出典:@cozue_nさん

Lifestyle

ドライヤーで美髪を作る☆人気商品や選び方のポイントも紹介

家電量販店や美容室などさまざまな場所で販売されているドライヤー。 スタイリングや髪を乾かす最低限の機能がついた安価なものから、さまざまなヘアケア機能を備えた、数万円する高価なものまで日々進化しています。しかし実際、購入となると商品数などが多く、どれが自分に合っているのか選ぶのが難しいですよね。

今回はドライヤーの重要性や選び方のポイントなど詳しく紹介していきます。

■髪に負担をかけないことが重要!ドライヤーで髪を乾かす必要性は?

なぜドライヤーが必要なのか?その理由を解説していきます。

・キューティクルが開いたままになってしまう

髪の毛を構成する組織である「キューティクル」。キューティクルは内部の組織を保護するシートのようなもので、体でイメージすると皮膚のような役割をはたしています。
濡れたまま放置するとキューティクルが剥がれ、内部にある大事な成分もいっしょに剥がれやすくなり髪の毛を傷める原因となってしまいます。

・雑菌が繁殖しやすくなる

雑菌は水気をとても好むもの、髪を濡れたまま長い時間放置していると繁殖を促し増殖する可能性が高くなります。
さらに、雑菌の繁殖は頭皮に及ぶ場合もあり痒みや臭い・抜け毛の原因となることも!

・寝ぐせがつきやすくなる

出典:photoAC

一般的に髪の癖は乾くときにつくと言われています。そのため、乾く前に寝てしまうと寝ぐせがついてしまい、次の日の朝「困った…。」なんてことも!

・次の日のスタイリングが楽なる

ドライヤーで乾かすことにより、翌日のスタイリングが楽になるという声も多くあります。
ドライヤーをして寝ることで、髪のボリュームをしっかりおさえ、しっとりなめらかなまとまりやすい髪になるようです。

■ドライヤーの選び方のポイントや注意点は?

髪質やライフスタイルに合わせたドライヤーを選ぶことはとても重要です。

・最大風量をチェック!風量で選ぶ

出典:photoAC

ドライヤーは風量が大きいほど熱風を当てる時間が短くなるため、髪や頭皮への負担が少なくなります。
ドライヤーの風量は1分間に何㎡の風が吹きだすかという単位である「㎡/分」で表され、一般的なドライヤーは1.3㎡/分前後と言われているようです。
最近では2.0㎡/分などの強力なものも販売されており、数字が大きくなるほど強い風量のドライヤーということになります。
髪の量が多い方や長い方などは風量を重視されるという声も多くあるようです。

・毎日の負担にならない?サイズや重さで選ぶ

出典:photoAC

ドライヤーは毎日使うもの、サイズが大きすぎたり重すぎたりすると、使っているうちに少しストレスに感じてしまうことも!
さらに、サイズが大きすぎると収納場所に困るということも起きてしまうかもしれません。あらかじめ購入前にサイズや重さを確認して自分が毎日使えるかどうかを確認しておくことが重要です。

・さまざまなケアができる!機能で選ぶ

ドライヤーには頭皮や髪をケアできる機能がついているものもあり、自分の髪悩みなどに合わせて購入することもできます。
マイナスイオンやナノイオンが発生するものは髪にダメージがある方におすすめのドライヤー。使っているうちに潤いや、つやが出たと口コミなどでも人気となっています。
また、髪の毛だけでなく頭皮ケア機能も併せもつ製品は、男性にも人気が出はじめ最近のトレンドとなっているようです。

・ライフスタイルに合わせて!デザインや価格で選ぶ

基本的な機能だけついた安いものから、多機能な高いドライヤーまでドライヤーの価格はさまざまです。基本的なものはデザインもシンプルなものが多く比較的軽量なモデルが多くあります。
多機能なものやプロ仕様の高性能なものは高額で、その分重量も大きくなる傾向も!
最近では、高機能でありながらスタイリッシュで軽量なモデルも発売されているので、自分のライフスタイルに合わせて購入することをおすすめします。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]