出典: photoAC

Lifestyle

クエン酸洗濯がすごい!手順と意外な活用法もご紹介

クエン酸で洗濯をしたことがありますか?重曹とならび、環境にやさしい成分で注目されているクエン酸。実は、洗濯物の汚れや臭い悩みを解消してくれるお役立ちアイテムなのです。クエン酸で洗濯すると、洗剤では落ちなかった汚れや臭いも落ちるうえに、柔軟剤として使用すればふんわりと仕上げることまで叶います。

今回は、クエン酸のメリットとデメリット、洗濯の方法、活用アイデアをまとめました。

■クエン酸を使った洗濯のメリットとデメリット

洗濯する前に、メリットとデメリットを押さえておきましょう!

・クエン酸洗濯のメリットはなに?

出典: photoAC

クエン酸は、柑橘系に含まれる自然由来の酸性成分です。化学薬品で作った洗剤よりも安心して使えて、環境にも優しいところがメリットといえます。また、一般的な洗濯洗剤はアルカリ性なので、酸性の汚れが残ることも。
そんなときにクエン酸なら、塩素や酸素系の漂白剤を使うよりも衣類に負担なく、汚れや臭いを落とすことができます。

・クエン酸洗濯のデメリットはなに?


クエン酸洗濯のデメリットは、普段の洗濯に比べて手間がかかるところです。洗濯洗剤とクエン酸を同時に使うと、アルカリ性と酸性が合わさって中和されてしまいます。中和するとどちらの洗浄効果も失われるので、それぞれで2回に分けて洗濯するという手間がかかります。
手間がかかる以外には、臭いもほとんど無臭なので特にデメリットは見あたりません。

■クエン酸の使い方は?汚れ落としや柔軟剤の代わりに

使い方は2通りあります。汚れや臭いを落とす方法と、柔軟剤として使う方法を紹介していきます!

・汚れを落とすときはどうするの?

出典:筆者撮影

洗濯機を使う場合には、2度洗いがおすすめ。まずはクエン酸だけで洗いから脱水まで行います。次に洗濯洗剤と柔軟剤を使っていつも通り洗濯すれば完了です。洗濯機を2回すので、クエン酸洗濯のときはスピードコースでも十分ですよ。

出典:photoAC

手洗いの場合は、洗面器などに水をはりクエン酸を溶かします。そこへ洗濯物を入れて手洗いしてすすいでください。汚れが落ちきらない場合は、洗濯機の方法と同様で普段の洗剤を使って2度洗いします。

・柔軟剤の代わりにも使える◎

出典:photoAC

柔軟剤としてクエン酸を使う方法は、洗剤を使って普段通り洗濯機を回します。すすぎの段階で一度停止して、30mlの水に対して1gのクエン酸を入れます。すすぎを再開して普段通りに脱水が終わってから干せば完了。
洗濯物がふわふわに仕上がりますよ。手洗いの場合も同様で、洗剤で手洗いしてすすぐ段階で洗面器の水にクエン酸を溶かして洗濯物を浸します。しっかりとすすぎ終えたら水分を切って干すと良いですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]