出典:@__29stagram__さん

Lifestyle

マットレスにカビが!そんなときは、この方法で除去しよう

じめっとした梅雨の季節。洗濯物が乾かないのとともに、カビの発生が気になっていませんか?お風呂場やキッチンといった水回りだけでなく、マットレスも実はカビにとって快適な環境なんです。今回はマットレスにカビが発生する原因から、除去する方法、予防対策まで大調査!
マットレスにカビが発生してしまった人も、発生させたくない人も必見です。

まずは、なぜマットレスにカビが生えてしまうのか、原因を見ていきましょう!

■マットレスにカビ!なんで生えるの?影響は?

出典:photoAC

マットレスに黒ずみがなくても、なんだかマットレスがカビ臭いと感じていれば、要注意。これはもう、カビが発生している状態なんです。そのまま放置しておけば、ふと気づいたときには、マットレスに黒ずんだカビが…!
ではなぜマットレスにカビが生えてしまうのでしょうか。

・カビが生える原因は、マットレスが快適だから

出典:photoAC

マットレスは、カビにとってとても居心地がいい環境が整っているんです。カビが繁殖しやすい条件は、次の通り。
湿度:65%以上
温度:20~25℃
えさ:ほこりや皮脂といったゴミ
寝汗でマットレスにはカビにとってちょうどの湿度が保たれ、体温で適温に。そして髪の毛や皮脂といったゴミが毎日出る。カビにとってうれしい3拍子がそろっているんです。

もともとカビが生えやすい環境が整っているマットレスですが、置き方によってよりカビの発生率を高めてしまうことがあります。それはマットレスを床板に直置きする方法です。

ベッドを低くして圧迫感をなくしたい人や子どもの転落予防のために、ベッドフレームを購入せず、マットレスを床置きする人もいるでしょう。しかし、マットレスを床に直置きすると、床とマットレスの間の通気性が悪くなるため、カビが生えやすくなってしまいます。
どうしても床に置きたいという場合は、フローリングより通気性のいい畳の部屋に置いたり、すのこを下に敷いて風通しをよくしたりするといいでしょう。

・カビにより健康被害が起こることも

カビがマットレスに黒い染みを作るだけなら、シーツをかけてしまえば問題解決かもしれません。でも実際にはカビを吸い込むことで、肺の病気やアトピーになってしまうこともあるんです。なかには肺アスペルギルス症という重い病気になってしまうことも。そのため、もしマットレスにカビを発見したら、すぐに対処しましょう。

マットレスのカビ対策は早めにすることが肝心!ここからは、マットレスのカビをお家で簡単に取ることができる方法を5つ紹介していきましょう。

■マットレスのカビの取り方1 除菌するなら消毒用エタノールスプレー

出典:photoAC

ドラッグストアでも手に入るおすすめのカビ除去アイテムは、消毒用エタノールです。マットレスのカビにエタノールをスプレーしたら、約1時間放置。ぬるま湯で湿らせた布でつまむようにして、カビを取り除いていきましょう。
ただし、エタノールで除菌はできますが漂白はできないため、黒ずみは残ったままになってしまうのでご注意を。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]