出典:photoAC ※画像はイメージです

Lifestyle

ハワイで人気のアクティビティは?子連れで思いっきり楽しもう!

日本に比べ気候が良く、アクティビティの種類も豊富なハワイ。観光旅行地としても大人気の場所で、海外旅行の行き先として選ぶ人も多くいます。
今回は、ハワイでできる人気のアクティビティをご紹介!ハワイには、大人はもちろん、子どもといっしょでも思う存分楽しめるアクティビティが豊富にあるので、家族で楽しみたいと考えるママ・パパも必見です。

ハワイには、日本で体験できないようなアクティビティがたくさん!子連れでも気がねなく楽しむことができます。

■【最新版】ハワイで人気のアクティビティ3選

出典:@ aaa.lt.cさん

まずは、ハワイで人気の高いアクティビティからご紹介します。ハワイの土地や気候を生かしたアクティビティで、思いっきり遊びましょう!

・ライセンスが無くても大丈夫!「シュノーケリング」

出典:photoAC ※画像はイメージです

ハワイと言えば、まず思い浮かべるのがきれいな青い海ではないでしょうか。日本では海水浴なんてめったにしないという人も、思わず海に入りたくなってしまうような美しさは、ハワイならではと言えます。
ハワイの海の魅力を体感するのにぴったりなのが、シュノーケリング。ダイビングはライセンスがなければ申し込みできないものも多くありますが、シュノーケリングの場合はライセンス不要。誰でも気軽にトライすることができます。
陸から眺めるのとはまた違った海の魅力を感じることができるので、ハワイでも人気の高いアクティビティです。

・ハワイの絶景スポットへ行く手段としても人気の「ハイキング」


日本でいう“ハイキング”は、軽い運動のようなイメージ。しかしハワイでは、ハイキングもアクティビティの一種として認められています。
ハイキングは、“ダイヤモンドヘッド”や“マノアの滝”などハワイならではの絶景を眺めるのに最適な手段。ハワイの風を感じながら、そこでしか見られない景色を見るためにハイキングというアクティビティを選ぶ人も少なくありません。

・海と空の魅力をいいとこどりできる「パラセーリング」

出典:photoAC ※写真はイメージです

ハワイで人気のあるアクティビティのひとつに、“スカイダイビング”があります。しかし、“バンジージャンプ”とはくらべものにならないほどの高さから飛び降りないといけないため、かなりの勇気が必要に。
一方パラセーリングは、ロープにつながれているという安心感があるため、比較的トライしやすいアクティビティです。ロープの長さを、15・25・50mから選べるので、自分の勇気に合わせて高さを調整することができます。
空にいる楽しさと、海の近くにいる楽しさを同時に満喫できるので、いいとこどりしたい人におすすめ!ハワイの魅力を全身で感じることのできるアクティビティです。

■子供連れにぴったり!ハワイでおすすめのアクティビティ

出典:photoAC ※画像はイメージです

次は、子どもといっしょでも楽しめるアクティビティをご紹介します。子どもはもちろん、大人もいっしょに楽しめるアクティビティで家族の思い出を増やしましょう。

・赤ちゃん・幼児連れでも楽しめるアクティビティ

出典:photoAC ※画像はイメージです

赤ちゃんや幼児を連れてのハワイ旅行は、子ども自身ができることに限りがあるので、なかなかアクティビティの申し込みは難しいと思っていませんか?
ハワイには、赤ちゃん・幼児連れでも楽しめるアクティビティがあるので、家族全員で有意義な時間を過ごすことができます。
おすすめは、「Moanalua Gardens(モアナルア・ガーデン)」でのピクニック。モアナルア・ガーデンには、“この木なんの木”の歌で有名な、「モンキーポッド」があります。
日本語アシスタントやボールなどの遊び道具、ミネラルウォーターなどがセットになったピクニックツアーも開催されているので、ぜひ赤ちゃんといっしょに参加してみてください。

・小学生以上向けのアクティビティもたくさん

出典:photoAC ※画像はイメージです

子どもが小学生にもなると、ある程度いろいろなことに1人で挑戦できるようになります。小学生以上の子どもたちにおすすめのアクティビティは、“シーウォーカー”など海のアクティビティ・“四輪バギー”・“セグウェイ”・“ドルフィンスイム”など。

出典:photoAC ※画像はイメージです

どれも日本ではなかなか体験できないものですが、中でもドルフィンスイムはめったにないイルカとのふれ合いタイムを楽しめるアクティビティです。子どもたちに貴重な経験をさせたいと考える人は、ぜひいっしょにハワイでできるアクティビティを楽しんでみてください。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE