることで統一感も出て、どこに何が収めてあるのか分かりやすいですね☆

・クローゼットの適正量を厳守

出典:@ sh.atyouさん

@sachi_homeさんのクローゼットは、なんと家族4人分のオールシーズンの衣類が収納されているそう。
こんなにすっきりした見た目なのに、シーズンオフの衣類も収めてあるなんて驚きです。
クローゼットの適正量がしっかり守られていると、こんなにおしゃれになるんですね!

・立てる収納で子どもでも出し入れ可能に

出典:衣替えが楽になる収納術と5つのコツ!「しない収納」テクも紹介 @ sachi_homeさん

@maachi.k.k_homeさんは、子どもが自分で出したり収めたりできる収納を心がけているそう。
立てて収納するだけでなく、細かくアイテムを分別されているので子どもでも分かりやすい収納技ですね!

■収納ルールをマスターしてすっきりおしゃれなクローゼットを目指そう!

一見難しそうなおしゃれなクローゼットづくり。5つの収納ルールを守るだけで誰でも簡単におしゃれなクローゼットが実現できます。
クローゼット収納の見直しにぜひ参考にしてみてくださいね。

shimomu

わんぱく男児の子育てに奮闘中。動物大好きで、旅行先では必ず動物がいるスポットへ☆最近、家族で酵素風呂にはまってます。
【Instagram】shiidamu
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!