出典:photoAC

Lifestyle

テレビの選び方を調査!購入前に特徴を知って賢く選ぼう

いまや生活の中にあって当たり前になっているテレビ。家電量販店のテレビ売り場にはいろいろな種類のテレビが並んでいます。 でも、種類やサイズ、性能などさまざまな種類のテレビがいろいろなメーカーから販売されているので「たくさん種類があって何を基準にして選べばいいかわからない!」という人もいるかもしれませんね。そこで今回は、テレビの選び方にクローズアップ。

一人暮らしの人もファミリーで使う人も、テレビの特徴を知って自分にあったテレビ選びをしてみてくださいね。

■種類の選び方をチェック!

出典:photoAC

最近は薄型テレビが主流となっています。種類は2種類で、一番なじみの深い「液晶テレビ」、最近よく耳にする「有機EL」があります。それぞれの特徴を確認していきましょう。

・価格と性能のバランスがよい!主流の液晶テレビ

出典:photoAC

液晶テレビはなんといってもサイズ展開が豊富!ポータブル型のコンパクトのものから超大型100V型までそろっているのでさまざまなニーズに対応しています。
技術も進み、液晶パネルが低価格になったことで価格もリーズナブル。消費電力量が少ないというところも液晶テレビのポイントです。
デメリットは黒浮きが起こること、速い動きの映像で残像が残りぼやけることなどがあげられます。しかし、近年では技術が発展して、より美しい黒でボケを少なく、デメリットもカバーされているようです。

・大画面でより美しい画質を求めるなら有機EL

出典:photoAC

有機ELは、今注目されているテレビ。液晶テレビのようなバックライトがないのでより薄型で軽量化されています。鮮やかな色合いで高画質が最大の特徴で、液晶に比べて黒が美しく、奥行きがリアルに表現されています。
また映像ボケも少ないのでスポーツ観戦やゲーム、映画などを楽しむのにおすすめです。
有機ELは液晶に比べてまだ価格も高く、機種も少ないのがデメリット。
2018年後半になってから価格が下がっており、徐々にお求めやすい価格に近づいているようです。

■サイズの選び方は「視聴距離」が重要!

テレビ選びをするときにサイズ選びは重要です。快適にテレビを視聴できるようにそれぞれのポイントを確認してみましょう。

・視聴距離とは?

出典:photoAC

テレビを快適に視聴するためにテレビ画面がよりきれいな映像で楽しめる距離のこと。また、テレビの画面がちらつくことなく大迫力で見ることのできる距離のことをいいます。距離は画面の高さから算出されるようです。
4Kテレビとフルハイビジョンテレビでそれぞれ視聴距離が異なります。あくまでも視聴距離は目安ですので、目が疲れるなど何か症状がでた場合は、少し距離をとってからみてくださいね。

・4Kの場合は画面の高さ×1.5倍

出典:photoAC

4Kテレビは2Kテレビよりもより高精細なので近づいても画像の粗さは目立ちません。
例えば、46V型だと画面の高さがおよそ57cmで適正視聴距離は0.85m、60V型だと画面の高さがおよそ75cmで適正視聴距離は1.10mになります。
大画面のテレビを部屋に置きたいけど部屋が狭くておけない!と思っていた方は4Kテレビだったら2Kに比べて視聴距離がとれなくても大画面のテレビを置くことができるかも☆

・フルハイビジョンは画面の高さ×3倍


フルハイビジョンテレビは4Kに比べると画素数が少ないため、4Kテレビより視聴距離をとったほうがいいようです。画素数が少なくなると映像が粗くみえるので、4Kの倍は視聴距離をとり、46V型だと約1.7mで60V型だと2.2mが適正な視聴距離となります。

Recommend

Xmasプレゼントにいいね!冬の外遊びが楽しくなる【GLOBBER】アイテムを今すぐチェック♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]