Facebook Twitter Instagram

出典:@uemura_aさん

Fashion

着やせ効果大のGU1990円Iラインワンピ、着回し5コーデを紹介★

毎シーズン、トレンド感抜群な上に驚きの低価格でファッショニスタの話題をかっさらう『GU(ジーユー)』!今期のマストバイは「Iラインワンピース」です。1,990円で着回し抜群&旬な着こなしができるとあれば、何が何でも欲しくなっちゃいますよね。
今回はそんなIラインワンピースのインスタおしゃれコーデをピックアップしてご紹介!

■GUのIラインワンピースはなぜこんなに人気なの?

出典:@ _sayaka46さん

GUのIラインワンピースはなぜこんなにもおしゃれさんの心を掴んでいるのでしょうか?
その秘密は、シンプルに見えて計算された絶妙なシルエットにあり!ノースリーブで夏らしく涼しげなのに、ちょっとだけ立ち上がった袖回りのデザインで、後ろから見たときに二の腕が目立たないようにできているんです。
さらに、裾に向かって広がりを抑えたIラインシルエットなので、縦長なイメージを強調。身幅はゆとりを持たせているのでボディラインを拾いません。さりげなく体型カバーしてくれて、細見え効果もあるなんてうれしいですよね♡
さらにサイドに入ったスリットがトレンド感たっぷりで、これ一枚で鮮度の高いファッションが手に入ります。

■1番人気はトレンドカラーのブラウンベージュ!

次はインスタで見つけたIラインワンピ―スのコーデをカラバリ別に紹介!
カラー展開はベージュ、ホワイト、ブラック、ブルーの4色!中でも特に人気の3色のコーデを見ていきましょう。

・プレーンなデザインだから、小物合わせが違うだけでも印象が変わる

出典:@ miyopuさん

今期トレンドカラーのブラウンベージュは人気No.1となっています。
こちらの画像のようにボディバッグ、PVCクリアバッグ、ロゴトートなどトレンドアイテム同士の組み合わせで、ばっちり最新コーデに。

・リブワイドパンツできれいめに、ボディバッグでカジュアルに!

出典:@ybtn_1024さん

こちらの左側のコーデはトレンドのリブワイドパンツをボトムスにレイヤードして、きれいめに。Iラインワンピ―スは一枚で着ても、何かと重ねてもサマになる応用力の高さが素晴らしいですね。
おしゃれさんの間で密かにブームとなっている、『MARNI(マルニ)』のカラフルなバッグでコーデに色を添えて。
右側のコーデではうって変わってカジュアルな印象。キャップとボディバッグで動きやすさも◎です。

・プリーツスカートとの組み合わせでフェミニンなイメージにも!

出典:@ chieaya1916さん

フェミニンに着こなすなら、こちらのようにホワイトのプリーツスカートをインすると女性らしく決まります。
厚みのある生地やふんわりしすぎたスカートを入れるとシルエットが崩れてしまうので、柔らかい落ち感のあるスカートをセレクトしましょう。

■夏ムード100%のホワイトは透け感なしで安心

次は爽やかなホワイトのコーデを見ていきましょう。

・ワントーンコーデ+小物テクでトレンド感アップ!

出典:@uemura_aさん

夏らしさ抜群のホワイトはかわいいけど透けちゃいそうで心配…という人もいるかもしれません。
GUのIラインワンピースは、軽い着心地なのにしっかり厚みがあるのでインナーが透けることなし!一枚でも安心して着られます。
また、こちらのようにホワイトをベースにしたワントーンスタイルはコーデが今年っぽくなるポイント。全体がのっぺりしてしまわないよう、サングラスやバッグでアクセントをプラスして。

■モードにもスポーティにもブラックは着回し力◎

定番カラーのブラックは着回し力で支持率高し!。

・ナイキのエアリフトをはいて夏のアクティブコーデ!

出典:@_sayaka46_さん

ブラックはモードなイメージでかっこよく着こなしたい人におすすめ。シンプルデザインが最も映えるカラーです。
こちらのように『NIKE(ナイキ)』エアリフトと合わせてスポーティにまとめても素敵ですね。
きれいめにもカジュアルにも振りやすく、ブライトカラーなどの色味を小物でプラスしても遊べそう。

■GUのIラインワンピ―スでおしゃれに細見えを狙おう

着回し力、細見え、トレンド感、1,990円のプチプラ!という全ての希望をぎゅっと詰め込んだような優秀アイテム、GUのIラインワンピ―ス。
おしゃれさんたちの着こなしを見ていると、俄然欲しくなってきちゃいますよね。この夏はIラインワンピ―スでコスパ最高のファッションに挑戦してみてはいかがでしょうか。

musubi

車と音楽を愛する1歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp